ローンの種類はいろいろありますが、個人信用のみで融資を受けられるのがカードローンです。
無担保で個人がお金を借りられるということで、急な出費に備えてカードローンを用意しておくことも多いことでしょう。

カードローンを利用するにあたって、審査を受け通る必要があります。
仕事を持っていて安定収入がある人であれば、基本的に申し込むことができます。
利用限度額が最初に決まるのですが、その範囲内であれば、返済しながら何度でも借りることができるので、カードローンの存在は資金面での不安を軽減してくれそうです。

クレジットカードを持っている方は、そちらのキャッシング機能を利用されているかもしれません。
お金を借りられるという意味では共通していますが、審査も金利も異なっていますので、特に金利を比較して有利な方を選んだ方がお得でしょう。

カードローン機能をプラスできるクレジットカードもあります。
キャッシング機能とは別にカードローンを加えることになるので、また審査を受ける必要があります。
審査はどちらも個人信用情報に基づいて行われるのでしょうが、基準の厳しさはカードローンの方が上といわれています。
金利や特徴、お金の使い道に応じて、その都度賢く使い分けをした方がよさそうです。

お金の使途が明確な場合は、カードローンではなく目的ローンの方が低金利です。
フリーローンに区分されるカードローンは、使途が自由です。
目的ローンは住宅ローンや教育ローン、自動車ローンなど、使い道が決められています。
目的ローンの方が、審査が甘いという特徴もありますので、使途を問われないからといってなんでもカードローンで借りていると、金利の差額がもったいないでしょう。

住宅ローンであれば、銀行の優遇金利などもありますから、効果的に節約するためには使い道ごとにチョイスするのが得策です。
カードローンとひと言でいっても、金融機関によって特徴が大きくことなります。
申し込みをする前にしっかり比較して選ぶことが、その後に差がついてきます。

審査というハードル

カードローンは、担保がなくても個人で金融機関からお金を借りることができるローンです。
とても魅力的ですが、利用するためには審査というハードルを越える必要があります。
審査などというと、年収いくら以上、上場企業に勤務などの高い規制を想像してしまいそうですが、基本的には安定した収入がある人が対象なので、まずは申し込んでみたら案外いい結果を得られるかもしれません。

審査は一定の決まりがあるわけではなく、各金融機関によってさまざまです。
個人信用情報の内容を確認することや、年収、勤続年数、職種、年齢、居住年数、家族構成などを判断材料にすることは、どこも同じです。
担保なしで、個人信用で資金を貸すのですから、金融機関側としては損をすることがないよう、きちんと返済してくれる人を対象にするための審査です。
お金を貸したままで返ってこなければ、利益が生じなくなってしまいます。

カードローンは利用限度額の希望を最初に出しますが、審査に通ったとしても少ない金額になるケースもあります。
ガッカリするかもしれませんが、利用をスタートしておけば定期的に限度額の見直しをしてもらうこともできますので、その機会を狙うというのも1つの方法です。
毎月の返済を忘れないなどの基本的なことをコツコツと守ることで、いい審査結果も期待できそうです。

総量規制というものがあり、カードローンなどの無担保ローンは、年収の3分の1以上の金額を借りることが認められていません。
銀行系のカードローンはこの総量規制の対象外とされていますので、本来であれば融資を受けることは可能なはずですが、審査が通らない確率が高いでしょう。
理由は、これから返済していかなければならない金額が、収入の大きな割合を占めることになりますので、遅れや滞納の可能性が出てくるからです。

これらは、仮審査のときに判断される内容です。
仮審査を無事に通過したら、本審査へと移り、最終的な判断が下されます。

審査基準に差はある?

カードローンでは、どこの金融機関も最初に審査を実施しています。
通過すれば、担保がなくても資金を融資してもらうことが可能です。
無担保でも個人信用によってお金を貸すというのがカードローンなので、初めに審査が行われるわけです。

審査基準がわかっていれば、それに対して備えることもできそうですが、金融機関側は一般に公表していません。
金融機関同士もお互いに知らないので、それぞれに独自の審査が行われているのでしょう。
独自の審査である以上、比較的甘いところもあれば、反対に厳しいところもあると考えられます。

インターネットでカードローンの情報をリサーチしてみると、よく目につくのが審査の甘いカードローンはどこかといった内容です。
審査が甘いという情報を見てから、実際に申し込んでみたという方の記載を見ることもあります。
結論としては、甘いというだけで誰でも審査に通過するというわけではないようです。

甘いと書いてあったのに、断られたという人がいました。
個人信用情報というものを仮審査の段階で確認することは、審査が甘いところでも変わりありません。
以前に他のローンを利用していて、返済がとどこおったまま支払い終えていないなどという場合は、他のカードローンに申し込んでも審査に通るのは難しそうです。
それは、審査が甘いカードローンでも同じなのでしょう。
金融機関側としては、儲けを出す必要があるからです。

個人信用情報では、どのような内容が共有されているのでしょう。
貸金業者の支払い履歴、借入れ履歴、申し込み履歴、破産や延滞などの履歴です。
審査をした時点で、どこからいくら借りているか、支払いは進んでいるか、どんな内容のローンかなど、全部確認できるようになっています。
審査の厳しさに関係なく、これらの個人信用情報は必ずチェックが入るといわれています。

これらに問題がないという方で、安定収入がある方は、基本的に審査に通りやすいのではないでしょうか。

カードローン審査の通りやすさと審査方法

銀行カードローンは、審査を通らないことには利用できないのですが、この審査はより通りやすい人と、通りにくい人とにわかれてしまいます。また、審査の手続きも、どこで申し込むのかということでも大きく異なってきます。

基本的には、銀行カードローンを申し込む時には、銀行の窓口で申し込むのですが、銀行の窓口で申し込むと、書類に必要事項を記入し、後日、仮審査の結果が送られてきます。この仮審査というものに合格していて、初めてカードローンが利用できるようになるのですが、大抵の銀行は一週間ほどかかって、仮審査の結果が届きます。

なので、その間は借り入れをすることができないのですが、しかし、CDなどで申し込みをした際には、30分の最短審査というようなものがあり、こうしたものを利用すると、その日のうちに審査の結果がわかり、すぐに借り入れることができます。

急にお金が必要になって、すぐに借り入れをしたいという人は、こうした最短審査というものを活用するといいのですが、しかし、CDなどで審査を受けるのが不安という人は、やはり窓口で申し込みをして、普通の審査を受ける方がいいようです。これは好きな方を選べます。また、審査においてはより通りやすのは何かというと、自分の収入に合った借り入れプランを申し込むことで、これによって審査が通りやすくなります。

銀行カードローンの審査というのは、申し込みをした人がどういう人であり、借り入れたお金をしっかりと返済できるのかどうかということを見るので、自分の収入を考えて、無理のない範囲で返済できる金額を選ぶと、銀行の方も、お金を貸し出してもしっかりと返済できる人であると判断して、審査には通りやすくなります。

なので、まずは身の丈に合った借り入れを申し込むということが、審査に通りやすくなる秘訣なのですが、しかし、一度審査に通ってしまえば、後から借り入れプランを変更することもできるので、初めは少ない金額の借り入れを申し込んでおいて、審査に通ってから借り入れ金額を変更するということもできるとのことです。