プロミスは日本人なら誰でも知っている消費者金融のひとつです。こう書きますと「ああ、サラ金でしょう」という方が多いのですが、それは非常に古い言い方ですね。イメージが悪いので、業界団体が申し入れて使われなくなった呼称です。男性だけが借りるものではありませんので、今は消費者金融というのが正解です。

確かに昔の消費者金融は対応がむちゃくちゃで貸し過ぎていたのですが、行政の縛りが強くなったので今は対応が丁寧ですよ。プロミスはスタッフなども女性が多く女性に気を使った金融業者です。地域活動や若年者の金融教育にも力を入れています。

「でもやっぱサラ金でしょう」という方、では三井住友銀行は御存知ですか。三井と住友、ふたつの大型財閥の流れをくむ大型銀行です。同じ消費者金融のモビットは三菱東京UFJ銀行との持ち株会社の三井住友銀行の傘下会社です。プロミスの方は完全に三井住友銀行、SMFG、及びSMBCコンシュマーファイナンスグループの一員です。銀行の方が信頼度は高いのですが、カードローンのシステムは消費者金融から引き継いだものです。

プロミスは、フリーローンという自分のためなら何に使ってもいいローンと、おまとめローン、自営業者向けのローンなど複数の金融サービスを有しています。提携銀行も多いので使い勝手が良いと主婦やお若い方にも人気があります。

上手に使えば利息なども安く抑えられます。ただし、ご自分の収入に見合ったお金を借りていくようにしてくださいね。

WEBでの申込・審査方法

プロミスをはじめとした多くの金融機関が、webを利用することによって今まで以上に利用しやすいサービスとして多くの人から認識されるようになりました。

金融機関との契約にインターネットを利用することによって、金融機関側は作業効率を向上させることができるようになり、顧客側は自分のライフスタイルに合わせた利用が可能になるなど、双方に利益のあるものであるため、多くの金融機関で積極的にインターネットを導入する動きがあります。

しかしwebを利用する上で注意しなくてはならないことが、審査をどのようにして行うかということにあります。通常金融機関の審査というものは、収入や人となりなどの要素から、その人が融資を受けた金額を返済することが可能であるかどうかを判断するためのものです。

そのため、直接面会して審査を行った方がより確実な審査結果を出すことができるようになります。しかしwebでの申込を行う際には、直接面会して審査を行うということが不可能になるため、書面上でのやりとりのみで信用を得なくてはならないという点があります。

直接面会しなくても確認することのできる書類の確認なども、必要事項を入力するだけのwebでの申込では比較的難しいものとなってしまいます。そのためプロミスでは、必要な書類をカメラで撮るかスキャナーに取り込むか当方法でwebで送信するという方法が取られています。

そのほかにもスマートフォンのアプリには、必要な書類を取り込みやすいようになっているものも存在しており、よりwebを利用したキャッシングの利用を行いやすくする工夫がプロミスでは行われています。

契約成立後にする事

プロミスからの融資を受けるためには、webなどを利用して申込を行うことになります。webに限らず、申し込みを行う際に必ず確認されることがその人の返済能力を確かめるための審査になります。

もし融資を行ったとしても、その金額を金利とともに回収することができなければ、金融機関の経営を行うことは不可能になってしまいます。そうならないためにも、多くの金融機関で確実に返済を行ってくれる人かどうかを判断することは大変力を注いでいるものなのです。

無事に審査を終えて返済能力が認められた際には、融資の契約を行うことが可能になります。その際にも金融機関を利用する側が心得て置かなくてはならない要素は数多く存在しているため、確実にその内容を把握しておくことが特に重要なものになります。

金融機関との契約の中で特に重要なものと考えられているのは、必要な書類を確実に提出することにあります。金融機関との融資に関する契約は、お金のやり取りを行うということで、少しの手違いが大きな損害へとつながってしまうものとなる可能性もあります。そのため一つ一つの手続きを確実に行うことと同時に、損害を呼ぶであろう要素は徹底的に排除していく必要があるのです。

書類の提出の方法にも様々なものが用意されており、webで申込を行った場合には、そのままスキャナーなどでデータとして取り込んだ書類の内容を、メールで送信することが最も一般的な方法である他、郵送や直接来店し契約を行うなどの方法が取られることになるため、自分の利用しやすい方法で確実に契約を行うことが可能です。

実際に借入を行うには?

