現代では、非常に多くの機関で融資を受けられるようになりました。消費者金融に銀行、カードローンにキャッシングに各種ローンなど、借り入れの幅は非常に広がっていますが、一般的に広く普及しているフリーローンの借入について説明していきます。フリーローンはお金が必要な方にとって非常に便利なサービスとなっていますので、しっかりとフリーローンについて確認して上手に利用しましょう。

まず、フリーローンとは担保や連帯保証人などを基本的に必要としない借り入れ方法のことを総称で言います。借り入れる側の信用情報によって貸付がおこなわれるため、収入が安定していて借金を多く背負っていない方の場合は非常に素早い手続で借り入れすることができます。

手続の方法は、まずお申し込み・審査・振込の流れになりますが、申込の方法は金融の窓口で直接申し込む方法と、キャッシングなどのようにキャッシュディスペンサーと呼ばれる専用の機械で手続をする方法、インターネットから申し込む方法や郵送・電話などの申込方法があります。近年ではインターネットが非常に発達していますのでインターネットを利用して申し込む方法が主流となっています。

申込をするには、インターネット上では名前や住所、振込先などの情報を入力します。その後、入力された情報に沿って審査が入り、消費者金融などでは小1時間もすれば新らの通過連絡が入る場合も多いですし、何か不備などがあればその連絡や確認等が電話でおこなわれます。審査が通ってから入金手続に移ります。営業時間内で審査が通って、振込先の金融の営業時間内であれば最短でその日のうちに借り入れが可能というわけです。

消費者金融と銀行

貸付をおこなう金融機関は非常に増えましたが、現代において借り入れができる機関は大きく分けて銀行と消費者金融の2種類になります。それぞれの違いについて考えていきたいと思います。

まず、消費者金融は貸金業法によって貸金業を専業とする民間の企業のことを指します。一昔前まではサラ金という愛称で呼ばれていたのはまさにこの消費者金融です。消費者金融ではキャッシュディスペンサーや無人店舗の普及など、貸金業界において非常に多くの業績と発展を見せてきました。古くから利便性が高く、少額な融資も柔軟に対応していたため、一般の人でも借り入れがしやすく、普及していきました。消費者金融では現在でも即日融資が可能な金融が多く、非常に素早い対応で利便性も高いのが大きな特徴です。

一方、銀行では古くから独自の融資制度をおこなってきました。銀行は消費者金融などのような貸金業法に則った貸金業者ではありません。銀行業法に基づいて銀行業を専業としておこなう傍ら融資というかたちでの貸金業もおこなっているのです。そのため、総量規制の対象外となっていたり、非常に高額な融資が可能であったり、極めて低金利での貸し出しをおこなってくれることで有名です。

銀行の一番の持ち味は、こうした古くから地域に根ざした人々の生活を支える欠かせない機関として信頼と安心が第一の起業であるということと、その多くのお金を取り扱う業種によって高額な融資を低金利でおこなえるところです。

消費者金融や銀行はコンビニのATMと提携しているケースが多いので非常に利便性が高いですね。いざという時にコンビニのATMからお金を借りれるので色々なケースで利用する事が出来ます。

プロミスの即日融資

では、即日融資が可能な金融について確認をしていきましょう。即日融資を売りにしている金融はたくさんありますが、まずはプロミスのご紹介です。「黄色い看板プロミス」のCMでお馴染みのプロミスは、テレビCMもそうですし黄色い目立つ看板でどこの都心へ行っても目にすることができます。プロミスのWEB契約で申込をすれば、画面上での情報入力になるので面倒な書類の手続も不要で、素早い審査によって最短即日で審査完了、振込可能なのです。

即日審査と即日融資は違います。借り入れの主な流れは、最初に説明してきたとおり、まずは申込があって、審査、振込の順番となっています。即日審査のところでは即日中に最短であれば審査が可能ですよというものです。しかし、即日で振込がされる保証はありません。即日融資の場合は、最短即日で審査がとおり、その日のうちに振り込まれるものとなります。

また、プロミスでは簡易的な借り入れ診断として、ホームページ上に3秒診断というものを用意しています。総量規制や収支の状況から判断して審査がすんなり通るかどうかの簡易的なWEB診断ができるのです。インターネット上で簡単な項目を入力すれば確認ができるようになっていますのでこうしたサービスも便利です。
借り入れの条件も20歳以上の人を対象としているため、大学生などの学生であってもアルバイトなどで比較的安定した収入が見込めるようであれば借り入れが可能となっています。

アコムの即日融資

アコムは、赤い看板で全国各地に普及している消費者金融です。「はじめてのアコム」のテレビCMでも非常に有名で、消費者金融をあまり利用しない人や全く利用しない人でも名前を知らない人はいないというくらい有名なのではないでしょうか?

