キャッシングをするのに必要な所得証明書類とは、給与明細等を意味します。

通常、キャッシングを申込む場合には、本人確認書類が必要ですというのが一般です。

この本人確認書類とは、運転免許証をお持ちなら運転免許証で済みますし、運転免許証が無い場合は保険証でもOKです。
また、これらのいずれもお持ちではない場合には、パスポートも利用できます。
ただ、キャッシングにおける審査で有利なのは、本人確認書類の中でも写真つきの運転免許証が一番有利と言われていますが、基本的にこのいずれか1点で申込や契約、利用までを済ませる事が出来ます。

では、収入証明となる所得証明書類とは何か?

収入証明書類となる所得証明は、給与明細などを意味します。
融資を受ける場合、各融資機関や融資業者により違いますが、借入れする額によって申込み者の収入を証明する書類が必要となります。
そのため、キャッシングをする場合に面倒な手続きなく利用したい場合は、収入証明の必要の無い範囲で限度額は希望します。
■カードローンは所得証明が要る?

カードローンを利用する場合、希望する額によって収入証明となる所得証明書類が必要になります。

例えば、A融資機関の条件として50万円以上の限度額を希望する場合は所得証明が必要です、と記載があれば50万円以上のローンを利用する場合に自分を証明する書類の運転免許証などと給与明細のような所得証明書類両方を準備する必要があります。

ただしこの条件等は、各融資機関や融資業者によって異なり、A融資機関は限度額100万円までの融資なら収入証明は必要ないが、B融資機関は200万円の融資まで収入証明の必要が無い場合もあります。

このため、カードローンの種類によって所得証明の必要性は異なり、融資機関や融資業者によって所得証明の必要性が変わるという事なのです。
なので、カードローンを利用する場合に身分証明書類だけで済ませたい時は、その融資機関の必要書類の欄を確認し、所得証明書類の必要の無い範囲で利用したい希望額を申込むようにすると所得証明書類を準備する事無くローンが利用できます。

所得証明書類は必ず必要じゃないの?

基本的に融資を利用する場合は、各融資機関や融資業者が決める限度額によって所得証明の必要性は異なります。

例えば、消費者金融業者を例に挙げると、消費者金融業者では必要書類の条件として「50万円以上の融資は所得証明書類と身分証明書類が必要である」と決められています。
なので、50万円以内の融資を希望する場合は、所得証明書類の提出無くローンが利用できます。

しかし、銀行のカードローンを利用すると所得証明書類の条件は「100万円以上の融資は所得証明書類と身分証明書類が必要である」という事になり、消費者金融業者の条件とは違います。

又、融資機関の場合においては、各融資機関によって所得証明書類の条件が異なるので、100万円までの融資なら所得証明が必要の無い機関もあれば、200万円の融資まで所得証明が要らない機関もあるので、利用の際には所得証明の有無の部分もポイントに借入先を検討すれば、100万円申込んでも所得証明なく利用出来るのです。

■所得証明書類はどんな書類なの?

カードローン等を利用しお金を借入する場合は、その希望額により所得証明書類の準備が必要です。

所得証明書類とは、一般に源泉徴収票等が該当し、源泉徴収票を提出する際には最新年度のものを提出しなければいけません。
この書類は、毎年12月頃に各勤務先により発行されますので、キャッシングの利用を検討し、なお且つ収入証明書類の必要性がある場合には、事前にこの書類を準備しておきましょう。

所得証明書類には、確定申告書も該当し、給与明細も該当します。

こうした書類はきちんと保管していると、必要な場合にすぐに提出出来ると思いますが「どこにしまったか忘れた‥」なんて事もありますので、その場合は、キャッシングを利用に伴い書類提出が必要ならば勤務先から発行してもらう事も出来ます。

ただ、このような書類の準備は面倒だという場合は、各融資機関によって所得証明書類の必要条件が異なるので、借入希望額に合わせ「どこで借りる?」を決めれば所得証明書類の必要なくキャッシングも利用できます。

