最近では、様々なカードローン商品が数多く展開されていますが、皆さんも「キャッシング」や「カードローン」という言葉はよくテレビCMや新聞・広告等で耳にしたり目にしたりしているのではないでしょうか?

このキャッシングとカードローンは意味を混同してしまいがちですが、少し意味が違っているのです。今回は、この二つの言葉の意味の違いについて、詳しく見てみることにしましょう。

まず、キャッシングとはどのような事を意味するのでしょうか?実は、キャッシングとは「お金を借りる行為そのもの」を意味します。ATMやディスペンサーを使ってお金を借りる行為こそがキャッシングになります。

次に、ローンとは「お金を貸し付ける事」そのものを指しており、銀行が個人にお金を貸し付ける「住宅ローン」や「教育ローン」等が挙げられますね。
そして、カードを使って利用用途自由なお金を借りる事が出来るローンを「フリーローン」や「カードローン」と言うのです。
どちらかと言えば、キャッシングよりもカードローンの方が、大きな額の貸し付けを行う事が多いです。

例えば、皆さんもテレビやCMで既にご存知の銀行系カードローンと、クレジットカードに付いたキャッシング枠では、どちらの限度額が多いですか?
言うまでもなく、カードローンですよね?

カードローンは賢く利用すれば、かなり低い金利でシッカリ必要なお金を借りる事が出来ますが、その一方キャッシングは借り入れの限度額が低く、金利は若干高めです。

しかし、その分「審査が柔軟に行われる」と言ったメリットも存在するのです。
皆さんは、どちらが使いやすいと感じますか?主婦やパート・アルバイトの方は「キャッシング」かも知れませんね。

最近では、女性向けのカードローンや「専用キャッシング」等も数多く展開されています。
このようなサービスでは、金利も低めに設定されている事も多いので、是非女性の方は利用してみてはいかがでしょうか?

それぞれのライフスタイルに合わせて、借り方や借りる商品を決めましょう。

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングは、一般個人向けの小口融資として定着しており、現在においてはキャッシングを提供する消費者金融に加えて銀行やスーパー、IT業界が提供するカードローンと少額の融資を受けるものとして、業界間の競争が激しくなっています。

このため、キャッシングは、今すぐに少額のお金が必要な場合、すぐにお金を借りられるものとして大変便利なものとなっています。このため、昔はサラリーマン金融を利用することに抵抗があった人でも、キャッシュカードや、クレジットカードと同じカード形式となったカードローンキャッシングを利用する人が多くなっています。キャッシングは、会社勤めなどで収入のある人はもちろんのこと、アルバイトや非正規社員であっても一定の収入があれば、少額の融資を受けることができる場合があります。

このため、気軽にしかも職業に問わずある程度の収入があれば、キャッシングによりお金を借りることができますので、ついついキャッシングやカードローンに頼り過ぎてしまう場合があります。しかも、契約時に交わした利用限度額までなら何度でもキャッシングにより、お金を借りることができますので、せっかくお金を返済していても、すぐに限度額に達してしまい、いつまでも返済と借入を繰り返してしまう傾向にあるようです。

ただ、消費者金融のキャッシングの場合は、貸金業法の適用を受けるため総量規制により借入額が規制されてしまうため、多自由債務に陥ることは少なくなっています。

ネットでも申込は可能なの?

カードローンの申込方法にはいくつかの種類があります。一つ目の方法は銀行や消費者金融の店舗もしくは大型の商業施設などに備え付けられてあるリーフレットに同封されている申込書を使ってファックスで申し込む方法(郵送では即日融資は不可能です)、二つ目の方法は銀行や消費者金融の窓口若しくは無人契約機を使って申し込む方法、三つ目の方法は電話で申し込む方法、そして最後にインターネットで申し込む方法です。

実は最後に紹介したインターネットで申し込む方法というのが最近のカードローンの申込方法では一番メジャーな方法で、利用者の実に半数以上はインターネット経由でカードローンの申込を行っています。ではどうしてインターネット経由での申込が増えたのでしょうか?そこにはインターネットならではのメリットがあるからです。

その最も大きなメリットは場所を問わずインターネットに接続出来る環境であれば申し込むことが出来るという点ですね。あまり家族や知人にキャッシングの事を知られたくない場合でもインターネット経由なら外出先からスマートフォンなどを使ってすぐに申し込むことができます。

また、カードローンの場合全ての手続を同日の午後2時頃までに終了させなければならないというスピード感が要求され、申込用紙の不備や必要書類が揃っていない場合には差し戻されることになり、それだけ審査にも時間を食ってしまうことになるので、こうした不注意による不手際は極力避けなければなりません。その点インターネット経由での申込の場合、入力内容に不備があればその場でエラー表示され次に進めない仕組みになっていますから、入力の段階で申込内容の不備を防止することが出来ます。

必要書類もスマートフォンのカメラで撮影した画像をメール送信するか申込フォームに設置されているアップローダーを使って送るだけなのでファックスのように受け取るまでのタイムラグの発生頻度を軽減することが出来ますし、文字潰れ等の不都合も防止出来ます。このようにスピード命のカードローンだからこそインターネットの真価が発揮出来るので利用者も年々増加しているのでは無いでしょうか?もしカードローン選びに迷ったらインターネット経由で申込出来るかどうかを確認するようにしましょう。そうすれば時間のロスというリスクは軽減出来ます。

カードローンを利用するメリットとデメリット

即日借入で今すぐ借りたい場合に非常に利便性の高いカードローンですが、即日キャッシングを利用するという状況からお金の借入を急いでいる場合が多いのがほとんどという中で借り急ぐという行為はできるだけしないようにしなければなりません。

カードローンのメリットとしては即日借り入れで今すぐ借りれるということと、操作方法が簡単ではじめてカードローンを利用するという人でも、ATMの操作の知識さえあれば誰でも利用できるという点ですが、いずれの場合も利便性の高さばかりに目がいってしまい、借金をしているという感覚が鈍くなってしまう場合があるので注意が必要です。

カードローンは即日借入を実現してくれるありがたい仕組みですが、金融機関の中でも金利が特に低いとされている銀行でさえも、カードローンでかかってくる金利は100万円以下の借入の場合で15%前後と設定されていることから、利用に関してはしっかりと返済計画を立てた上で借入する必要があります。

このように即日借入ができるカードローンには利便性に伴うメリットやデメリットが多くありますが、いずれの場合もカードローンの仕組みや即日キャッシングの仕組みをしっかり理解することで、メリットをさらによいメリットに、デメリットをメリットに変えることが可能になります。

即日でお金を借りるということは時間に余裕が無い場合が多く考えられますが、時間がないなりに自分に合った金融機関を選んで後々後悔することのないようにしましょう。