三菱東京UFJ銀行カードローン

メガバンクの一つである三菱東京UFJ銀行は、大手銀行の中でも積極的に銀行をPRして三菱東京UFJ銀行の顧客サービスのイメージを強く出しています。三菱東京UFJ銀行のサービスの中でも特にカードローンサービスには力を入れているサービスとなっており、テレビCMにおいても頻繁に三菱東京UFJ銀行カードローンのPRを積極的に行っています。

三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックは、メガバンクの資金力を活かして利用限度額が最高500万円まで設定することができるようになっています。また、三菱東京UFJ銀行では大手銀行にありがちな固執した固定概念を拭い去り、三菱東京UFJ銀行に口座がない人でもカードローンを利用することができるようになっています。

また、カードローンを利用できる人も広く開口しており、パートやアルバイトでの収入や主婦、専業主婦の人でも申し込みができるように配慮されています。三菱東京UFJ銀行カードローンは、貸金業法の規制対象にはなりませんので、収入に関係なく審査に受かればカードローンを利用することができるようになります。

また、三菱東京UFJ銀行では早くからインターネット取引化を進めていますので、三菱東京UFJ銀行カードローンの申し込みもインターネットからできるようなっています。もし、パート収入でキャッシングが可能か不安に思っている人は、三菱東京UFJ銀行カードローンのホームページを見て自分がカードローンを利用できるのか照会してみましょう

イオン銀行カードローン

イオン銀行カードローンは、スーパー業界大手のイオンが直営するイオン銀行がサービスするカードローンキャッシングになります。イオン銀行は、イオンのショッピングセンターでの利用を想定して外部に店舗を持たずにイオンの大型ショッピングセンター内に店舗を置く仕組みとなっています。

その中でも、イオン銀行カードローンは、幅広い顧客層に対して利用ができるように配慮されています。特に、イオンでショッピング客の多くは、女性や主婦となることから利用限度額を低いものから高額キャッシングできるものと用意されています。

また、キャッシングに抵抗のある女性に対しても、イオンの店舗内にあるイオン銀行であれば抵抗なく窓口を訪れることも可能となり、イオン銀行カードローンの商品説明を受けることができます。イオン銀行カードローンは、自ら収入がない専業主婦の人においてもカードローンを使えるように配慮されており、利用限度額が30万円までと制限はされてしまいますが、収入証明や配偶者の許諾を必要とせずにカードローンの申し込みを行うことができます。

パートでキャッシングに不安がある人は、イオンでのショッピングのついでに、イオン銀行に立ち寄ってカードローンの説明を受けてみてはいかがでしょうか。イオン銀行では、その場でキャッシングが可能かどうかや、いくらまでキャッシングが可能かなどを説明を受けることができるようになっています。

モビット

モビットカードローンは、三井住友銀行直系の子会社となるモビットがサービスするカードローンキャッシングになります。モビットは、積極的にイメージをPRしており、テレビCMでも俳優の竹中直人さんと女優の夏菜さんが共演してユニークなCMとしても有名となっています。

モビットがサービスする商品は、カードローンのみとなっていますので、如何にカードローンの需要が期待されているかが伺い知れます。また、モビットのカードローンは、スピードキャッシングができることで大きくPRされていますので、スピードキャッシング競争の火付け役にもなっています。

モビットがスピードキャッシングにこだわるのは、モビットのカードローンサービスがインターネットでのサービスが中心となっており、モビット直営の店舗は存在せず親会社の三井住友銀行の営業窓口でもモビットカードローンのサービスを受けることができるようになっていますが、主体はインターネットによる合理化を図っているようです。

モビットは、消費者金融のサービスとなりますが銀行直系の消費者金融として、幅広い顧客層に対してサービスを展開しています。パートでキャッシングに不安がある人は、モビットのカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

モビットのカードローンはパート労働による収入でもカードローンが利用できるように配慮されています。また、モビットのホームページから簡単にカードローンが利用できるか照会できるようにもなっています。

