銀行カードローンとは、銀行や銀行と提携をして融資を行っている金融機関が提供している融資のサービスの1つです。こうした金融機関のカードを利用して借入を行ったり返済を行ったりすることが出来るためカードローンと呼ばれています。

この銀行カードローンは専業主婦の方が借入先を選ぶ際に必ずこの銀行カードローンについて考える事になります。というのも、総量規制というものがあるために消費者金融などから収入のない専業主婦の方は借入をする事ができません。そこで使えるのが銀行のカードローンなのです。

また、銀行カードローンといっても銀行系カードローンと呼ばれるものもあります。これは一見すると同じに見えますが実は違いがあります。この2つの大きな違いはどこからお金を借りるのかというところにあります。

銀行カードローンというのはその名の通り銀行からお金を借りることになりますが銀行系カードローンというのは銀行ではなく消費者金融が借入元となってお金を貸し出しています。ここで借入先を選ぶポイントですが、この2つの間にはこうした大きな違いがあり、お金を借りる際の金利や審査などの厳しさにも違いがあります。

銀行カードローンは銀行系のカードローンと比べると金利が高く審査にかかる時間も長くかかります。そうした違いがあるので借入を選ぶ際のポイントにもなりますのでどちらを使うのかというのにも注意が必要です。

銀行から借りるのと消費者金融から借りるという違いがあるだけで、性質も大きく変わってきますのでこうしたポイントを理解した上で利用するようにするのが大切です。

銀行カードローンの特徴

コマーシャルなどで宣伝をしており、カードローンの言葉を知らない人は少ないのではないかと思います。
カードローンと言えば返済が大変などマイナスのイメージがあるかもしれませんが、上手に利用すると非常に便利なサービスです。
例えば出張先で急に現金が必要になった場合に、手持ちのお金では不足するような場合大変です。

貯蓄があれば引き出すことで何ら問題なく対応出来ますが、場合によっては貯金を合わせても不足することもあるでしょう。
カードローンはそのような場合に役立ちます。

比較的少額から借り入れすることが出来ますので、給料日まで一時的に借りる場合など様々な場面で利用することが出来ます。
カードローンは銀行でも利用することが出来ます。

銀行のカードローンのメリットは何と言っても他のカードローンと比べて金利が低く設定されていることです。
場合によっては一桁台の金利で借り入れすることも可能です。
銀行は総量規制の法律の対象外にならないことも特徴の一つです。

大口での借り入れ予定をしている場合や、複数社からの借り入れを一本化する事を考えている場合には銀行のカードローンは有効です。
複数の借り入れを銀行に一本化することが出来れば返済金額の管理の手間や、金利負担などを軽減することが出来ます。

注意しておきたいのは銀行のカードローンは一般的な消費者金融系のカードローンに比べて審査基準が厳しい傾向にある点です。
審査に数日時間がかかる場合が一般的ですので、緊急での借り入れで利用するのには難しいかもしれません。

銀行カードローンと消費者金融の違い

カードローンには、大きく分けると消費者金融系カードローンと銀行系カードローンと信販系カードローンの3つに分けられます。このうち信販系カードローンは、クレジットカードについているキャッシング枠のことです。クレジットカードは主に買い物に使うことがメインで、キャッシングはあまりしないのが通例なので、ここでは前者の2種類について、述べることにします。

消費者金融系カードローンは貸金業者が発行するカードで、昔風の呼び方をしますとサラ金ということになります。改正利息制限法によるグレーゾーン金利の撤廃により、適正な利息でお金を融資してくれる貸金業者になりましたので、一昔前よりずっとイメージは良くなったと思います。

貸金業者ですので、貸出総量規制が適用されますので、年収の3分の1までしか融資はできません。これは、1社ごとに年収の3分の1までという意味ではありません。もし、3社から借り入れがあれば、3社合計で年収の3分の1までということです。ここを勘違いする人がたまにいますので、この機会によく覚えておいてください。

次に銀行系カードローンですが、利息については消費者金融と同じ扱いですが、銀行の場合は貸出総量規制が適用されません。銀行側とその後ろ楯となる保証会社の審査で、返済可能と判断されれば、既に消費者金融から年収の3分の1の借り入れがあっても、カードローンを組むことが可能です。
資金量の豊富さから貸出上限額が500万円~1000万円と大きく、金利も低めに設定されているのも銀行系カードローンの特徴です。銀行系カードローンも即日審査・即日融資可能なところがほとんどですが、まれに審査に時間を要することもありますのですぐ借りたいという場合は、消費者金融系カードローンの方がよいでしょう。

銀行カードローンの審査傾向

銀行の融資商品は全般に審査が厳しいと考えられます。

今では、消費者金融業者自体も以前に比べ審査が厳しくなっているので、それに伴い他融資機関だって審査は厳しい傾向であると思います。

ただ、銀行の審査は、以前に比べ柔軟です。

もちろん、その融資商品によりその柔軟性のレベルは違いますが、カードローンの場合は、多目的な融資でなお且つ早さをポイントとしている融資なので、それに伴い他銀行の融資商品よりも審査は柔軟です。

当然、銀行によっては、申込み枠が広いものと狭いものがあり、狭いものなら年収条件を設け、○○○万円以下なら利用できませんというものもありますが、現在では、民間の融資機関すべてがカードローンを提供しており、ほとんどの銀行が即日、最短をウリにしている融資商品でもあるので、既存の住宅ローン等というような目的を持つ融資よりは非常に審査条件も緩く、審査傾向も柔軟です。

とはいえ、銀行は銀行の審査なので、消費者金融業者が以前していたような誰にでも貸すという事はありません。

やはり安定した収入がある方に限り利用を認めるので、その部分はやはり厳しいと思います。

ただ、銀行融資は貸金業者ではないので、総量規制に関係なく利用できます。

又、それにより消費者金融業者では借入出来ない専業主婦による借入も銀行のカードローンなら実現する可能性が高くなります。

大体審査傾向として、消費者金融業者、銀行、公的融資機関の順に審査が厳しくなりますので、銀行はそのちょうど中間あたりという事で審査がすこぶる柔軟でもなければ審査がすごく厳しいという事もない。

ただ、ひとつ言えるのが、キャッシング事業に注力している銀行はやはり融資に前向きな傾向があります。

そのため、他銀行とは違った審査基準を設けている銀行もあり、銀行のカードローンを利用する場合は、こうしたキャッシング事業に注力している銀行等が審査の傾向としても緩いと考えますし、カードローンを申込む際にキャンペーン等の力を入れている銀行を狙うと尚更成功率は高くなります。