銀行ローンを利用すると言っても、銀行には様々なローンがあるので利用するローンによってどの銀行がよいとは断定できません。

やはり住宅ローン等は、ご自身のお住まいの近くにあり、取引のある銀行を利用する傾向にありますし、目的を持つローンの場合も同様に取引のある銀行を利用する方が金利も優遇される事が多い。

ただ、銀行ローンの場合は、色々な融資商品と共に金利においても色々で、固定金利や変動金利があり、この金利種類も認識し融資は選ばなくては後々「払えない‥」「どうしよう‥」とう事も起こり得ます。

銀行のローンを選ぶ場合は、まず審査傾向が気になるという方も多いですが、審査基準は大抵銀行の場合は「安定収入=返済能力の有無」が確保できれば利用を認めますので、そこをきちんとする事によりローンの利用は出来ると思います。

ただし銀行により年収条件、職業が限定される場合もありますから、その辺は申込みの際に事前に確認が必要です。

ただ、住宅ローンの場合は、ご自身での自己資金(2割程度)もきちんと用意し、返済負担である返済額の割合等もきちんと把握、認識して選ばなくてはいけません。

銀行はすべてが条件がいいと思うのは間違えで、銀行によっては消費者金融業者並みの条件でフリーローンを提供する場もあります。

また、それが仮に変動金利だとすれば当然返済におけるリスクが伴うローンとなりますので、銀行のローンを利用する場合は、金利のパーセンテージだけでなく、金利の種類もよく確認し変動金利はどのようなもので、リスクはどの程度あるものかも考えて融資は利用しなくてはいけません。

銀行ローンは、今や審査も早くなり、急ぎの場合にもチャンスの場合にも大いに役立つ融資機関となりますが、審査傾向はやはり消費者金融業者とは異なるので、その辺も含めローンは各銀行の融資商品をよく比較し検討するべきです。

又、銀行融資は条件がイイという先入観も商品選びには選択肢を誤らせる事になるので、そうした先入観を持たずに融資機関を選ぶ事も肝心です。

銀行ローンを選ぶ場合は、その利用するローンにより注目すべき点が若干異なりますが、やはり金利の部分はとても重要で「種類」「パーセンテージ」共にしっかりと確認し選ぶ事が必要であり重要です。

銀行ローンの審査傾向はやっぱり厳しい?

銀行のローンを利用する場合、各銀行の商品内容は十分に確認する事が大切です。

同じ民間の金融機関でもそれに伴う条件は異なるので、より有利なローン利用となるよう、比較する事は必要です。

銀行ローンといってもその種類は豊富ですが、仮に銀行のローンの中でも申込み条件が一番柔軟なフリーローンを利用する場合、それに伴う審査も若干厳しいと考えられます。

もちろん融資する以上は回収出来ないと意味がありませんので、当然申込みする方の返済能力は非常に重要です。

しかも返済が滞るようなリスク自体銀行は犯しませんので、その部分を考えても消費者金融業者よりは審査が厳しくなります。

ですが、選び方を変えることにより銀行融資も意外と楽に利用できる場合もあります。

それが銀行選びは特徴で選ぶという事。

例えば、カードローン(フリーローン)を利用するにあたり、その銀行選びには金融事業に力を入れている銀行を選ぶという事。

金融事業に力を入れている銀行のローンは、比較的審査傾向も他銀行より柔軟傾向ですし、独自の審査基準を設け他融資機関とは違う基準のケースが多いので、そうした銀行を選び申込みを行うと、審査の通過も期待できます。

つまり、大ヒントをいえば、銀行のカードローンは大抵信販会社や消費者金融業者が保証会社となりカードローンを取り扱っていますが、審査の比較的柔軟なカード事業に力を入れている銀行は、保証会社も自社グループを利用するというパターンとなります。

こうした部分に注目し銀行のカードローンを選んでいくと、通常よりも審査が通りやすいと考えられます。

ただし、こうした銀行でカードローンを利用すると必ず審査に通過するというものではなく、申込み者の属性によっては実現しない場合もありますが、銀行全般をみて審査傾向をみると、やはりカード事業に力を入れている銀行のカードローンに伴う審査は他銀行のローンへ申込むより確率的に利用できる確率が高まります。

職業について

銀行ローンを利用する場合、必ず申込みを行うと審査をします。

当然、銀行側はリスクを伴う担保無の融資を行いますから、融資に伴い審査を慎重に行います。

では、この審査には、職業や年収がどのように影響を及ぼすか。

例えば、銀行のローンを利用するにあたり職業を色々と変えているという方もおられると思います。

そんな場合、転職が多い、職を転々としているという事になりますので、審査に悪影響を及ぼすのではないか?と思いがちです。

確かに、以前の銀行融資は、職を転々としている申込み者のイメージは悪かったと思います。

しかし、昨今では、転職もキャリアを高める上で転職は当たり前の世の中なので、信用性の問題を左右する事は無くなっています。

ただし、勤続年数は何年等と銀行ローンの中には条件をつけられている場合もあるので、転職したての場合は、申込み条件をよく確認し利用する事もローンによっては必要ですが、結果的に「転職が多い=融資が行われない」という事は無いので、勤続年数の部分をあまり気にする事はありません。