アコムでは、即日融資が可能なだけでなく、最短審査回答30分という驚異的な早さで即日融資をサポートしてくれます。つまり、お昼に携帯電話やパソコンなどで申し込んだとして、30分後には回答の電話がかかってくると言うわけです。そこで問題なく審査が通っていれば、小1時間もすれば入金されるという非常に素早い対応で、急な出費をサポートしてくれます。もちろん、20歳以上であればパートやアルバイト、学生でも収入さえあれば借入ができますし、来店不要のWEB申込だからこそ素早い審査が受けられます。

ホームページ上には、簡易的なWEB借り入れ審査として3秒診断を利用することが可能ですし、融資可能額は最大500万円までとなっているところも非常に心強いです。急な出費が必要になって即日融資で少額のお金を借り入れて、その後長期的な計画で高額の融資を受けるということもじゅうぶんに視野に入れることができます。

もちろん、インターネット環境がない方でも自動契約機(むじんくん)によって21時まで申込が可能となっていますので、借り入れの幅も利便性も非常に高くて消費者金融としての持ち味を最大限に生かせていると思います。

モビットの即日融資

モビットは、竹中直人さんのテレビCMなどで有名な消費者金融です。モビットの借り入れを利用する大きなメリットとしては「WEB完結申込」というサービスが受けれるぶぶんにあります。

これは、WEBで全ての手続をおこない、WEBのみで借り入れを完結させてしまうと言うものです。通常の融資の申込では、インターネットなどから申し込んでも審査の連絡や確認事項に電話連絡があります。

しかし、電話で担当者と話したくないという人や、誰にも悟られずに借り入れをおこないたいという人も多いでしょう。WEB完結申込では郵送物を送付する必要もなく、電話連絡もないため、完全にWEBで手続を完結させることが可能です。

カードローンのカード申込では10秒の簡易項目で審査結果が表示されるなど、現代のニーズにあった非常に便利なサービスを展開しています。借入限度額も500万円までと、消費者金融のなかでは高額な融資を受けられるのも大きなメリットです。

消費者金融では今やほとんどの金融が即日融資を可能としていますから、あとはその他の条件によってどこで借り入れるかの目星をつけていくと良いと思います。たとえば、30日間の無利息期間があるところで借り入れることで給料日が来てすぐに返済できれば無利息で借り入れすることができますし、事前にこうした借り入れの条件などを各社比較しておいて万が一の借り入れに備えて、必要な時に素早く対応するというのがベストな方法かと思います。

アイフルの即日融資

アイフルは、テレビCMなどでお馴染みの消費者金融です。借り入れも最小額で1000円から借り入れができますので、本当に少額の不足金を借り入れで一時的に補うのにおすすめです。返済のプランも積極的に相談ができますし、金利18%で1000円を借り入れた時に1ヶ月にかかる金利もしっかりと計算式で明記してくれていますから、金利の計算もしやすく、非常に良心的な消費者金融と言えます。

返済のシュミレーションなども窓口へ足を運ばずともホームページ上でおこなうことができますから、来店不要での初めての借り入れでも安心して借り入れることができるのが大きなメリットとなっています。近年ではこうした消費者金融に銀行などの借り入れが可能な金融が増えていますが、その一方で消費者の借り入れに対する知識は向上していません。だれでもお金が不足してやむ負えず借り入れをおこなう場合が初めての借り入れになりますから、知識が不足していても当然です。

しかし、初めての無知な借り入れにおいてこうした消費者金融などの借り入れ制度はあまりに不親切なことがよくあります。アイフルでは、消費者の不安を取り除いて借り入れの計画やシステムをわかりやすく提示することで消費者にとってとても良心的な消費者金融になっていると思います。
アイフルで借り入れの計画や利息のシュミレーションなどをしっかりとした上で即日融資を受けるというのは多いに効果的な借り入れ方法だと思います。