おまとめローンとは、複数の金融機関からお金を借りている場合に活用できるローンです。

複数社からお金を借り入れてしまっている場合、毎月借りている金融機関の数だけ返済しなければならないので手間がかかりますし、返済に追われるストレスも大きいですよね。

そんな時に一つの金融機関から、おまとめローンとしてお金を借りて、現在借り入れしている複数社に一気に返済する事で、最終的にはおまとめローンとしてお金を借りた金融機関一社だけに返済していけば良いので、毎月の返済回数は一度になるので手間とストレスが軽減されます。

低金利のところでおまとめローンを組めば複数社から借り入れしていた時と比べ返済総額を減らす事も可能ですのでメリットだらけのローンとなっているのです。

おまとめローン先として最もポピュラーなのが銀行のカードローンです。銀行のカードローンは消費者金融や信販会社よりも低金利でお金を借りる事が出来ますし、銀行は総量規制対象外になるので、年収の3分の1を超えた額でも借り入れする事が出来るので、おまとめローンとして最適なのです。

といってもおまとめローンを組む事自体は借り手に有利な事なので、消費者金融等の賃金業者でおまとめローンを組む場合でも総量規制対象外になります。ただし消費者金融の場合はおめとめローン専用の商品になりますので、おまとめ以外の事に利用する事が出来ません。

銀行はおまとめローンとして融資を受けつつも色々な事に使えるカードローンとしても利用出来るので利便性やおトク度は銀行の方が勝っているのです。

おまとめローンの上手な選び方

上記の記事でもご紹介しましたが、複数の金融機関から借り入れをしている場合、支払日や金利がまちまちで一体自分いくら借りているのかが分かりにくいため、返済計画が立て辛いというデメリットが存在します。そのような場合、複数のローンを一つにまとめてしまうことで全体の金利を下げて返済総額を少なくすることができます。

一つにまとめることで今までの煩わしい返済管理から解放されることにもなる上、返済総額が明確になるので借金の完済への目標がはっきりするというメリットが生まれます。

おまとめローンで一番重要で一番注意しなければならないのは金利です。すべての借金を一つにまとめるということは借入総額も高額となりますので、少しでも金利の低いところを選ぶ必要があります。審査が速いとか必要書類が少なく手続きが簡単などということを基準にして選んでしまうと、金利が高いものを選んでしまう可能性が高くなります。

せっかくおまとめローンでこれまでのローンを一本化しても、金利が以前よりも高くなってしまうと何の意味もありません。このようなことにならないためにも、おまとめローンを組む金融機関はじっくりと比較検討して選ぶ必要があるのです。

融資限度額は低い方が金利も低い傾向にありますので、必要以上に融資限度額が高いものを選ばないように注意することも大切です。また、おまとめローンにより月々の返済額が減ったからといって、新たな借り入れをしないようにすることも重要です。

おまとめローンの申し込み条件

おまとめローンを利用する場合は、それに伴う大きな申込み条件が「年齢」と「収入」となります。
つまり、おまとめローンは年齢条件と収入の条件をクリアしていれば、どなたでも申込む事ができる可能性があるという事です。

おまとめローンは学生の方でも主婦の方でも申込みは行えますし、アルバイトや会社員に関係なく申込み利用する事が出来ます。

ただし、消費者金融のおまとめローンの場合は、おまとめ目的に利用する融資商品となるため、借り換え対象となる借入が無ければ利用できません。

なので、消費者金融や銀行からの無担保借り入れの利用がないと、おまとめローンは利用できません。
おまとめローンを申し込むにあたり、基本は年齢と収入条件をクリアすればOKで申込みが出来ますが、それに伴う借り入れが無いと申し込んでも融資されませんので、おまとめローンを利用する際にはその融資の対象となる状況であるかもきちんと考えて申込みを行ってください。

ちなみにおまとめ専用のローンは総量規制対象外なので、すでに年収の3分の1以上の借り入れを行っている方でも申し込みをする事が出来るので安心して下さい。

基本的には20歳を超えていて、定期手に安定した収入があること、過去に立て続けに返済の滞納を行っていないこと、債務整理等の自己破産を行っていなければ基本的には利用する事が可能ですので、対象の方は是非申し込みをしてみましょう。

申し込みは最初は銀行のおまとめローンへの申し込みをオススメしていますが、銀行は審査が厳しい為、銀行でおまとめローンが組めなかった場合は消費者金融のおまとめローンを利用するという手もありますので安心して下さい。

本当におまとめローンは利用できる?

借りては返すの自転車操業、多重債務。

こうしたケースの場合、多くが総量規制の範囲いっぱいに借入をしているか、規制の範囲以上に借入しているので、貸金業者からの借入は難しくなります。

ただ、貸金業者にもそうした方に向けた総量規制の例外融資商品もあるので、借金が多く返済が大変という場合は貸金業者による借換え専用ローンやおまとめローンは利用できます。

個人に有利となる融資(おまとめローン等)は、そもそも総量規制の例外になる融資なので、こうした複数の借金を抱え困っているという場合は、貸金業者によるおまとめローン等を検討する事も出来ます。

ただし、貸金業者のローンは、金利が総量規制対象外のローンより高めの傾向なので、複数の借金に伴う毎月の返済負担を軽減するためのローン利用の場合は、総量規制対象外の貸金業者ではない融資機関のローンを利用する方が賢い選択になると思います。
総量規制対象外のカードローンは、非常に限度額も大きく使い道も自由です。

又、最大限度額も非常に大きく金利も低め。

そのため、たくさんの借金をひとつにまとめ毎月の返済負担を軽減するための利用には最適です。

しかも、総量規制対象外のカードローンとなると銀行もしくは信用金庫等は、信頼性の高い融資機関となるため利用に際しても非常に安心です。
総量規制で借入出来ないという場合は、このように総量規制対象外でのローンを利用する事ができ、その方がむしろ有利にローンを利用出来るので、仮に複数の借金をまとめる用途の場合でも無理に貸金業者に絞らず、総量規制対象外の融資機関のローンの利用がおススメです。

総量規制対象外のローン中には、タイプの異なるカードローンを取り扱う融資機関もあり、こうした機関を利用するとおまとめ目的にカードローンを利用するにも非常に便利です。

中には、最大限度額1000万円クラスのローンもありますが、総量規制対象外のカードローンとは、各融資機関によって条件等は異なるものの、いずれも貸金業者のカードローンを利用するよりも条件は比較的よいものとなります。