金融機関へと融資の利用を行うためには様々な手続きが必要になります。まずは自分の返済能力を認めてもらうための審査に始まり、正式な契約を結ぶために必要な書類の提出など、実に様々なことを、金融機関からの融資を利用するためには必要なものとされています。それら全ての手続きが完了したら、いよいよその金融機関から融資を受けることが可能になります。金融機関からの融資を受けるために最後に決定することは、自分がその金額をどのようにして受け取るのか、また返済を行うためにはどのような手段での返済を行っていくのかということがあります。

まず融資を受けた資金を受け取るための方法としては、自分が指定した銀行などの口座に振り込んでもらうという方法が取られることが多いものです。申込の方法もインターネットが主流になってきた昨今においては、直接金融機関に関連した無人契約機などを使用するよりも、自分が利用しやすい金融機関の口座を利用して資金を受け取る当方法の方が一般的なものとなりつつあります。

またこの振込を行うための口座も、所定の金融機関の口座を利用していれば通常よりも早く振込が行われ、より効率よく資金を利用することが可能になるなど、様々な違いが見られることもあります。

web以外の方法で申し込みを行った際には、無人契約機や窓口から直接資金を受け取ることができるという方法もしばしば行われています。審査などの手続きに時間が掛かる一方、直接資金を受け取ることができるという方法は、振込よりも時間のかからない方法になるため、直接申込を行う利点はここにあると言ってもいいでしょう。

プロミスは女性にも人気!

老舗キャッシング会社のプロミスですが、サービスは最新の方法を取り入れ、パソコン、携帯、スマートフォンからのお申し込みが可能です。

インターネットからの申し込みがあれば、最短30分ほどで所定の連絡先に審査結果が報告されます。

その後の必要書類の提出はメールで送付、店舗受付や自動契約機、郵送と選べますので、ご利用される側の都合のいい方法を選ぶことができます。

急にお金が必要になった場合には、必要書類の提出はメールで送付するWeb契約か店舗受付や自動契約機をご利用されるのがいいでしょう。

郵送の場合は時間がかかってしまいます。

Web契約を利用すれば内容確認後、指定口座に振り込みがされます。店舗受付や自動契約機場合にも、その場で融資が可能です。

インターネットから申し込み、Web契約をするのが来店不要で便利な方法と言えるでしょう。

また一番心配なのは審査基準と思いますが、申し込む前にプロミスのサイトには「お借入診断」というものがあり、生年月日、年収、現在の他社からの借入金額を入力すれば、融資可能かどうかを判断してもらえますので、そちらで一度確認をしてみましょう。

基本的に安定した収入があれば、アルバイトパートでも申し込みが可能ですので、後は他社からの借入がないか、あっても大きくなければ審査が通る可能性は高いと言えるでしょう。
プロミスは「もっと!サービス向上委員会」と銘打って、お客様にもっと満足していただけるように日々取り組んでいます。

消費者金融会社というと怖いイメージが今でもある方も多いかもしれませんが、このような活動をすることによってクリーンでお客様に寄り添ったサービスを提供していこうとしています。

その安心の一つに、プロミスでは女性専用のフリーダイヤル「レディースコール」があります。

キャッシングの利用は誰でも最初は不安なものですが、女性は特に様々な不安があることでしょう。

そんな不安を解消するため、女性だけの相談に対応するコールセンターをプロミスは設置しているので、女性で悩んでいる方は一度電話をされてみてもいいでしょう。

様々な便利さと安心をプロミスは提供しています。