消費者金融系列のキャッシング

どうしても、緊急に融資を受けなければならない時、金融機関の融資では、とても時間が間に合いませんし、自分の収入がないとした場合、信販会社系列でも融資が難しいとなることもあります。

そういった時に、消費者金融機関でキャッシングができますが、利用される方は主婦や学生といった、実際に勤務をしておらず、安定した収入がないといった場合の方に多く見受けられます。

どちらにしても、高額な金額の場合は収入証明書などのような証明書が必要になってきますから、ちょっとした借り入れであれば、手続きが簡単ですので、こちらの融資会社を利用するケースが多いようです。

ただし、テレビなどでもよくあるように、融資の際の利息の利率が、他の融資機関に比べて高い傾向にあります。
低リスクでの融資を望むならば、あらかじめ余裕のある時間を作り銀行系列の融資を申し込んでおく方が無難ですし、勤務実績があり手軽に融資を受けるのであれば、信販系列からの借り入れを受ける方法を検討しましょう。

収入がなく、少額での融資で、どうしてもすぐに借り入れをしなくてはならない場合は、最後の選択として、消費者金融機関からの融資を受けることになるでしょうが、返済がすぐにでも可能な場合を除いては、他の融資方法から検討する方が、利息などの追加費用を低く抑えられるでしょう。

信販系列と消費者金融機関との共通点は、両者を合わせての借入限度額が決められていますので、一度に何社からも融資を受けたとしても、限度額を超えての借り入れはできませんので、注意が必要です。

銀行系列のキャッシング

カードローンとキャッシングの違いとしては、基本的にはローンは借入した金額を、毎月あるいは定期的に返済していく方法であり、キャッシングはまとまったお金を借り入れてから返済する際には、一括して返済する場合を指すようですが、近年ではその違いはあまり明確化していないようです。

また、融資を受ける際にも、融資先の違いによって借り入れる方法などによって異なってきているようです。
例えば、銀行系と呼ばれる融資元でのキャッシングは、その銀行に普通預金の口座などを開設している人であれば、通帳と一緒にキャッシュカードを発行してもらえます。

そのキャッシュカードを発行してもらう際に、通常の普通預金の取引ができる機能にプラスして、カードローンやキャッシングができるものもあります。
ただし、その際には改めて申し込みを行う必要があり、別途申込書などに記載して、送付などの手続きを行います。
その申し込みに基づき、審査を行い実際にどれだけの融資ができるかという、融資限度額という枠を設定されたうえで、カードを発行してもらうことができます。

そのカードの発行の融資限度額というのは、カードを発行してもらう本人の収入額に合わせて設定されるもので、その収入額に対する融資限度額以下であれば、好きな額を最初に設定しておくことができます。
銀行系のキャッシングは、審査においてはとてもチェックが厳格に行われているため、カード発行までは通常、数週間かかるケースがほとんどです。

急な出費があってから発行してもらってからでは、間に合いませんので、あらかじめ作ってもらっておく必要があります。
利点としては、一度発行してもらうと、各銀行が設定している条件が合えば、年間手数料などが無料になる等といった特典を受けられる場合があります。

信販会社系列のキャッシング

銀行系列から融資を受ける際には、収入金額に合わせての融資限度額が設定されるのはもとより、申し込みをしてから融資が受けられるまで、数週間の審査期間がかかりますので、今すぐに融資を受けるのには、なかなか難しい傾向にあります。
どうしても、今すぐに借り入れをしたいという場合には、最近のラジオやテレビコマーシャルでもよく見受けられる信販会社系列のキャッシングというものがあります。

街中では、よく信販会社が運営している店舗や窓口がありますが、そういった窓口に、身分証明書や収入がわかる証明書などを持参すれば、その場で審査をしてもらい、融資を受けることも可能です。

また、そういった信販会社は、大手の会社ほど無人の融資設備を設置しているところもあり、人の目を気にせずに利用する事もできます。

その際にも、身分証明書や収入証明書といったものが必要になってきますが、よほど高額な融資を受ける場合以外であれば、身分証明書だけでも可能な信販会社もあるようです。

一度、審査を受けるとカードを発行してもらうことができ、追加の融資や返済においても、そのカードを利用すれば簡単に手続きができます。

近年では、携帯電話や多機能電話を利用し、追加融資や返済についても手軽にできるようになっています。
信販会社系列は、その場で現金を発行することもありますが、通常は融資を受ける人の口座振り込みとなっている場合が多く、即座に振り込まれますので、返済の時にもその口座からの自動引き落としを行うことがあります。

キャッシングの取扱について

給料のように、月々の収入が決まっている職種というのは、安定性があるということ同時に、急な出費に対しての柔軟な対応が求められることがあります。

葬儀や突然なイベントのような急な出費や、結婚式の披露宴への出席やそれにかかる準備費用などのように、まとまった金額が必要なイベントも想定して、日頃から預貯金を計画的に積み立てておく方法もあります。
しかしながら、普通預金のようにすぐに口座から引き出せるような状態ならいいのですが、定期預金といった積立期間満了までは取り崩すのが難しいものもあります。

近年では、ATMが柔軟的になってきており、土日祝日でも取り扱っている機器も多く見受けられます。
また、コンビニエンスストアを利用しての口座引き落としも、休日での取り扱いが可能となっているようです。
ただ、実際に口座にそれほどの預金がなく、まして給料日前の出費というものは、どのようにして資金を確保するか心配になってくるでしょう。

そういった際には、融資の一つの方法として、キャッシングやローンを利用する方法があります。
目的を定めた融資と違い、フリーローンやフリーキャッシングと言われる融資は、比較的容易に借り入れを行うことができます。
しかしながら、通常の融資と変わりありませんから、返済までの利息や発生してきますので、元本と呼ばれる実際に借り入れをした金額にプラスして利息分も支払うことになります。

住宅ローンのように高額で、目的が定められた融資であれば利率が低金利で抑えられていますが、フリーキャッシングは5パーセント前後から、20パーセント弱の利率が設定されていることが多いようです。

キャッシングの申込方法

急な出費が発生したら、給料日までの生活費やその他の費用を賄うために、キャッシングを利用するという方法があります。
キャッシングは通常、クレジットカードと同様に利用できる機能の一つとしてセットされていることもあります。
つまり、借入限度額を設定したクレジットカードのキャッシング利用が可能ということになります。

近年、このキャッシングの申し込みはクレジットカードにおける機能の一つとして常設されており、クレジットカードの申し込みと同時にできるようになっています。

また、その他の方法としては、融資してもらう企業へ直接出向いてから、キャッシングの申し込みを行う方法もあります。
また、直接企業の窓口に行くことに抵抗感がある人には、窓口ではなくATMの設置されているブースを利用する方法もあります。
どちらにしても、キャッシングの申し込みには、本人確認が必要ですから、免許証のような身分証明書などが必要になります。
また、キャッシングの利用額によっては、収入証明書なども必要になりますので、あらかじめ確認を取っておく必要があります。
来店不要での申し込みや、インターネットでの申し込みでも可能な場合もあります。

一度、申し込みをしておくと、次回の利用の際にも手続きが容易になることもありますから、最初の申し込みを検討しておく必要があります。

ただ、あまりにも多くのクレジットカードの申し込みをしておくと、借入限度額を超える場合もありますから、キャッシングの同時申し込みができない場合もありますから、融資元にあらかじめ、確認しておきましょう。