アコム

アコムは、サラ金時代から続く大手の消費者金融業者の一つとなっています。しかし、現在は、メガバンクの三菱東京UFJ銀行に吸収されて三菱東京UFJ銀行グループの消費者金融としてカードローンキャッシングのサービスを展開しています。

アコムのカードローンは、基本的には三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックと同一商品となっていますので、安心して利用することができます。しかも、アコムは初めてキャッシングを利用する人に対して顧客が納得するまで丁寧に商品の説明を行いますので、パートでキャッシングに不安がある人は、是非アコムのフリーダイヤルか主婦の人であれば、女性専用ダイヤルに電話をかけてみてはいかかでしょうか。

アコムのカードローンは、パート収入でもキャッシングが利用できるようになっていますので、他に借入がない人であればパート収入でキャッシングが可能となります。ただ、アコムは消費者金融となるため貸金業法の総量規制の対象となってしまいますので、収入の3分の1までの借入限度となってしまいますので、パートでも内職に近い労働になると収入が極端に低くなるため、審査に受からない可能性も出てきます。

このような時は、アコムのホームページで簡単にキャッシングが可能か診断することができるようになっています。アコムのホームページでのキャッシング診断は、4項目だけを入力するだけですら、スマートフォーンからも難なく入力することができます。

プロミス

プロミスは、昭和から続く大手の消費者金融ですが、金融規制緩和によりメガバンクの三井住友銀行に吸収されることになり、現在は三井住友銀行の直営関連会社としてSMBCコンシューマファイナンシャルプロミスとしてキャッシングサービスを展開しています。

三井住友銀行のSMBCコンシューマファイナンシャルと社名も変更となったプロミスは、業務の合理化が図れたもののプロミス時代から受け継がれているキャッシングサービスは生き残っています。銀行系の消費者金融となって硬いイメージが強くなったプロミスですが、顧客サービスには定評があり、徹底した社員教育により接遇やマナーなど、一流ホテル並みの研修メニューとなっています。

SMBCコンシューマファイナンシャルプロミスのキャッシングには、女性専用のレディースキャッシングが用意されています。レディースキャッシングは、女学生からOL、主婦の人など女性向けのキャッシングサービスとなっており、パートやアルバイト収入においても、キャッシングサービスを受けることができるようになっていますので、パートでキャッシングに不安がある主婦の人などは、SMBCコンシューマファイナンシャルプロミスのレディースキャッシングがお勧めになります。

特にパート労働の多い主婦層においては、レディースキャッシングによりプロミスで好評の30日間無利息のサービスを受けることができますので、初めてキャッシングを利用する人は利息も得をすることになります。

ノーローン

ノーローンは、消費者金融シンキがサービスするキャッシングになります。消費者金融シンキは、事業者向けキャッシングではお馴染みとなっていますが、一般個人向けのキャッシングとしては知っている人は少ないのではないでしょうか。

消費者金融シンキは、新生銀行のグループ会社としてキャッシングのサービスを展開していますが、事業者向けキャッとシングはシンキとして、個人向けのキャットングは、ノーローンとして棲み分けられています。ノーローンと言えば、1週間の無利息サービスが受けられることで知っている人も多いのではないでしょうか。

ノーローンの1週間無利息サービスは、初めてノーローンのキャッシングを受ける人は勿論のこと、既にノーローンのキャッシングを利用している人においても、借入しているキャッシングを完済することで、次にキャッシングするときに再び1週間無利息サービスを受けることができるのです。

ノーローンのキャッシングは、パートやアルバイトの収入の主婦の人などにおいても、キャッシングを利用することができますので、パートでキャッシングに不安がある人は、ノーローンのホームページから簡単にキャッシングが利用できるかの診断を行うことができますので、ホームページにアクセスしてみてはいかがでしょうか。

また、パソコンが苦手な人は新生銀行やシンキ、新生銀行系列の消費者金融レイクの店舗においても、キャッシングの相談を受けることができます。