当日中にどうしてもお金が欲しいのに手持ちが足りなくて困るが、お金を借りようにも大手は難しくてと思う方も多いかと思います。

そのような時に、よく目にするのが大手以外のあまり目にすることのないキャッシングを行なう業者かと思います。中堅業者と呼ばれる、大手よりは規模は大きくないも堅実に経営している業者です。金利は大手に比べればやや高めの傾向にありますが、実はとても利用がしやすい業者が多いのです。特に即日振込の場合は大手と並び、実に沢山の業者を目にするかと思います。

しかし、この中堅業者ですが、ひとつ選び方を間違えると悪質な業者も潜んでいるといわれています。すべてが危険な業者ではないのですが、一部の中にそのような業者がおり返済時にトラブルに巻き込まれる事例もあるといわれています。
そのため、利用をする私たちはきちんと業者を見分けて利用をすることが必要となります。

そのひとつは日本賃金協会に入っていて、その証明を掲げているかということを確認します。きちんと加盟をしているのであればその番号などをホームページや広告に掲げています。悪徳すぎるところはこの番号も不正を図るところもあるようですが、きちんと調べれば分かります。

また、分かりやすい確認としては、ネットキャッシングであまりにも低い利息設定や連絡先が携帯番号しかないという会社は要注意です。また、急にダイレクトメールなどで来る業者も出所がはっきりとせず注意が必要です。

総量規制について

最近、お金の借入をするときに総量規制というものをよく耳にするかと思います。この総量規制というものは、賃金業法の改正により年収の3分の1以上の借入は出来ないという制限をつけたという内容のものです。

これにより、賃金業として営業をしている業者からの借入時には制限が付けられてしまい、新たな借入が出来なくなったり場合によっては申し込みを断られるケースとなります。この総量規制は、クレジットカードでキャッシング枠を利用した場合も同様となります。

しかしこの総量規制ですが、賃金業として行なっている業者が対象ですから、実は銀行などの金融機関は賃金業法の元での営業ではないため、総量規制の対象にはならないのです。

また、個人の理由による貸付がその対象となっているので、個人事業として事業資金として借入を行なう場合は総量規制の対象からは外れることとなります。

そのため、銀行などの金融機関でのカードローンは総量規制を受けることなく申し込みができるため、主婦の方など収入がない、もしくは収入が厳しいという方でも審査が通る可能性があります。しかし、絶対に審査が通るかというと一概には言えませんが、消費者金融業者では申し込みが出来ない場合が多いので、検討をする場合は銀行などの金融機関が良いかと思われます。

金融機関でも最近はインターネットを介しての申し込みや審査を行なう大手銀行がありますし、条件が整えば即日振込が可能なところもあるため、諦めずに検討をしてみましょう。

カードローンについて

銀行系のキャッシングと呼ばれる物は、多くがカードローンになっています。少しまとまった金額の融資が可能になりますが、そうなると融資までに日数がかかってしまうことが多いようです。小額の場合であれば即日振込対応の金融機関もあります。大手の銀行や地方銀行でも取り扱いを行なっており、数は非常に多くなっています。

金融機関は平均的に金利は低めなことが多いのですが、審査はやや厳しいという傾向があるようです。
最近の新しい傾向としては、ネット銀行の存在です。ネット口座を持っている方はネット銀行のカードローンの利用も検討してみても良いかとおもわれます。インターネット上で手続きは完了してしまいますし、ローンカードも必要が無い場合があります。こちらの審査は金融機関よりもやや甘いと言われ、金利も店舗を持たない分低めな設定が多いのが魅力です。

ネット銀行のよってはこちらも条件によって即日振込が可能な場合があるので、一度問い合わせかホームページを確認してみると良いかと思われます。しかし、ネット銀行はその時代の情勢によりサービス面などが変更される可能性も高いです。そのようなリスクもありますが、自分の条件が合うのであれば銀行系のカードローンは使い勝手も良い物かと思われますが、即日振込の対応が少ないのが難点です。

また、銀行系の借入ですがこの場合は総量規制の対象外になります。そのため、収入の無い主婦の方でも申し込みができる場合がありますが、条件をよく確認することが必要です。

借入できるまでの流れ

即日振込を希望して実際にその日に利用ができるようにする流れを大まかに紹介していきたいと思います。

前項で実際に申し込みをする前に準備をしておいた方が良いもので受信可能なメールアドレスがありますが、仮審査が通ったら身分証明書が必要になりますから運転免許証や健康保険証などを携帯電話のカメラで撮っておくとすぐに手続きができるでしょう。

申し込みの時間ですが、銀行口座への振込みの場合は銀行の営業時間内でなければ対応が難しいため時間が限られてしまいます。

この締め切り時間は取り扱っている銀行や金融業者により違いがあるので一概にはいえませんが、遅くとも14時頃までには契約が全て終わっていなければ難しい場合もあります。中にはもう少し遅い時間でも可能なところもあるようですが、申し込みが混んでいる場合は時間がかかることもあります。

特に月末ごろになると、即日振込を希望する方が増えて申し込み状況も混んでいることが多いようなので、即日振込を希望したいと思ったら午前中に手続きを行なったほうが無難かと思われます。

最近は、基本的にインターネットからの手続きが主流となってきており、ほとんどの業者が申し込みフォームからの受付をしています。

必要事項を記入して送信をしたら折り返し連絡が来るのを待ちます。必要事項は素直に正確に記入をしましょう。嘘が分かると信用を失います。早いところだと、30分ほどで審査結果の電話やメールが来ます。本人確認のため電話連絡が多いでしょう。審査結果に自分が納得すれば契約手続きに入ります。

即日融資を受けられる条件

即日振込を確実に行なえるようにするために、自分で申し込み前に審査が通るかどうかチェックをしてみましょう。借り入れをする前にいくつかのチェック項目がありますが、その部分を注意して確認し、自分は大丈夫かどうかで大方の想像がつきます。

まずは、やはり安定した仕事に就いていることは基本の条件ではありますが、この通りではない場合もあります。中には主婦や学生でも大丈夫と掲げて融資を行なっている会社もあります。即日振込は小額の場合が多いため、会社により無職はNGではないかも知れません。

その他に、審査のうえで重要といわれている項目が他社からの借り入れになります。実際に借りている件数と総金額はどのくらいあるのかということを申告しなければなりません。もちろん、この部分は件数も金額も少ないことに越したことはないのですが、ボーダーラインは各会社によるようです。また、現在返済中の延滞などが無いかもチェックされています。その他には総量規制という3分の1以上の借り入れは無いかということもチェックされています。このような事柄がなければまず即日振込の申し込みも通る可能性が高いでしょう。

また、返済の延滞に関することですが、これは延滞などをしてしまった期間の長さなどで審査の可否も変わってくるようです。止むを得ない場合や単純に失念していたくらいのレベルであれば、多少柔軟に対応をする可能性があります。

また、即日に振込をしてもらいたい場合はなるべく午前中に申し込みを済ませましょう。混み具合により、万が一間に合わない可能性もあるからです。