主婦の方や正社員雇用ではない方達、いわゆるパートやアルバイトの方は収入の不安面からどうしてもキャッシングを利用しようか迷われている方が多いのではないでしょうか?パート働きで収入の低い方達は、キャッシングやローンの利用ができるのか不安になる事も多くあるのではないでしょうか。

しかし最近、消費者金融業者はもちろん銀行でも積極的にパートやアルバイト働きの方でも利用出来るローンを展開しています。

「パートだけど…」としり込みする事はありません。パートといえどきちんと収入はありますから、安定した収入があり返済能力があれば、融資してくれる可能性は十分あるのです。

安定した収入とは、つまり源泉徴収を発行されているような雇用であれば問題はないようです。

銀行や消費者金融業者が提示を求める収入証明書というのは収入を証明できるものでかまわないというところが多いようで、大抵の場合は源泉徴収書や給与明細のうつしを求められます。

ただ、消費者金融の場合は総量規制によって50万円以上の貸付になる場合は収入証明書の提出が義務付けられていますが、50万円以下の借入の場合は収入証明書の提出が不要のところがほとんどです。

銀行のカードローンに関しては総量規制対象外になるので、50万円以上の貸付時に収入証明書の提出を求める義務はありませんが、大体の銀行は100万円を超える貸付の場合に収入証明書の提出を求めています。

審査基準に関してですが、会社によっては勤め先が実際に存在しているか確認するだけのアバウトなところもあれば、電話で在籍確認をするという細かい会社もあります。

消費者金融業者にしても銀行にしても、ローン契約を結ぶことを検討している場合は、融資スピードや金利にとらわれ気味ですが、まずは審査基準を調査することが大事です。

もしパートだから審査に受かるか不安だから一度に複数社のキャッシング会社に申込をしてしまうと、申込ブラックといった扱いになり信用情報機関に登録されてしまいます。

まずは金利の低い銀行カードローン一つに申込をして、もし審査に落ちてしまった場合は消費者金融に申込をする…という流れで良いかと思います。

消費者金融の審査に落ちてしまった場合は大手以外の金融機関に申込をすると審査に通過出来る可能性はあります。

申し込みブラックに基準としては、一ヶ月の内に4社以上のキャッシングに申込をした場合と言われています。あくまで目安でありますが、最低でも3社以内におさえておく必要があるでしょう。

パートといえど、すでに他のキャッシングを融資枠いっぱいに借りている場合や、過去にローンの延滞を頻繁に行ったりしていなければ審査には通過出来ると思いますので、是非キャッシングの申込に挑戦してみましょう。

キャッシングが不安な方はネットで仮審査を受けよう!

キャッシングのメリットは、何といっても即日にお金を借りることができることにあるのではないでしょうか。

消費者金融がサラリーマン金融時代において、サービス競争のなかで如何に早くお金を借りることができるのかのサービス競争が激しくなり、現在のキャッシングによる即日キャッシングが定着したものとなります。

その後インターネットが普及することになり、銀行や証券会社ではインターネットを利用したサービスが開始されるや、キャッシングの業界においてもインターネットによるサービスが求められるようになりました。

こうした中、金融規制緩和により銀行がカードローン・キャッシングのサービスを開始するとともに、インターネットを利用したカードローン会員サービスが始まることになり、キャッシングにおいても今やインターネットでのサービスは当たり前となっています。インターネットによるキャッシングサービスは、新たなキャッシング利用者の開拓にも役立てられています。

これまで、自分がキャッシングを利用できるかどうかは、消費者金融の窓口かお客様相談電話に電話をかけて自分の氏名や住所、職業などを伝えたうえでキャッシングが可能かどうかの判定を行っていました。

しかし、今ではインターネットから自分がキャッシングが可能かどうかや、どの程度までキャッシングが可能かどうかパソコンですぐにわかるようになっていますので、パートでキャッシングが不安な人も簡単にキャッシングができるかすぐに調べることができます。

まずはご自身が利用したい金融機関の公式ページにとんでみましょう。サイトを見てみると、仮審査・仮診断といったコンテンツがあると思います。(無い金融機関もあります)

大体の仮審査は借りたい額と、年収、すでに他社から借入している額と何社から借入しているかを記入するだけです。仮審査の時点では住所等の細かい情報を記入する必要が無いので誰でも手軽に仮審査を受ける事が可能です。

主婦でもキャッシングはできる?

パート働きというと主婦が連想されますが、主婦という職業でキャッシングを利用する事はできるのでしょうか?

答えは”利用できる”です。主婦だとしてもパートで定期的に安定した収入を得ているのであれば返済能力があると認識されますので、立派な融資対象者となれるのです。

では、パート働きをしていない収入のない専業主婦もキャッシングを利用する事はできるのでしょうか?

残念ながら消費者金融や信販会社等の賃金業者扱いになるところからはキャッシングを受ける事が非常に難しいでしょう。大手消費者金融のほとんどは専業主婦の申込を断っているようです。

なぜ専業主婦は賃金業者から借入するのが難しいのかというと、総量規制という規制があり、年収の3分の1以上の借入する事が出来ないという点と、収入のない専業主婦が賃金業者から借入する際は配偶者の収入証明書の提出と配偶者の同意書の提出が必要、という専業主婦には手間のかかる規制となっています。

手続きに手間がかかる事から大手消費者金融のほとんどは専業主婦の申込を断っているという訳ですね。

ただし、銀行のカードローンは総量規制対象外になるので、専業主婦でも利用できるところが多いのです。

銀行によっては専業主婦の借入額を制限しているところもあるので、まずは専業主婦でも借りれるかという点を確認しておくと良いでしょう。