住宅ローンの滞納を続けてしまうと思わぬ痛手を負ってしまう事になります。まずは住宅ローンを滞納してしまうとどのような事が起こってしまうのかをしっかり把握して、今後の対策をたてていく必要があります。

まず住宅ローンを1・2ヶ月滞納してしまうと、代位弁済手続き開始の予告という通知が届きます。これは、このまま滞納をしてしまうと分割払いをシャットダウンして一括返済で支払いをしてもらいます。という警告です。2ヶ月までの滞納ですと、警告で済むのですが、3ヶ月から厳しい対応になってきます。

3ヶ月滞納してしまうと、督促状が届き厳しい対応を取られます。滞納分をすぐに支払わないと競売にかけるという対応を取られてしまいます。借り入れしている先が滞納に厳しいところですと、すぐさま一括返済を求められる場合もあります。

そして6ヶ月滞納してしまうと、競売に出す旨の通知が送られてきます。こうなってしまってはもう手遅れといっても仕方ないでしょう。住宅を競売にかけられると、2~3割り安い値段で売られてしまうので、売れた額が残りのローンの額に満たない場合はもちろん借金として残ってしまいます。

こうなる前にしっかりと対策をとる必要があります。どうしてもお金が用意できないのであれば、競売にかけられる前に任意売却という方法を取る事をオススメします。任意売却は市場価格の売買と同様の額で売る事が出来ますので、競売にかけられ安く売られるよりも断然良いでしょう。借金の総額を減らしたいのであれば、任意売却に踏み込む勇気が必要です。

ただ単純に、事情により今月だけ支払いができず滞納してしまう!という場合には、キャッシングをして支払うという方法もあります。金融業者によっては無利息期間を設けている業者もありますので、金融業者から借りて一旦住宅ローンを支払う方法をオススメします。もちろん金融業者から借りたお金は無理の無い返済計画を建てる事で、今後の住宅ローンの支払いに極力影響を及ぼさないようにする事が出来ます。無利息融資を活用する事で負担も大きく軽減する事も可能です。

無利息ローンの基礎知識

無利息ローンとは、定められた期間を無利息とする条件付きの融資商品のことをいいます。
無利息ローンは、新規契約者を対象とした初回の利用時に限り、一定の期間を無利息としたものと既存の利用者で条件を満たせば、何度でも繰り返し利用できる商品があります。

無利息の期間は金融会社によって異なりますが7日間、30日間、180日間が基本で利用回数によってポイントが付加され、そのポイント残高に応じて期間が変わるサービスを設けている会社もあります。

無利息サービスの中には設定された無利息期間に一旦利息を支払い、後にキャッシュバックする変則的なサービスを行う会社もあります。この場合に注意しないといけないのは、無利息期間といえども金利負担分を準備しておかなければならないことです。

このように無利息ローンには様々な種類がありますが、初回のみの一度限りで利用する場合は金利も気にせず、無利息期間の長いものを選び有効に活用すれば良いわけです。

また、継続して利用する場合は、利用イメージを考えた上で計画に合わせた金利、金額、期間を選択することが重要になるでしょう。条件とされる期間内に返済できれば無利息で借金ができるわけですから、有効に活用するイメージは広がるのではないでしょうか。

無利息ローンで注意しなければならないのは、うっかり返済日を忘れてしまうことです。無利息期間を過ぎると安くはない金利がかかり本来のローンに戻ります。無利息ローンといってもあくまで借金をすることに変わりはありません。無理のない範囲内での利用に心がけましょう。

無利息期間の場合の利息計算

銀行カードローンや信販・クレジット会社のカードローンに無利息期間を設定している業者はありませんが、消費者金融会社には無利息期間を設定している業者が数社あります。

消費者金融会社の無利息期間は1週間と1ヶ月の2通りです。

従って、この無利息期間内に元金を全額返済すれば利息は一切掛りません。

しかし、無利息期間に魅かれて申込んだ人の大部分は無利息期間中に全額返済はできません。

従って、無利息期間の設定は消費者金融会社が新規顧客を勧誘する手段としては、有効な手段と言えます。

そして、無利息期間の場合の利息計算は、次ぎの様な形になります。

例えば、年率18%でカードローンを組んだ場合、1ヶ月の無利息期間を含めて2ヶ月で全額返済した場合は実質年率で9%の金利となります。

同様に1年で全額返済した場合は、実質年率16.5%の金利となります。

従って、借入期間が長く成ればなる程、無利息期間の意味は薄らぎます。

つまり、無利息期間を目当てに業者を選ぶのであれば借入期間が3ヶ月以内の借入であれば無利息期間が有効と言えますが、借入期間が半年を超える様な場合は無利息期間が有る業者が必ずしも有効とは限りません。

従って、借入期間が長くなりそうな場合は、他の融資条件も検討して業者の選定をすると良いでしょう。

無利息ローンのトラブル

消費者金融系の無利息ローンに関するトラブル相談が年々増えています。無利息ローンのトラブルの例をあげてみると、金利表記のトラブルが多いようです。広告でよく見かける無利息ローンの金利は下限金利から上限金利が表記され見た目にも金利幅が広いように思われます。

上限金利は利息制限法を超えない18.0%の限度まで下限金利は低いところで2.5%となっています。問題は、審査が通るまで金利の設定を知らされないことにあります。さらに金利の適用は個人の信用度によるものとされているので借り主としてはやむなく上限金利を受け入れ契約することが多いようです。無利息ローンを選ぶ際に金利は重要な選択肢ですが下限金利ではなく上限金利に着目することが注意する点です。

次に多重債務のトラブルです。新規で小額の借入からはじめ無利息期間を過ぎて金利が上乗せされ総支払額が膨らみ返済のために新たな借入を起こすといった多重債務のトラブルです。
多重債務も初期段階で解決すればよいのですが無利息ローンの場合、無利息の期間があるのでついつい新たな借入を繰り返し多重債務に陥ることが多いようです。
審査が甘かったので無利息の期間を過ぎた金利を気にかけなかった。

無利息の期間に返済する予定がうっかり返済日を忘れてしまった。トラブルの原因は様々ですがトラブルを回避するためにも無利息ローンの仕組みをよく理解し、計画性をもった利用方法を心がけましょう。