即日融資とは?

もし、あなたが急ぎでお金が必要になったとしたどうしますか?よくある対応策としては、貯金を下ろしたり友達や家族から借りたりすると思います。

理想としては、自分の貯金から下ろす方法が良いのですが、友達や家族から借りると言う事は、場合によって迷惑を掛ける事にもなりますし、状況によっては借りる事が出来ない場合もあるでしょう。

私は、これまで友人同士のお金の貸し借りを見たり聞いてきましたが、中には、きちんと自分から返す人も居ればこちらが催促しないと返さない人、音信不通になる人など、様々な人が居ました。

もし、自分の貸したお金を返して貰えないと違う友人や家族に対して催促のお願いをしたり愚痴をこぼしたりする人も居ますが、今の世の中、お金を返して貰えないのは、貸した方にも悪いと思われる事もあるため、いくら仲が良い友人や家族と言えどもお金の貸し借りは行わないのが良いでしょう。

金の切れ目は縁の切れ目と言うようにお金が原因で友情関係や親密な関係が崩れる事は良くある事です。

そこで、おすすめしたいのが、即日融資可能な金融機関です。

即日融資とは、融資の申込を行ったその日の内に融資を受けられる事の事で、即日融資が可能な体表的な金融機関と言えば、消費者金融信販会社が挙げられます。

即日融資可能な金融機関を使う事で、急な出費や緊急的にお金が必要な時でも申し込みをしてからスピーディーにお金を借りる事ができますから、様々な場面に活躍させる事ができます。

金融機関から融資を受けるという事は、あなたと金融機関だけのお金のやり取りとなるので、健全な金融機関でしっかりと返済を行えば他人に迷惑を掛ける事は一切ありません。

消費者金融や信販会社と言うのは、テレビや新聞広告、雑誌でもよく掲載されているので、利用したことが無い人でも大手であれば知っている人や聞いたことがある人は多いと思います。

消費者金融や信販会社は、私達の身近に存在するものですが、世間の評判ははっきり言って良くありません。その理由は、契約する事で騙されるとか悪質な取り立てがあるなどの先入観があるのです。

そういった金融機関は、闇金融と言われていますが、テレビや新聞広告に掲載されている大手金融機関であれば問題ありませんので、安心して利用しましょう。

即日融資の申し込み方法

即日融資の金融機関に申込みをするには、店頭の窓口はもちろん無人契約機でも対応可能ですし、今ではパソコンやスマートフォン、携帯電話などを通じて、ウェブ上で申込みをすることが可能です。

インターネットでの申込みはご自宅にいながら申込みができますので、特に人の目を気にすることなく申込みができますし、24時間365日、申込みができますので、お金を借りたい際に即日融資のお願いをすれば、すぐに対応してくれるはずです。

ただし、インターネットで申し込みを完結させる場合は、ご自身の指定口座に振り込んでもらう融資のスタイルになりますので、銀行の営業時間内に契約の処理が完了していなければなりません。

大体の金融機関は振込による即日融資を行うには平日の平均14時前後までに契約を完了させておかなければならないので、インターネットで申し込みをする前に即日融資が可能な時間帯なのかを確認してみましょう。

もし振込による即日融資が不可能な時間帯の場合は、自動契約機コーナーのある金融機関を利用すると良いでしょう。自動契約機コーナーなら営業時間中であればATMから直接融資を受ける際に必要なカードを直接受け取る事ができるので、即日振込融資時間外の場合は自動契約機コーナーを使って申し込みをしましょう。

インターネットでの申し込みの場合は後日カードと書類が自宅に郵送されますので、家族にキャッシングの利用がバレるとマズい方にはあまりオススメできません。中にはインターネットで申し込みをしてから自動契約機コーナーでカードを受け取る事が出来るサービスを行っている金融機関もありますので、確認してみましょう。

アコム・プロミス・モビット・レイク・バンクイックは自動契約機コーナーがあり、インターネット申し込みをしてからで自動契約機でカードを直接受け取る事が可能な金融機関ですので、是非活用してみて下さい。

即日融資を受ける為の必要な準備

融資を受ける際には、返済能力があるかどうか、必ず金融機関による審査があります。特に、確実に即日融資を受けたい場合には、書類に不備がないようにしたいものです。それでは即日融資を受けるためには、どのような準備が必要なのかを確認してみましょう。

まずは金融機関の立場に立って考えてみましょう。今融資を受けようとしている人は一体誰なのか?気になりますよね。誰が借りるのかを明確化させる為に必要な書類として、本人確認書類が必要になります。

◆本人確認書類
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・学生の場合は学生証も必要

これらのいずれかを用意しておく必要があります。

次に、融資したお金は返してきちんと返してもらえるのか?いくらまでなら大丈夫か?も気になるところです。そこで今度は収入を証明できる書類を提出しなければなりません。

◆収入証明書
・源泉徴収票
・給与明細書
・確定申告書

この本人確認書類と収入証明書の2種類は必要になりますので準備しておきましょう。金融機関によっては借入額に応じて収入証明書の提出が不要となる場合があります。

申込を行うと、金融機関が本人を確認するために、自宅や勤務先へ電話を入れることがあります。ここで在籍が確認できないと即日融資を受けることができなくなってしまいますので注意しておきましょう。

消費者金融や信販会社等の賃金業者から借りれる金額は年収の3分の1が上限と法律で定められています。

明らかに収入が足りない場合は審査で落とされてしまいますが、何とかギリギリ審査がおりたとしても、後で苦しむのは自分なのです。ですから、急いでいたとしても、自分の収入と生活状況を見て、本当に返済できるのかどうかを必ず自分で確かめてからキャッシングを利用するようにしましょう。

即日融資の注意点

上記の申し込みの際の振込融資が可能な時間に関する注意点の他にも、来店不要で即日融資可能なキャッシングサービスを利用する前に注意することはいくつかあります。

来店不要で即日融資でお金の借入をするということは、後で必ず借入したお金は返さなければいけません。このような義務が生じてくることはお金の借入をする時に肝に銘じておいてください。

来店不要で即日融資のサービスを使ってお金の借入をした場合には、返済方法としてもいくつかはありますので自分にあっている方法で返済するように計画を立てていきましょう。

まず一般的なのが元金均等方式です。説明をするとこのような返済方法は毎月の一定の元金の返済方法でもあるのです。この方法はお金の借入をした業者に毎月一定額の元金の支払いをすることでもあるのです。そしてその他に残金にたして利息が加算されるのです。

このようなことを考えると残金がある状態ですと残金に対して金利が発生する仕組みなのです。仮に元金が減っている状態でしたら残金も必ず減っていきますので利息も減少していくのです。逆のことを言うと元金が減らない状況であるならば利息も減っていかないということになるのです。

このようなことを考えると来店不要で即日融資という言葉につられて気軽にお金の借入することは非常に気を付けるようにしましょう。来店不要で即日融資という広告にのせられて気軽にお金を借りるのはやめましょう。