貸金法の改正前はキャッシングといえば消費者金融でした。とかく現金での出費が多い主婦には重宝されていたのではないでしょうか。しかし法改正により総量規制が敷かれると、収入の無い専業主婦はこれらを利用できなくなりました。世間がどう変化をしようとも、主婦が物入りなのはいつの時代も変わりありません。収入のない主婦は一体どうすればいいのでしょう?

法改正による総量規制は主婦にとっては窮屈な思いをしなくてはなりませんでしたが、それ以上に打撃を受けたのが、多くの顧客を失う形となった消費者金融業者です。過払い請求の対象とならなかった優良業者でさえ、その後の営業が危ういほどの打撃を受けました。それらの消費者金融業の経営不振は各銀行によって改善されたのをご存じでしょうか?銀行は消費者金融会社に資金援助をし、貸金業を傘下に置くことで、消費者金融会社が持っている個人向けローンのノウハウや、消費者金融が持っている保証会社を手に入れることができました。

今は銀行で個人向けのカードローン、つまりキャッシングができるようになったわけです。そして不思議な話ですが、銀行の融資は貸金法の総量規制の対象ではないのです。収入の無い主婦の方は銀行のカードローンを利用するのが最善のようです。(どこの銀行でもできるわけではありません、専業主婦向けのカードローンを扱っている銀行を探す必要があります)

最近の銀行ローンは「即日融資」を謳っている商品が多くあります。「今すぐ必要!」という需要にもある程度対応できるようです。融資スピードの早さでいうならば、保証会社を有している消費者金融業者が上なのでしょうが、専業主婦の場合ですと、「配偶者の収入証明書と同意書」が必要となるうえ、これらの審査は大変手間がかかるそうですので、即日最短というほどではないようです。

今すぐキャッシングしたいという場合、専業主婦の方には銀行系カードローンが、早くて手間があまりかからないという理由から広く利用されているようです。

専業主婦でもサラ金を利用できる?

専業主婦でもサラ金は利用可能なのかというと、一応は利用可能となっているようです。しかしこれには賃金業者の中の一つの総量規制によって条件があるようで、配偶者の同意書や収入証明書が必要となっているのです。この時点でかなり煩わしい書類が必要なんだな・・と私は思ってしまいました。

また、必要書類が多い事で業者側からすると手間になるので専業主婦自体の借入を断ってるサラ金業者がほとんどなっているようです。そんな時に総量規制対象外の銀行カードローンを利用する事で専業主婦の方でも安心してお金を借りる事が出来ます。銀行のカードローンは配偶者の同意書や収入証明書等は不要となっているので煩わしい手続きもないようです。

銀行のカードローンはサラ金と比較しても明らかに金利が低くなっていますし安心感も大きいかと思います。銀行によっては無利息で融資をしているところもありますし、即日融資にも対応しているところもあります。

申し込みにも対応していて現在の銀行のカードローンはサラ金同様にサービスが充実しているので、専業主婦の方に限らず様々な方に銀行のカードローンはオススメとなっています。

専業主婦ネットでお金を借りる方法

専業主婦のみなさんは、こんな経験をしたことはありませんか。
自家用車の自動車保険の更新手続きのお知らせの手紙が着ていたけれど、自動車保険の更新日をすっかり忘れていて、銀行通帳に保険料を支払うお金が全く無い。

バーゲンなどで散在してしまった後や急な高額出費があった後になって、今月中に支払い忘れていた固定資産税を払わなければいけなかったことを思い出したがお金が手元に無い。
毎年の事だけれど、今年もうっかり、自家用車の自動車税をとっておくのを忘れていた。かなりの金額だが、今すぐに支払うには手元にはお金が無い。特に専業主婦の方であれば融通できるお金が限られているのではないでしょうか。

友達や親戚の結婚式が立て続けにあるけど、すべて出席するとかなりの額のお金になってしまい生活していけない。でも、どれも断る事が出来ないが、近親者の冠婚葬祭であれば、御祝や御香典なども友人・知人の時よりも高額となりがちです。得に遠方での急な冠婚葬祭であれば、公共交通機関を使い出かけて行くので旅費もかなりの額になり、出席する為に服も靴もバッグも新しく新調しなくてはいけない場合は、更なる出費で家計は火の車どころか大炎上となり、いくらお付き合いといえども、情けなくなるやら恨めしく思うやらといったところでしょうか。

悲しいですが、どれもかなり厳しい状態に追い込まれてしまっています。

ショッピングであれば、お店に頼んでショッピングローンにしてもらい、月々の支払い金額を無理の無い金額で払うように組んでもらったり、自分で保有しているクレジットカード(クレジットカードの契約している内容にもよりますが)でリボルディング払いや月々の支払い金額を支払いやすい金額になるように分割での支払いをしたり、取り扱い時期であればボーナス払いにする事が可能ですが、先程、例で挙げたように税金を納めたり冠婚葬祭などでのお付き合いであれば、現金での支払いを余儀なくされてしまいます。

現金が無いという時にみなさんならどうピンチを切り抜けますか。
実際、手持ちにお金が無くて困る事は、よくある事だと思います。普段からお金の管理をしっかりしている人であっても、急な出費で思案してもなかなか良いアイディアが浮かばず、あせって右往左往することはあるのではないでしょうか。

いざと言う時の為に密かに貯めていたヘソクリを使いますか。銀行に預けてあるお金をおろしますか。親や友達に借りに行きますか。

ヘソクリや貯金が思ったほど残高がなかったら。口座にお金があっても平日におろしに行く時間がなかったら。親や友達に借りに行ってもことわられてしまったら。親はまだしも、友達に借りに行って断られなくても貸しが出来てしまい付き合い難くなることもあるでしょう。まして、断られると、その後はお互いが誘い難くなり付き合いも難しくなり疎遠になるのでは。お付き合いは、対等がいいですよね。

そんな事になる前にちょっとした知識を持っておくとイザと言う時にあせって困ることがなくなるでは。人知れず借りて人知れず返す方法。例えば、ネットでキャッシングを申し込みお金を借りる方法などよいのではないでしょうか