さて、最近では「スピードキャッシング」や「スピード審査、即日融資可能」といった表現を数多く目にします。
このようなカードローンやキャッシングの商品は、本当にその日のうちに借り入れをする事が出来るのでしょうか?
今回は、スピード重視のカードローンやキャッシングについて勉強してみましょう…。

多くの消費者金融系カードローンでは、「即日融資可能」もしくは「最短30分」といった表現を目にする事が多いです。
実際、平日の午前中にカードローンの申し込みを行い、審査がスムーズに行われた場合は、当日の三時までに指定の口座、もしくは融資の受け取りをする事が出来るようになっています。

しかし、申し込みのタイミングによっては「即日融資」が不可能な場合もあります。
例えば、土日や祝日など、カードローン会社や審査機関が休みのとき。
もしくは、夕方以降?真夜中にインターネットで申し込みをする場合等です…。
このような場合は、どんなに頑張っても受付を行う窓口が開かない限り、即日融資は不可能なのです。

このため、どうしても急いで「即日融資」を受けたい場合は、平日の午前中に受付や書類の提出を済ませておく必要があります。
また、書類においてのすべて「記入漏れ」や「書類の不備」が無い事は大前提です。
申し込む前に、きちんとチェックしてから提出する様に気をつけてください。

最近では、消費者金融といったカードローン会社だけでなく、銀行でも30分?40分で融資が出来るという「スピード審査」を売りにする所も多いです。
昔は、銀行ローンといえば「審査に掛かる時間が長い、受け取りまでが遅い、審査が厳しい」といった声が多かったのです。
しかし、現在はそれらの問題をクリアにして、多くの顧客を獲得する銀行も多く存在しているのです。

銀行カードローンのメリットは、低い金利にあります。
ぜひ、審査に通るようにきちんと準備をして、即日融資が受けられる様に気をつけましょう。

ネットキャッシングって便利だけど・・・?

最近では、どのカードローンやキャッシングサービスも「インターネットでも申し込み」を盛んに行っています。
これは銀行や消費者金融系、信販会社など、種類は関係ありません。
どこでも、パソコンや携帯、スマートフォンなどから、手軽に申し込みをする事が出来る様になったのです。

銀行でも殆どが、ホームページ上から審査の申し込み?書類の提出?審査結果の受け取りまでをオンラインで行う事が出来ます。
つまり、これまでのように対面でお金を借りにいく必要が無いのです…。

もちろん、インターネットを使わない方には対面申し込みの他にも「電話」や「郵送申し込み」は大変便利なサービスだと思います。
しかし、忙しい日中わざわざ「お金を借りる事」だけの為に、貴重な時間を割くのは勿体ないですよね?
家に帰って、夜のゆったりとした時間の中で、焦らずに「カードローン」を申し込めるなんて、大変便利なサービスだと思います。
その上、書類もわざわざコピーする必要もありません。
スマホのカメラや、パソコンのスキャナ、携帯電話のカメラ機能さえ持っていれば、そのままメール等で審査の受付に送信すれば良いのです…。

ここまで、便利になってきた「カードローンの審査」ですが、最近では更に「職場への電話連絡」や郵送での書類の送付まで簡略化(つまり、行わない)といった所も出て来ています。
このように、人と会わずに手軽に申し込めるのが、現代のカードローンやキャッシングサービスの大きな特徴です。

その他にも、お金を借りる際も家の中で、希望の振込先にオンラインキャッシングが出来るので大変便利です。
インターネットバンクを利用すれば、そのまま預金の中から返済をする事も出来るのです。
家から一歩も出ずに、しっかり借り入れ&返済の二つを同時に行う事が出来るのですから、これを利用しない手はありませんね。

どうすれば審査にスムーズに通れる?

カードローン審査に、スムーズに通れればこれほど嬉しい事はありませんよね?
今回は、クレジットカードやカードローンの審査にすぐに可決される為のポイントについておさえておく事にしましょう。

まず、カードローンやクレジットカード、キャッシング商品を申し込む際には審査が必要です。
本人確認の出来る書類、年収や収入状況の分かる書類、勤め先の社員証、その他にも様々な書類が必要になってきます。
自営業の方は、この他にも納税証明書や事業計画書が必要な場合もあるので、事前にしっかり確認しておきましょう。

そして、カードローンの審査では、申込者の職場へ「在籍確認」という電話での調査を行います。
調査と言っても、電話で「〇〇さんはご在籍でしょうか?」と、匿名で(カードローン会社の審査担当)が電話を掛けてくるだけなので、心配はありません。
審査では演技派の人もおり、決してカードローン会社とは分からない様に気を使ってくれるので、安心していて大丈夫です。

そして、在籍が確認出来れば「信用情報機関」といって、申込者の個人情報を持っている機関を通じて、申し込み書類に間違いが無いかどうかがチェックされます。
その他にも、収入の状況と借り入れ、返済の状況が細かくチェックされて「返済能力の有無」によって、融資が決定されるのです。

このように、信用情報を良くしておくことが「審査通過(合格)の鍵」となっています。
勤続年数は長ければ良いですし、派遣社員やパートタイマーよりも、正社員が優遇されます。
もちろん、正社員よりも公務員や医師、弁護士といった特殊な職業は更に優遇される傾向にあります。

また、主婦でも専業主婦とパートタイマーで兼業の主婦であれば、それだけでも審査に差が出て来てしまうのです。
住まいの形態、家族構成、そして年齢なども考慮される事が多いです。
あなたは、カードローンを借りられる「属性」でしょうか?
一度、ご自身でチェックしてみると良いでしょう。

総量規制はカードローンに対してどのような影響がある?

最近、非常によく耳にする「総量規制」の問題。
皆さんは、詳しく「総量規制」についてご存知でしょうか?
ここでは、総量規制とカードローンの関係について簡単に見て行く事にしましょう。

総量規制とは、2010年の6月に始まった制度で、簡単に言えば「年収の1/3を超える借り入れが出来ない」といった、借り入れと貸し付けの新しいルールになります。
それ以前のカードローンやキャッシングは、ある意味「無制限で無秩序」な所がありました。

主婦や学生に対して数百万といった大きな限度額で、尚且つ高金利で貸し付けが行われる等、回収の難しいような場合でも、消費者金融はポンポンと簡単に貸し付けを行っていたのです。
このため、数多くの「多重債務者」を生み出すこととなりました。
つまり、多重債務によって自己破産者はもとより、多くの方は毎月の高額な返済負担額に悩み、苦しむ事となったのです…。

このような社会問題を踏まえて法が改正され「総量規制」というルールが適用される様になりました。
しかし、総量規制の対象となっているのは「銀行以外」の場での貸し付けに限られます。
つまり、反対に読み取ると「銀行の貸し付け=総量規制外」となっているのです。
このため、銀行では多くの顧客が「低金利のおまとめローン」を利用する様になりました。
複数の借金を一本化して、低金利で借り換えを始めたのです。

このような新しいカードローンの出現や、新たな取り組みによって、多くの多重債務者の返済負担は小さく抑えられる事となりました。
また、近年では消費者金融でも「おまとめローン」を扱う様になってきました。
この場合、消費者金融であっても、おまとめローンに関しては「総量規制の対象外」となっています。
これは、多重債務者の救済目的で行われるローン商品だからでしょう…。

当たり前の事ですが、おまとめローンを利用した場合は「新たな借り入れは禁止」もしくは不可能となります。
これらのポイントを十分踏まえた上で「おまとめローン」を利用する様にしましょう。