総量規制とは、貸金業者に決められている融資条件で個人への融資は、個人の年収の3分の1以内の範囲でしか融資を行ってはいけないというもの。

貸金業法の改正により、個人への貸付がこのように変わったので、それにより融資を受けるのが困難になってしまったという方も実は多いです。

そもそもこの法律は、簡単にいえば個人への貸金業者の貸付に行きすぎる部分があり、それにより破産者が増え、自転車操業で借金が増えて結果的に最悪な事態を生むケースが後を絶たない事から改正されたものです。

今では、グレーゾーン金利もなくなり融資に関する金利はすべて20.0%以下で利用出来るようになったので、以前のローン商品と比べ負担なく利用出来るものになってはいるものの、総量規制によって、借りたくても借りられずに頭を抱える人も少なくありません。

当サイトは、そうした総量規制によってローンを利用できない方が、スムーズにローンを利用できる、総量規制に関係なく借りられる融資機関を提供しています。

又、総量規制により借入出来ない方が、どのようにすると総量規制に関係なく融資が実現するのか?をわかりやすく紹介しています。

総量規制は、個人の借り過ぎによる様々な状況をセーブするための規制と考えられますが、それにより実際に借入が出来ない方も多いので、総量規制を改正したのが正しかったのか否かは、難しいところです。

いずれにしろ、貸金業者からの借入れは総量規制により年収の3分の1以内となりますが、すべての融資機関による借入がそうである事ではないので、総量規制により借入困難な方は、総量規制の対象外での融資を検討しなくてはいけません。

貸金業者の対象となる貸金業者とは、消費者金融業者のようにクレジットカードにより現金を借りられる業者等が上げられます。

仮に今現在、年収が300万円の場合、貸金業者からの貸付は100万円の範囲内という事になります。

例えば、この年収300万円の方が複数の借入をしている状況であり、なお且つ総量規制の範囲をこえるほど借入している場合は、貸金業者による借入はそれ以上出来ないということになるのです。

総量規制対象外のローンとは?

総量規制対象外のカードローンを取り扱っているのは、銀行、ネット銀行、信用金庫等。

もちろん労金等も総量規制に関係なく利用出来る融資機関です。

ただし、労金に関して言うと、労金は融資に伴うスピードが遅い。

なお且つ審査も厳しい傾向なので、総量規制で借入困難という場合なら確実とは言えませんが、結果も厳しいと考えられます。
ですが、銀行のローンは以前の銀行融資とは異なりスピードを重視している融資商品となるため、審査も早く融資も早い。

その上、審査も比較的柔軟傾向です。

なので、総量規制により借入出来ない場合は、銀行をはじめ民間の融資機関のスピードがあり、条件のよい融資を検討すべきです。
例えば、銀行のカードローンの中には、最大限度額「800万円」の融資商品もあり、この場合の金利は「3.0%~17.8%」。

この融資を利用出来れば、当然複数の借入をまとめる事も可能ですし、限度額が大きくなるほど金利はより負担なく利用出来るローンになります。

仮にこの融資が上手く契約可能になり利用出来れば「300万円」借りても返済は「45,000円程度」なので、複数の借金の返済を毎月している負担を考えれば、とてもその苦労を軽減できるものになります。

ただし、上限金利が「17.8%」という事で借入に伴い設定された場合、他銀行のカードローンよりも返済は割高になる事も否めません。

ですので、総量規制により貸金業者からの借入が出来ない場合の銀行ローン利用の際には、同じ銀行ローンでも金利部分はよく比較して、検討しなくてはいけません。
総量規制により借入出来ない場合は、悩むよりも先に総量規制対象外のカードローンを利用すればよいのですが、何度も言うように利用に際しては同じ銀行カードローンでも金利をはじめ、利用限度額やその他返済条件は大きく異なりますので、その部分はよく比較し検討しなくてはいけません。

銀行のカードローンをはじめ、他総量規制対象外の融資機関のカードローンは今や即日融資が適う時代です。

そのため、総量規制が施行された今、貸金業者での借り入れが出来ない場合は、好都合と考えより条件のよい融資機関をよく比較し、より条件が良く負担なく利用出来るものを選ぶ事が大切です。

総量規制が気になる時には?