カードローンと所得証明

カードローンは、現在様々な融資業者、融資機関が取り扱っています。

そのため、カードローン商品の条件や特徴は各融資機関によって違います。

ただ、いずれもカードローンは審査が早く融資も早い。
なお且つ面倒な書類提出もないため、大変人気の融資と言えます。
また、カードローンは融資額が大きなものも多いため、様々なニーズに合わせて利用する事が出来ますから、色々な場面で活用できる便利なものです。

しかもカードローンの場合は、ほとんどが所得証明等の面倒な書類提出も無く利用出来るので、何らかの目的にローンを利用したいけど急ぎたいという場合は、カードローンのような融資が向いています。
もちろん、この融資は他の目的があるローンとは異なり、若干金利が高いところは否めませんが、借入するにも面倒な事が無く、利用できる速度も早いので、急ぎでの融資なら特にカードローンが適しているかと思います。

又所得証明の提出はちょっと‥という方にもカードローンはお勧めです。

■キャッシングに所得証明は必要?

手軽に利用できるキャッシングは平均に所得証明の提出は必要ありません。

キャッシングを利用する場合は、平均に少額融資が多い事から所得証明が必要ありませんが、キャッシングをするにも融資額が大きければ、各融資機関、融資業者によって所得証明が必要になる事もあります。

ただ、キャッシングの場合は平均に50万円以内のキャッシングという事が多いので、所得証明の提出が必要なく利用出来るものがほとんどです。

そのため「所得証明の提出は困る‥」とか「所得証明の提出が出来ない‥」という場合は、カードローンの利用や気軽に利用できるキャッシング等がお勧めで、カードローンは必要書類が本人であることを証明できる、身分証明書類のみでOKです。

つまり、融資を受けたいという場合やローンを何とか利用したい場合に、面倒な手続きや審査に時間がかかるものは嫌だという場合には、簡単に手続きが出来て審査も融資もスピーディーに実現してしまうカードローンが適しているのです。

自動車ローンを利用するには所得証明が必要?

キャッシングをする場合、所得証明は希望する限度額によって必要な場合と必要でない場合があります。

又、融資会社によっても所得証明の有無は異なります。

では、自動車ローン等を利用し車を購入したりする場合はどうなのか?
自動車ローンは、銀行から借入する場合、大抵所得を証明する書類が必要です。
もちろん、借入したい額によって所得証明書類の有無は異なります。

例えば、自動車ローンを100万円借入する場合、各銀行により所得証明の提出の必要があるかは異なりますが、必要ない融資機関もあります。
ただし、銀行での自動車ローンは、仮審査や本審査などと審査が2回行われたりしますので、銀行で自動車ローンを利用すると所得証明は融資額が100万円まで必要内場合もありますが、時間がかかる事も確かです。

ただ、自動車ローンの場合は、融資機関により自動車ローンを利用しても所得証明が200万円まで必要ないところもあったりしますので、いずれにしても銀行のローンを利用すると所得証明は大半が必要ないと思いますが、時間は他ローンを利用するよりかかる事は考えられます。

■自動車ローンとカードローン

所得証明が不要の条件とは、利用する金額で決まります。

つまり融資を受ける額によって、大抵所得証明の有無が決まるという事なのです。

例えば、自動車を購入するとしたら、融資を受ける場所により異なりますが、面倒なところなら印鑑証明や前年度の源泉徴収票、注文書、振込口座の口座確認書等が必要になります。
つまり利用する融資機関によっても所得証明が必要になり、その他もろもろの必要書類を用意する必要があります。

ですが、例えば同じく車をカードローンで買うとすると、カードローンは200万円まで所得証明が必要ないところもあるので、どうせ利用するなら面倒でなく融資が早い方がよいと思います。
なので、車を買う場合に面倒な手続きや書類を集めるのは嫌だという場合は、簡単で所得証明要らずのカードローンの利用が適します。

所得証明は、このように融資を受ける場所により異なりますが、大抵は希望する額により必要ない場合と必要な場合がある事になり、所得証明無くローンを利用したい場合はカードローンの利用が適するという事なのです。