ただ、中には本当に仕事が長く続かず職を転々としている方もおりますので、その場合は収入の安定性が疑わしくなってしまうので、多少審査に影響する部分はあると思われます。

この他、ローン利用に伴う審査には、住居区分というのもありますよね。

そこで、かりに申込む方が、引越が多いとか住まわれる環境の変化が多い場合はその理由により審査へも影響します。

ですが、中には職業上、引越が多い方もいて企業の命令や会社の命令により転入転出が多い場合もあります。

公務員の方でも転勤の多い方はたくさん要るので、その辺は職業により影響はありませんが、意味なく引越しが多く、住所がころころ変わるようでは、何らかの問題がある人と判断される場合もありますから、職業によっては住所の変化の多さも審査に影響すると考えて良いでしょう。

大体銀行ローンは、他融資業者よりも審査が厳しい傾向である事は確かなので、慎重に審査を行う上で職業等の部分はしっかりと確認し審査が行われるようになっています。

信用性について

銀行ローンを利用する場合は、信用性が非常に重要です。

住宅ローンをはじめ目的自由な融資商品でも信用性の高い、低いは非常に大切です。

銀行の融資は審査が厳しい。

これも全てのローンに当てはまるものではありません。

またすべての銀行にあてはまるものでもありません。

例えば、住宅ローンを利用する場合。

これは高額な融資、長期的なローン利用を行う融資商品なので高い信用性が重要となり、勤務形態、年収、債務状況等によりかなり慎重な審査を行います。

目的ローン等の場合も銀行により職業や勤務形態を確認し信用レベルをはかり融資審査の可否を決めます。

いずれにしても銀行のローンは、無担保ローンの場合何より信用性の部分を重視します。

つまり銀行ローンは、信用性が全てで、それを元に審査の可否を決めるので「信用性=返済能力のレベル」がいちばん重要です。

・信販会社からの借り入れがある

・債務がかなり残っている

・融資返済におけるトラブル有

・ローン返済に他のローンを利用した

これらの経験のある方は、銀行ローンの審査では結果が厳しくなりますし、信用性が低いとみなされます。

銀行ローンを利用する場合は、このように返済能力も重要ですが「返済能力=個人の信用性の高さが審査を左右」するので、信用性の低い方は銀行ローンの利用が厳しくなりますので、ローンを何とか利用したい場合は、審査の柔軟傾向の場所による利用を検討しなくてはいけません。

いずれにしても銀行ローンは、総量規制の対象外という事で、銀行により専業主婦の利用も出来るケースもあります。

しかし、銀行ローンは、やはり他融資業者より信用性のレベル基準が高い事も否めませんので、その部分をよく認識し利用は検討される事が大切です。

銀行のローンは、住宅ローン以外ほとんどが無担保での融資です。

そのため担保は個人情報となり、その情報で返済能力が低いとみなされることによりローン利用は難しくなります。

ですので、銀行ローンを利用する場合は、審査傾向の部分もよく確認しご自身の信用性も考えながら利用は検討する方が無駄な申込みをする必要がありませんし申込みの失敗を避ける事が出来ます。

身分証明について

銀行ローンは、大体住宅ローンを除いては無担保でローンを提供しています。

そのため、審査も慎重にリスクを最小限に抑え融資を行います。

大体、担保や保証もないのにお金を貸すのですから、貸す相手は慎重に観察し融資出来るか否かを判断する事となります。

そのため、過去に融資においてのトラブルがあるとか、延滞がある場合には、銀行審査でも融資できませんとなるわけですが、いずれにしても銀行は担保もなくお金を貸すので、審査は他融資業者より厳しくなります。

ところで、融資を受けるにあたり申込みを行うと運転免許証等の本人確認書類(コピー)を提出します。

この本人確認書類は、実はパスポートや保険証よりも信用性をみるためには運転免許証が役立つと言います。

それというのも、運転免許証は、そもそも運転違反を起こさない事により色別に扱われていますよね。

無違反の方はゴールドで、それ以外はブルーやグリーンとなります。

ゴールドは何年も違反を起こさず運転ルールを守る人という事になりますので、これが実はローンの審査にも意外と役立つのです。

「ゴールド免許保持者=規則を守る=信用できる」

無担保、無保証で融資を行うには、様々な個人情報で融資の可否を決めます。

しかし結果、お金を貸す相手はネット等で今では申込みも出来るので、見えないし、わかるはずもない。
それゆえに情報機関や申請内容、本人確認書類で相手をみる。

そこで、ゴールド免許保持者ならローン審査の上でも結構有利に運ぶという事なのです。

仮にブルーの場合なら、違反をしている相手だなという事になり他の情報で審査をします。
ただ、他に問題が無い場合は、それほど重視する事はない無い度と判断され、審査に影響する事はないですし、これが仮にグリーンでも免許取り立てなので、そのように判断される。

いずれにしても本人確認書類は、ゴールド免許であれば結構ローンの審査にも好影響を与えるので、ローンを申込む際には免許証のある方は免許証の提出がいいかもしれません。

ただ、免許証だけで融資の可否を決めるわけではないので、あくまでそれも審査の上でこのようにみられるという事なのです。