貸金業法は、そもそも平成18年に設立されていましたが、貸金業者側の準備や対応、なお且つ利用者の影響を考え、段階的に施行されていました。

また、それらを含む貸金業者は、平成22年に総量規制を含み完全に施行される事となりました。

その後、案の定というわけではありませんが、借りられない人が急増しその影響を受ける方も急増しています。

借りられないと困るという方やその規制により死活問題だという方もいます。

この規制は、多重債務問題を解決すべく施行されたものですが、これにより影響を受け困惑する方も実は多いというのが今の実情だと思います。
では、総量規制が気になる方、総量規制により借りられない方は、どうすればよいか。

大体、総量規制で借りられない人というのは、仕事をもたず収入が無い方、もしくは総量規制の範囲以上に既に借入をしている方になります。

なので、根本的にこの両者は、仮にキャッシングをしても返済の目途が中々たたないと思うので、キャッシングを諦めるという選択肢は当然考えられますが、どうしてもキャッシングの必要性がある場合は、貸金業法に関係なくキャッシング出来るところを利用すればよいことになります。
貸金業者とは、信販会社のようなクレジットカードを扱う業者や消費者金融業者に該当するので、その他の銀行もしくは信用金庫、信用組合等を利用しキャッシングをすると総量規制に関係なくローンの利用は実現します。

ただ、クレジット会社(信販会社等)に関して言えば、キャッシングを利用する場合は貸金業法に基づいたキャッシング限度額、利用になりますが、ショッピングの利用の場合は貸金業法が適用されませんので、総量規制に関係なく利用出来る事となります。

いずれにしても総量規制により借入出来ずに困っているという場合、簡単な対処法としては総量規制の対象外の融資機関を利用する事ですが、あくまでローンを利用する場合は「収入」「返済能力」「借入状況」等が重要ですので、借りすぎには十分に注意しローンは利用しなくてはいけません。

条件の良い融資を選ぶには

総量規制で借りられないとお困りなら、総量規制対象外の融資機関を利用すべきです。

総量規制はそもそも貸金業者に設けられている規制ですが、それで利用できないのはかえって好都合と考えるべきです。
大体、貸金業者のローンは、金利が高め。

もちろん、今ではグレーゾーン金利も廃止されており、貸金業者は一律「20.0%以下」でローンは利用できます。

ですが、銀行融資はほとんどが「15.0%前後」で利用出来るものですから、借入できないなら「困った‥」ではなく「好都合」と考えるべきです。

融資の場合、金額にもよりますが、借入額が大きいほど金利の本の違いが負担になります。

貸金業者は、もちろん審査も早く融資も早いので急ぎには大変助かる融資といえますが、今では銀行のカードローンも審査は「最短30分」程度で終了しますから、貸金業者とほとんど変わりません。

しかも早い場合なら、数時間程度で融資も実現しますから、わざわざ消費者金融業者の融資を検討するよりも、はじめから総量規制対象外の銀行カードローンを利用すべきなのです。

ほんの2.0%でも返済の負担は大きく違いますので、総量規制を気にされ「資金繰りをどうしよう~」と考えるより、はじめから条件のいい銀行のローンを検討する方が選択肢としても賢明だと思います。
つまり、総量規制は「借りられないどうしよう~」というような制度ではなく、条件の融資を色々と吟味出来るものと考え、総量規制対象外の銀行ローンの中から自分により適したローンを選ぶ事が賢明です。

ちなみに、即日中に審査が実現し素早い融資が実現する総量規制対象外のローンは、都市銀行をはじめ、地方銀行、ネット専業の銀行、信用金庫等で取り扱っていますので、総量規制により借入出来ないという場合は、まずは各融資機関のローンをよく比較し、より条件のよいカードローンを選ぶ事により負担のないローン利用が実現します。

銀行といえども各銀行により借入利率や限度額は異なり、毎月の返済負担も違います。

総量規制が影響し借入困難である場合は尚更、融資が負担とならないものを選ぶべきなので、総量規制対象外で条件のよい銀行のローンが最適なのです。