専業主婦の方でも急にお金が必要になって、キャッシングを利用したいことはあるでしょう。しかし一般的に考えると専業主婦がキャッシングすることは難しいことのように思います。実際に法律によって大部分の金融機関では、収入のある主婦しかキャッシングできないのです。

収入のない専業主婦の方はどうしたらいいのでしょうか。専業主婦は消費者金融機関からはキャッシングすることはできませんが、銀行のカードローンを利用すればお金を借りることが可能です。ただし、夫に収入がある専業主婦でなくてはいけません。

そして夫の給料明細や源泉徴収票など、収入を得ている証明を提示しなくてはいけないでしょう。またその夫が自分の配偶者であるという証明も必要になります。

それは住民票などの書類で大丈夫です。専業主婦がキャッシングを利用する場合は、普通の手続きよりも手間がかかるようですが、安心して借入れするためには必要なことでしょう。書類をそろえるのも少々面倒くさい部分がありますが、銀行からキャッシングできるということは安全なのでしっかり行いましょう。

主婦の方でもアルバイトやパートにでて働いている人はたくさんいると思います。しかし子どもがまだ小さかったり、保育園がいっぱいで入園できないでいたり、いろいろな理由で働けないでいる専業主婦の方もいるでしょう。生活している中で急に2万円必要になってしまい人に借りることもできない、そんな専業主婦のために銀行カードローンがあるのです。

専業主婦と兼業主婦の違い

キャッシングに関していうと、専業主婦の方と兼業主婦の方とでは大きな違いがあります。もちろん収入のある兼業主婦の方は借入れができますが、収入のない専業主婦の方はキャッシング会社を利用できません。

専業主婦の方がお金を借りるのであれば、銀行のカードローンを利用しなくてはいけないでしょう。銀行のカードローンは規制の対象から外れています。ですから専業主婦の方も安心してお金を借りることができるのです。

安心して借りられるのはいいことですが、キャッシング会社に比べると審査の時間が長かったり、必要書類も多いなど不便なことも少しあります。審査さえ通ればお金を借りられるので、多少の面倒は我慢しなくてはいけないでしょう。キャッシング会社よりも利息がやや低いところはいい点でしょう。

2010年の規制から、働く主婦が増えてきたのは事実です。兼業主婦になればキャッシング会社からお金を借りることができます。審査の基準は年収と本人の年齢、また働いている年月や職種も関係してきます。兼業主婦といっても正社員でバリバリ働いている方と、パートやアルバイトで1日3~4時間しか働いていない方とでは、また大きく違います。

借り入れできる金額がそうです。年収の3分の1未満の借り入れしかできないので、正社員で働いている人の方が年収が多いのは当たり前でしょう。兼業主婦の方でたくさんキャッシングしたいと思っているのであれば、まずは年収を増やすことです。年収が増えれば借り入れできる金額も増えるでしょう。

専業主婦のキャッシングに関する規制とは

基本的に2010年6月から、専業主婦はキャッシング会社からお金を借りることができなくなりました。専業主婦がというよりも、収入のない人がキャッシングできなくなったのです。賃金業法が改められて、無収入者にお金を貸すことを禁止したのです。

それまでは専業主婦であれば夫の収入などを提示すれば借入れすることが可能でした。しかし本人が無収入である以上、キャッシング会社からのキャッシングはできません。キャッシング会社でどうしてもお金を借りたいのであれば、パートにでたり派遣会社に登録して働かなければいけないでしょう。そうなれば収入のある主婦になるので、キャッシングすることができます。短期のアルバイトでも収入は入るので、その場合でもキャッシングは可能でしょう。

新しく作られた法律がもう一つあり、年収の3分の1以上は借りることができないというものです。年収が100万円の主婦がいれば、その人は最大で33万円までしか借りることはできないのです。また法律が決まる以前にそれより多い金額を借りていたら、もうこれ以上借りることはできないでしょう。今回の法律改正によって、専業主婦にとっては苦しい物になってしまいました。

どうしても専業主婦をしながらお金を借りたいという人は、クレジットカードにするのがいいでしょう。クレジットカードの場合は買い物の場合が多いですが、その浮いたお金を利用することはできます。また銀行のカードローンを利用することもオススメできます。

専業主婦キャッシングの審査について

まったく収入のない専業主婦と、仕事と主婦業を両立している兼業主婦では、キャッシングの際の審査基準は異なります。専業主婦の審査について見ていきましょう。専業主婦ということは、だいたいが夫または子どもに稼いでもらって生活している人になります。

そういう方がキャッシングをするということは、審査されるのはその専業主婦というよりもその家庭の家計を任されている人物になります。夫が対象の場合が多いです。審査ではその夫がどれくらい稼いでいる人なのか、仕事ではどのような立場の人なのかなどがみられるでしょう。

また住んでいる住宅についても審査されます。持ち家なのか、賃貸なのか、一戸建てかマンションかなど、さまざまです。他にも夫と妻自身の年齢や、両親と子どもがいるかどうか、保険には入っているかなどが審査の対象になるでしょう。

キャッシング会社ではこれらの項目をつくって、加点方式で審査をしていくことが多いようです。その専業主婦の点数が定められたラインを超えると、審査に通過しキャッシングできるようになるのです。

キャッシング会社を利用するとき、家のローンや車のローンがある場合にはそのことも考えておく必要があります。

なぜかというと、収入のある人の年収の3分の1を超えて借りることができなくなったからです。借入れする前に、どれくらい自分が借りることができるのか計算しておくようにしましょう。離婚する夫婦も近年増えてきているので、専業主婦へお金を貸すキャッシング会社は減っているのが現状です。

キャッシング出来ない主婦とは

専業主婦である場合、キャッシングができない主婦に当てはまるのではないかと思いますが、絶対にできないわけではありません。2010年6月以降に規制があってからでも、お金を借りる手段がなくなったのではないのです。しかし規制である年収の3分の1以上の金額を借りるということは難しいです。

専業主婦の方はパートなどの短い時間でもいいので、仕事を始めるとキャッシング会社でキャッシングすることが可能になります。審査にしっかりと通ればの話ですが、借りられる可能性はあるのです。

もともとパートなどにでていて収入がある主婦の方がキャッシングできないというパターンはあるでしょうか。そのような方は、無理な金額を借りようとしていないかもう一度確認してみましょう。規制では年収の3分の1までしか借り入れできないというものがあります。

年収の3分の1なのに借りられないという方は、それ以前に3分の1以上の金額を借りてしまったのではないでしょうか。そのような場合は返済するのが先です。すでに3分の1以上キャッシングしていて返済していないのですから当たり前でしょう。

またたくさんのキャッシング会社に借り入れを申し込んでいないでしょうか。そのような人もブラックリストに載ってしまったりして、借りられないことがあるのです。

たくさんの会社に申し込んでいるということは、たくさんの会社から断られている可能性があると思われてしまいます。ブラックリストから名前が消えるのには半年くらいかかるとされているので、一度にキャッシング会社に申し込みするのは2つくらいした方がいいのです。