景気がよくなったと認識するバロメータとしてローンなどの借金が挙げられます。普通に考えると不景気のときのほうがお金に困る人が多いので借金も増えるように思うのですが、実社会ではむしろ逆なのです。というのも不景気なときではお金を貸すほうも貸し倒れを回避するためにお金をあまり出したがりません。これが俗に言われる貸し渋りといわれるものなのです。

これは不景気の時の特有の現象で、お金の流れが少なくなってしまいますから不景気にさらに拍車をかけてしまうことにもなりかねないのです。いっぽうで金融会社がお金をどんどん貸したがる状況というのは景気が上向いている証拠であるともいえます。これは金融会社が景気を左右しているのではなく、お金の流れが増えてきているという自己分析の中で貸金量を増やしているということになるのです。

現在の状況がまさにそのようになっていますので金融会社としては少しでも多くのお金を貸し出したいというように考えます。多くある金融会社の中でほかの金融会社との差別化を図りサービスの良さが一番にわかる判断材料としてはキャッシングのスピードが一番であるといえるでしょう。

インターネットの広告では最短30分のスピードキャッシングであるとか、最短15分で融資可能というキャッチコピーもあります。これをすべて鵜呑みにすることはできませんが、金融会社がキャッシングスピードを上げているのは間違いのない事実のようですね。

スピードキャッシングの注意点

スピードキャッシングということですから、多くの人はすぐにお金を借りることができると考えると思います。それは間違いのないことで、通常であれば即日キャッシングという言葉がよく使われていたものですが、即日という言葉をスピードという言葉に変えたことからもわかるように、金融会社側の並々ならぬ熱意を感じることできると思います。

金融会社としてお金を貸してその金利が収益となるわけですから、いくらでもお金を貸したいというのが本音です。それでもお金を貸してそれがすべて金利を生めばいいのですが、中には破産する人が出るなどして融資した金額が焦げ付いてしまうことがよくあるのです。

ですから、金融会社としてはお金を少しでも多く融資したいという反面、確実に返済してくれる人にしか融資をしないという決まりがあるのも事実なのです。これは考えてみたら当然のことです。返済するあてもないような人にお金を貸す人はいないでしょう。安定した収入があるような人にしかお金を貸さないのはむしろ当然であるということがいえるのです。

ですので、お金を借りる側としては、自分の状況などを正確に金融会社に伝えなくてはいけません。それは現在の仕事の状況であるとか本人を確認できる書類であるとかは当然のことですが、必要になります。現在の仕事の状況というのはフリーターなのか正社員なのかということです。もちろん正社員のほうがお金を借りやすいのですが、フリーターでも収入証明書などがあれば融資を受けることは可能です。

スピードキャッシングは即日融資

現在の消費者金融会社を含めた金融会社のキャッシングは多くの場合において頭にスピードという言葉がついています。これは各金融会社が融資をする際にスピードを重視していることを端的に表しているといっていいでしょう。お金を借りる際にはすぐにお金を借りることができるというのは今に始まったことではなく意外にも思われるかもしれませんが、それは20年も30年も前からでも行われていたことです。とはいってもそのような昔となると、金融会社の窓口に行って必要書類を書いて融資を受けるということが一般的であったのです。

この場合は会社員であれば在籍確認として担当者がその場で会社に電話をして申込者の在籍確認をすることが一般的もあったのです。なにしろ本人が目の前にいるわけですから、本人が電話口に出ることはありません。

当然ではありますが、不在のむねを伝えられることになりますが、それで本人がその会社に在籍しているということが証明されるわけです。昔も現在においても会社に所属しているサラリーマンということであれば収入が安定しているとみなされて融資の手続きがスムーズに進むことは間違いありません。

昔と違って最近は、金融会社の窓口に出向かなくても家にいながらにしてキャッシングを申し込むことができる点です。しかもそれが即日ということになるわけですから、当時の金融業界を知る人にとっては、隔世の感があると感じている人も多いかもしれませんね。

スピードキャッシングを利用する際のポイント

長く人生を送っていると、お金に関してピンチを迎えるという人も少なくないでしょう。それが単純に今晩の飲み会のお金が足りないであるとか、急な不幸で手持ちにお金がなくて香典が包めないということもあるかもしれません。

金額がわずかであっても手持ちにお金がなければなんにもなりません。すぐに銀行に行けば済むということも時間帯によってはなかなかできませんし、常にキャッシュカードを持ち歩いているという人もそれほど多くないのではないでしょうか。いずれにしても急な出費を伴う場合を別として、当日に数万円や数十万円を急に用意しなくてはいけないという場面はそれほどないのかもしれません。

ただ、料金の支払いなどが銀行引き落としで残高が足りなかった場合、その多くは後日の再引き落としとなります。その後日というのが意外にも期日が厳しく、はがきなどで再引き落としの通知が来てもその期日が当日や翌日という場合もあります。そのようなときに数万円や数十万円といった引き落としができなかった場合は信用に傷がつくことも考えられます。

金融機関での信用の失墜はいろいろと生きにくいことにもなりかねませんので、お金の支払いはきっちりと行いたいものです。しかし、それでも先立つものがないという人も多いことでしょう。そのようなときに金融機関のスピードキャッシングを考えたいものです。借金の返済に借金をするというのはタブーとされていますが、このパターンが借金の理由として一番多いというのもまた事実なのです。

スピードキャッシングのアコムを利用しました

私は半年前初めてアコムでキャッシングを利用しました。大学4年生で、就職活動のための貯金が底をついてしまったからです。県外の大学から実家のある県まで何往復もしなければならず、まとまった大きなお金が必要でした。

友人や家族にお金を借りてもよかったかもしれませんが、やはり他人に迷惑をかけたくない、そのような思いからTVCMなどでよく耳にしていたアコムでキャッシングを行うことにしました。

アコムでキャッシングをする際は、無人契約機ですぐに審査融資を受けることができました。他人に見られることもなく、すぐに融資を受けることができ、大変満足しています。また、CMでやっているので知っている方も多いかもしれませんが、新規申込者には30日間無利息キャンペーンを実施しています。わたしもそれを利用して無利息で返済することができました。
就職活動で急ぎでお金が必要だったので、アコムのようなスピードキャッシングをしてくれる消費者金融にはとっても感謝しています。

結果として就職活動も成功して、本当にアコムにはお世話になったと感謝の念を感じています。