結婚式の費用を準備する時、みなさんならどのように準備するでしょうか?

もちろん日頃から貯蓄されている方なら、結婚資金はきちんと準備しているかもしれませんね。

ですが、みなさん生活にゆとりがある方ばかりではなく、貯蓄する余裕の無い方もいますから、そんな場合は結婚する時の資金をどうすればいいか?

結婚資金の準備をする場合に利用出来るローンは、結婚式用の融資商品である目的ローンとどんな目的にも利用出来るカードローンがあります。
このどちらかを利用し大抵は結婚資金の準備をします。

では、このどちらのローンが無理なく、負担なく利用出来るローンになるか?

結婚資金の費用は、やり方次第で費用は抑えられますが、通常は最低500万円相当の費用がかかります。
なので、一般の結婚式をするには最低500万円の資金が必要です。
そのため、準備資金が全く無い場合は、ブライダルローンやカードローンを利用し結婚資金を用意する事が一般的な準備方法となります。

どちらが便利?

結婚資金を工面するためには、一般にブライダルローンやカードローンを利用する場合が多いです。

なので、結婚をされる予定があって「その資金を準備しなければ」という方はブライダルローンかカードローンどちらかを選ぶ必要があります。

では、このどちらが利用するのに負担が無いか?

負担というのはやはり金利差になるので、金利を比較しローンを見ていくとブライダルローンの場合は、各融資機関によって金利は異なりますが、平均に5.0%以上になります。
逆にカードローンの場合は、最低金利3.5%や4.5%でローンを利用出来るので、高額融資が必要となる結婚資金の準備金には、カードローンの利用が負担の無い利用につながるかと思われます。

もちろん、融資機関によってブライダルローンの金利を抑えて取り扱うところもありますので、ローンを決める場合は十分に選定する事が大切ですが、カードローンとブライダルローンで結婚資金を比較するとカードローンの方がより負担なく簡単スムーズに資金の準備が出来るのではないかと思われます。

目的別ローンの選び方

お金の使途に限定のないフリーローンというものがありますが、それとは別にお金の使い道が限定される目的別ローンというものもあります。

目的別ローンには教育ローンをはじめ、ブライダルローンや住宅ローン、自動車ローンなどがあります。現代では女性が男性と肩を並べてバリバリ働く時代となり、収入も男性と同等に得ている方もおられます。それに伴い自動車やマンションの購入を考える女性も増えてきました。また、結婚して子供が生まれてからも仕事を続ける女性もたくさんいらっしゃいます。このように、それぞれの生活のニーズに合わせた目的別ローンを選ぶことも大切なことになります。

目的別ローンを申し込む場合は、資金使途証明書などの提出が必要となり、また資金も支払先に直接入金されることが条件となります。融資金額も大きくなりますので、その分フリーローンの審査よりも厳しく、時間もかかります。

このため、フリーローンのように気軽な気持ちで借り入れすることはできませんが、金利は消費者金融のフリーローンや銀行のカードローンに比べると低く設定されています。目的別ローンの金利は変動金利と固定金利の2種類があり、担保は必要としないものがほとんどです。中には住宅ローンや、一部の教育ローンのように担保が必要となるものもあります。

目的別ローンの場合、手続きが簡単なものほど金利が高い傾向にあります。また変動金利か固定金利かによっても異なりますので、選ぶ際は注意が必要です。

目的ローンは所得証明が必要?

