即日融資が可能なカードローンといっても、本当に種類が多いです。初めて利用する人は、どこの会社がいいのか迷ってしまうでしょう。どのようなことを注意してカードローン会社を選んだらいいのか、自分の条件に合わせてみていくのがいいでしょう。

やはりテレビコマーシャルなどでもよく目にする大手のカードローン会社だと安心できる気はします。銀行のカードローンも、お金を管理している会社なので安心して借り入れできます。今までは銀行のカードローンは審査に時間がかかっていたのですが、最近はスピーディーな審査が行われているところも多いです。

また審査に受かってカードローンを利用するときのことを考えて会社を選ぶことも大切です。利用するときに、使えるATMが色々な場所にあってすぐにお金をおろせなくてはいけないでしょう。そして金利はもちろん、手数料がどれくらい取られるのかも知っておく必要があります。最近流行りのネット銀行の中には、手数料がたいへん高くとられるものがあるようです。これらは申し込みするより先に分かることなので、下調べが肝心になってきます。

大手の会社ではなく中小企業のカードローン会社に申し込みする場合は、企業のホームページを確認してみましょう。ちゃんと登録許可を受けているのかをみる必要があります。許可登録証というものは3年で更新するものです。ちゃんと登録している会社であれば、ホームページの会社概要のページなどに記載されているのが普通です。それがないと闇金の会社である可能性が高いので、注意しなくてはいけません。

カードローンを選ぶ為のチェックポイント

即日カードローンを選ぶなら、幾つかのチェックポイントがございます。まずは皆様が希望なさっている額の融資が行えるかどうかです。業者によって上限額が違うのです。一番高いのは銀行で800万が上限というところですね。信販会社や消費者金融は500万ぐらいのことも多いです。そんなに沢山借りることはないでしょうがこの枠があまりに小さいと審査に響きます。

つぎに提携している銀行の数。ATMを使って現金を引き出すことが多いでしょう。関連する銀行があまりに少ないと、お金を引き出すのに時間がかかってしまいます。これでは即日カードローンの意味がないですよね。

あとは、支払い方法。こちらも融資上限額と同じでひと月に支払える額の下限が決まっています。数千円でいいところもあるのですが、高いところは、返すのが大変なことがあります。また支払日以外は払えないのかそれとも別に増額をかけることができるかも大事なことです。

都合のいい時に払える方がATM使用手数料も安くなります。支払い方もインターネットバンキング、窓口持参、ATM入金、口座振り込みなど選ぶことができます。ATMや窓口は時間の制限があるので忙しい人には大変かもしれません。

だいたいの銀行はコンビニにATMもありますので、時間が遅くなったときも安心ですが、お金を持ち歩かないといけないことなどが心配な場合は別の方式にした方がいいでしょう。あまりマイナーな金融会社ですと、使い勝手が悪いことも有ります。後は好き好きですが。

カードローンの種類

カードローンを大きく分けますと、銀行、消費者金融、信販系になりますが、当日融資において強いのは昔ながらのノウハウを持つ、消費者金融系でしょう。

営業時間も9時までと長く、来店、無人契約機であれば書類の不備なども指摘されますし、審査もおおむね30分と早く済みますし、融資を受けられることになれば、カードが発行され、ATM(提携含む)から借り入れが出来ます。インターネットに慣れている方であれば、セキュリティを万全にして申し込めば個人情報を第3者に知られることなく借り入れすることができます。また、銀行系の保証会社でもありますので、安心して借り入れができるでしょう。

三菱UHJファイナンシャルグループのアコムは、金利が4.7から18パーセント、融資限度額が500万円までです。SMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは金利が6.3から17.8パーセント、融資限度額は500万円まで、条件を満たせば30日間無利息で利用できるサービスも備わっています。

アイフルは金利が4.5から18パーセント、融資限度額は300万円までです。三井住友銀行グループのモビットは金利が4.8パーセントから18パーセントで融資限度額は500万円までです。新生銀行カードローンのレイクは銀行が運営しているため、総量規制の対象外です。金利は4.5から18パーセント、融資限度額は500万円までです。また、借り入れ金額の5万円まで180日、借り入れ金額の総額が30日間は金利がかからないサービスがあります。

銀行系では、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイック、金利が4.6から14.6パーセント、融資限度額は500万円までです。三井住友銀行カードローンは金利が4.0から14.5パーセント、融資限度額は800万円までです。共に無人契約機が銀行内、ATMの店舗にあります。

カードローンの注意点

いくら急にお金が必要になったからといっても、そこらじゅうにローンの申し込みをしてはいけません。焦る気持ちはわかりますが、申込みブラックに載る可能性があります。申込みブラックとは1か月に3社以上申し込むことを言いますが、申込みすぎで審査に通らなくなります。申込みすぎたと思ったら半年以上は申込みを止めたほうがいいでしょう。

また、カードローンでピンチを凌いだことはいいですが、返済が待っています。リボルビング方式だと毎月の返済額はあまり高額ではないので助かりますが、借りた金額に利率がかけられるので、必ず借りた金額以上の金額を払わなければなりません。

気がついたら借入金額が増えていたなんてこともよくある話です。カードローンは手軽なことや、ちゃんと返済していれば何度でも借りれることからついつい借りてしまいがちです。限度額一杯になってしまっていたり何社からも借りることがないように気を付けたいものです。

もし、そういった形でローンが増えてしまったらおまとめローンなどでローンの一本化をするといいでしょう。これはローン会社を1つにするもので、支払日に追われたりすることがなくなるので気持ちに余裕ができます。

けれど、借金は借金です。できれば借りない。借りる時は必要最小限に留める。返済計画を立て、無理のないようにするなどの注意が必要です。賢く上手に利用することでカードローンは主婦にとって心強い味方になってくれるでしょう。