女性の間ではウィンドーショッピングを楽しむ人も多く、たまたま見かけたお店でお気に入りのものや、探していた商品を発見したことがある人もいるのではないでしょうか。

このようなとき、男女問わず葛藤に問われることになり、せっかく見つけた商品なので手が出るほど欲しいのですが、現在、お金の持ち合わせがなかったり、こういう時に限ってクレジットカード払いができなく、現金での支払いのことが多くあります。中には縁がなかったと諦める人もいますが、やはり欲しかった商品が心残りになる人もあるかと思います。

友人からその場でお金を借りることも考えられますが、お金の貸し借りにより友人関係に亀裂が入ってしまうこともありますので、やはり金の切れ目が縁の切れ目と言うことわざがありますように、たとえ親しい友人や親、兄弟姉妹でもお金の貸し借りはトラブルのもととなることがあります。そこで、大人の対応として活用できるものに、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングが便利で、しかも即日にお金を借りることができます。

消費者金融と言うとサラ金をイメージする人も多く、中には過去のサラ金における悪質な貸付や取り立てがニュースにもなったことを記憶していることもあり、消費者金融のキャッシングを敬遠しがちとなることが多くあります。

しかし、消費者金融がサラリーマン金融と呼ばれていた時代は、現実的に不当な金利による貸付や取り立てを行っていましたが、現在は法律により厳しく規制されているとともに、多くの消費者金融が銀行グループの傘下に入り、銀行系の消費者金融としてキャッシングサービスを展開しています。

それには、銀行においても自行がサービスするカードローンなどの審査業務を傘下の消費者金融に委託している場合もありますので、少なくとも現在において消費者金融は安心してキャッシングすることができるのではないでしょうか。

それどころか、お金が今すぐに必要なときに、即日にお金を借りられるのは当たり前のサービスとなっています。しかも、スマートフォーンやパソコンを活用して、インターネットからのキャッシング申し込みであれば、わずか数分の間に申し込みから振込み融資を受けることができるサービスもあります。

キャッシングやカードローンの金利は高く、お金を借りたものの返済するための負担が大きいのでは・・・と、心配する人もあるようですが、キャッシングやカードローンの金利は確かに住宅ローンや、教育ローンに比べると高くなっており、4%台から10%台の金利となっています。キャッシングの金利は年率で利息を計算する仕組みとなっていますので、長期間にわたり高額の借入を行うと利息が溜まってしまうため、返済に負担がかかってしまいます。

しかし、少額の融資を短期間に返済する使い方をすれば、わずかな利息だけで返済できてしまいますので、負担もかからなくなっていますので、使い方によってとても便利なものとなります。ショッピングやレジャーなど少額での使途であれば、クレジットカードの分割よりもキャッシングのほうが便利でお得なことがあります。

大口融資と少額融資の違い

皆さんカードローンを利用される時、特に少ない金額の融資を希望される場合、どのように手続きを行えば良いのでしょうか…?
今回は、小額のカードローン融資について考えてみましょう。

まず、カードローンの商品には大口融資が出来るものと、少ない金額から利用出来る二種類のサービスが存在します。

大口融資が可能であるカードローンの場合、最大1,000万円クラスのものも存在します。
事業者ローンの場合は更に大口の融資が受けられ、最大1億円といったローン商品が存在しているのです。

反対に小口融資のカードローン商品について見ていきましょう。
私たちは、突然数万円単位の少額のお金が、急に必要になる事があるでしょう。

例えば、給料日前に友人知人の祝い事でお金が必要になることもあります。
また、急な出張で先にお金を支払う必要があるといったケースです。
その他にも、不慮の事故によって先にお金を立て替え、医療費が必要になる事もあるかも知れません…。

こうした際に、数万円だけでも融資をすぐに受ける事が出来ればどんなに便利でしょうか?
カードローンの中には、こうした数万円で済む小口融資専用のカードローン商品も存在しています。

小額融資の場合、 1,000円単位でお金を借りたり返すことができます。
また、金融機関によっては、「30日間金利手数料が無料」といったサービスも行っています。
もしこうしたサービスを利用すれば、ノーリスクで少ないお金を借りる事ができるのです。
リスクが全くないので、初めてカードのご利用される方にも是非お勧めしたいサービスと言えます。

このようなサービスは、銀行カードローンだけではなくノンバンク系のカードローンでも取り扱う場合があります。
また、小さな金額の融資であれば、どのような属性であっても、ほとんどの方が審査に通過する筈です。
気軽に利用してみると良いでしょう。

少額融資は即日融資ができる可能性が高い!

あなたが少額融資キャッシングを使う、または使いたいと思っているときとは、どんなシーンや状況になるのでしょうか?人により少額融資キャッシングをするシーンや状況は異なりますが、比較的急ぎの場合が多いのではないでしょうか?

例えば、給料日直前のお金がまったくない、または切れかかっている場合の、ちょっとだけ乗り切りたい、という場合もあるでしょう。その給料日直前のほんの数日間だけ乗り切りたい、そして乗り切ったらすぐに返済する、という場合も考えられます。

そうなりますと、すぐに申し込んですぐに融資してもらう必要が出てきます。まさに、切羽詰まっている時は金なりの状況ですね。

では、少額融資キャッシングなら、その日のうちに融資はしてもらえるのでしょうか?そのようなことは可能なのでしょうか?
最近のキャッシング会社では、その日のうちに申し込みをした方に対して、その日のうちに融資が可能なサービスを展開しているところが非常に多くなっています。

そのため、そのようなキャッシング会社に申し込みをすれば、その日のうちに融資可能な場合が多いのです。ただし、これに関しては100%とは限りませんので注意が必要です。

場合によっては、申し込みをした次の日に融資されることもあるからです。それを握るのが申し込みをした時間、そして借り入れしたお金を振り込んでもらえる銀行口座にもよるのです。つまり、早めに申し込みをすれば、それだけその日のうちに融資してもらえる可能性が高いのです。

少額融資に便利なアコムのキャッシング

アコムは、大手の消費者金融としてキャッシングサービスを提供していますが、テレビCMなどでも「はじめてのアコム」のキャッチフレーズでお馴染みとなっています。消費者金融アコムは、初めて利用する人に対してキャッシングや、消費者金融に対する不安や疑問に対して丁寧に対応するように、社員教育が徹底されています。

また、アコムは女性のキャッシング利用に対しても優遇するサービスとなっており、女性専用の会員窓口を設置して女性のスタッフが対応するものとなっています。女性の利用者は、男性とは異なり大口の融資は少ないですが、少額の融資を繰り返し利用する傾向にあり、アコムもこうした利用に対応できるようサービスを展開しています。

アコムがサービスするキャッシングは、基本的に親会社である三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックに沿ったものとなっていますので、利用限度額も消費者金融のキャッシングとしては、高額な500万円まで設定できるようになっています。

ただ、アコムは消費者金融となるため、バンクイックでは総量規制の適用を受けることはありませんでしたが、アコムのカードローンは総量規制により借入額が制限されてしまいます。しかし、少額のキャッシングであれば総量規制の影響も少なく、金利も日割りとなるためわずかな利息で便利に借入することができます。