所得証明とは、融資額が大きな融資商品を利用する場合に必要になります。

又、目的ローンなどを利用する際にも所得証明書類は必要です。
ただし、目的ローンを利用する場合は、車のローンや申込む金額によって所得証明が必要ない場合もありますので「すべての目的ローンが所得証明の必要性があるか?」といえば、融資機関の条件によって違います。

例えば、融資機関でも保証会社が信販会社となる目的ローンの場合は、所得証明や印鑑証明書の提出無く利用出来る場合もあります。
また中には、職業や勤続年数等も関係なく利用出来るものもありますが、条件自体は融資機関の目的ローンによって異なりますから、目的ローンを利用する場合はいずれにしても事前に必要書類は確認し準備しなければいけません。

最近は、目的ローンでも所得証明が「○○○万円まで必要ない」というものも増えていますが、条件の良い融資の場合は、やはり審査も慎重で所得証明などの書類も必要となるため、簡単にスムーズにローンを利用したいという場合は、素早く利用可能なカードローンが適します。

■目的ローンとカードローン

銀行の目的ローンも最近は所得証明が必要なく利用出来るものが多くなっています。

又銀行が取り扱う目的ローンは大抵保証会社が存在するので、所得証明無く利用出来るようになるものが多いですが、すべてにおいて目的ローンは利用に伴い所得証明が必要ないという事はありません。

又銀行の目的ローンは、比較的低金利となるため他のローンよりも負担なく利用できます。
通常カードローンは、最低でも最高金利が「15.0%~18.0%」程度で利用しますが、目的ローンを利用すれば、金利が「6.0%以下」利用出来るものもあるので、返済負担や利用負担を考えた場合は、やはり目的ローンの方が負担なく利用できます。

ただし、所得証明が必要ないといっても条件のよい融資は当然それに伴う審査が慎重ですし、利用条件も厳しくされているため、誰でも利用できるというものではありません。

そのため、何らかの目的のために利用するローンを決める際には、多少金利の負担はありますが、その中でも負担なく利用出来る銀行カードローンの利用がお勧めです。

い場合に、面倒な手続きや審査に時間がかかるものは嫌だという場合には、簡単に手続きが出来て審査も融資もスピーディーに実現してしまうカードローンが適しているのです。

目的ローンをネットで借入

目的ローンは、色々なかたちで利用する事ができます。

ただ、教育ローン等比較的希望する利用額が大きければ、店頭に出向いて融資を申し込む方法が一般的だと思います。
また、目的ローンを利用する場合は、必要書類の準備や提出もあるので近くの銀行に融資を申し込むという方も多いと思います。

ですが、最近は各融資共にネットで全て完結できるものが増えていて、ネットで利用できる融資を扱う融資機関も増えていますので、融資を受けるにあたり「時間があまりない‥」という方や「誰かにみられるのはちょっと‥」という方は、すべてネットで完結できる融資を利用すると店頭に行く手間無く融資を受ける事も簡単に出来ます。

もちろん、目的ローンも同様にネットで申し込みから借入審査、契約までを済ませるものが多くなっていますので、融資を受けるにあたり来店せずに利用したいという場合は、ネットバンキングを利用するとか、ネット専用のローンを扱う融資機関を選ぶ事でネットでの借入審査はもちろんの事借入も可能となります。

目的ローンのネットで借入審査をする方法

ネットで融資を利用するには、ネットバンキングの融資を利用すればネットで借入審査も実現します。
又、最近はどの融資機関もネット専用の融資商品があるので、ネット借入をする場合はこうしたネット利用に対応した融資を選べばいいだけです。

融資商品の中の目的ローンも大手銀行をはじめ色々な融資機関でネット利用可能な目的ローンがあります。
ですが、こうしたネットで利用可能な目的ローンは大抵「来店不要」などの記載があるのでネットで利用できるものをお探しの場合は「来店不要」を目印に目的ローンを探すとネット借入が実現しネットで借入審査も行われます。

インターネットを利用し目的ローンを利用するにはネットから申込むだけでOKです。

必要書類の提出は郵送もしくはFAXで提出すればいいだけなので、ネットを利用する申込みや借入の出来る融資は手間が無く審査が可決すれば簡単に融資を利用する事が出来ます。

基本的にネットの借入審査は、インターネットを利用して申込めば自動的に借入審査が行われます。

つまり目的ローンのネット借入審査は「ネットで申込み 契約手続き 支払い」という流れとなり、契約が完了次第借り手側の口座を通じ目的に応じたローンへ振込が実行される手間の無い簡単に利用出来るものとなります。