クレジットカードやローン等に代表される融資を受ける際には「審査」というものが必ず行われます。お金を借りる人に対してどのぐらい貸せば良いのか?融資をする以上お金を返してもらった上でその利息を上乗せして支払う能力があるのか?ということを見極める必要があるからです。

それらの情報を収集蓄積しているのが「信用情報機関」呼ばれるところです。全国銀行個人信用情報センターや株式会社CICが有名な信用情報機関です。またそれぞれが独自に調査する場合もあります。

銀行やカード発行会社は融資の申し込みを受けるとこれらの会社から個人の信用情報を照会します。信用情報機関では過去の支払い実績や他のローンの利用状況、また過去に借入実績がある場合はその限度額、場合によっては購買実績までも情報として蓄積しています。

これらは与信情報として融資の際の判断基準になります。他にもいわゆるブラックリストと呼ばれている事故情報なども蓄積しています、これらは主に延滞や不渡り、強制解約などの情報のことを指します。特に事故を繰り返す人は要注意人物として取り扱われます。ちなみに○○年経てばブラックリストからは抹消される、とされていますが、信用機関の情報から消えても、銀行内の情報にはほぼ無期限で蓄積されることもあるので、くれぐれも事故は起こさないようにしてください。

「全国銀行個人信用情報センター」は銀行や信用金庫や銀行系保証会社が多く加盟しています。「CIC」は信販会社系や一部銀行系、実は自動車ディーラーなどの販売系も多く加盟しています。「全国信用情報センター」は消費者金融が多く加盟していますが、全国に展開している情報センターの窓口としての役割もあります。

フリーローンの借入審査

融資の中には「フリーローン」や「多目的ローン」と呼ばれるプランがあります。住宅ローンは住まいに関すること、自動車ローンは自動車に関すること、教育ローンは教育に関することを目的とする場合に融資を受けることができます。

そして、それらのどのカテゴリーにも属さないのがいわゆる「フリーローン」と呼ばれるものです。利用目的は原則自由ですが、事業用途への転嫁は禁止されている場合がほとんどです。

金額も少額から融資可能で、また目的のあるローンと異なり、あらかじめ申し込みを行い審査を受けておくことで、ネットやATMより好きなタイミングで融資を受けることができます。つまり、普段は使わなくても大丈夫だけど、いざということに助けてくれる便利な融資なのです。唯一のデメリットは「目的をもった融資より金利が高い傾向にある」ということです。

なんでも自由に使える便利なフリーローンにも審査はあります。しかし、大手銀行から信販系、消費者金融まで幅広く取り扱っていることもあり、審査基準が低い会社があります。

一般的に厳しいと言われる大手銀行でも消費者金融が保証するケースもあり、利用者の要望に対応できる環境を用意する傾向にあるようです。借入審査に際して気をつけるべきポイントは毎月の安定した収入があるかどうかです。

住宅や自動車のローンは正社員であるか?どのような会社に努めているか?が重要視されますが、フリーローンは毎月の安定した収入があれば、フリーターやパートタイマーでも融資を受けることができます。また収入の大小によって融資限度額が左右されます。

消費者金融の借入審査

消費者金融というと、厳しい取り立てや法外な利息を請求されるイメージがある人もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、最近はそのような先行したイメージを払拭すべく、業界をあげて広告宣伝活動にチカラをいれているようです。テレビコマーシャルに可愛いキャラを用意することや、音楽とキャッチコピーをつい口ずさんでしまうようなものもあります。また、大手銀行の傘下に入り健全な経営に取り組んでいる姿勢も伺えます。

そのような複雑な事情をもつ消費者金融からの借入審査に際して気をつけるべきポイントは「総量規制の対象になっているかどうか?」です。総量規制とは貸金業法という法律により、融資の総額が年収の三分の一以上ある場合、それ以上融資できないようにする制度です。

多重債務に陥らないように借り手にブレーキをかけている法律で、個人を守る役割があります。また過去の返済状況も重要で、返済遅延といった事故を起こしたことがあると、審査に落ちる可能性が増加します。信用情報は一度傷がつくとなかなか修復できないので、普段から気をつけるようにしましょう。

また、最近の傾向として、応募サイトやポイントを得るためにクレジットカードの申し込みや審査を数社まとめて一括で行う場合があります。

一度に複数、しかも一気に申し込みを行うと、多重債務者と認識され審査をパスできないこともあります。スマートフォンをきっかけに爆発的に広まったネット社会ならではの社会問題かもしれません。

銀行の借入審査

銀行の借入審査といっても融資によって審査傾向が異なります。

銀行の融資と言えば、住宅ローンをはじめ色々な融資商品があるので、その融資により審査の傾向は違います。
住宅ローンを借入すれば当然慎重な審査が行われ、年収や職業などの属性部分も細かくチェックされることになるでしょう。

目的ローンを利用なら、その目的に伴う証明書類等を用意して提出した後の審査となるため、この融資における審査も慎重に行われるはずです。

銀行の融資は、どの融資もかねてから時間がかかり審査も慎重であるというイメージです。
しかし、銀行融資の中には現在個人向けの融資もあって、そうした融資は保証会社に消費者金融業者をおいているため、審査も早くスピーディーな融資を実現しています。
そのため銀行で何らかの目的にキャッシングを必要とする場合は、このカードローンを利用すると審査が早く、傾向としても柔軟審査なので利用しやすいと思います。
銀行の借入審査は、紹介するようにその融資商品により違うわけですが、それでも銀行カードローンを利用する場合は、借入審査における「申込み内容の間違えがないように申込む」事が大切です。

申込み内容を誤って申込めば、それが違うとなる事により指摘される事はもちろんですし、嘘をついたと思われないとも言い切れず、なお且つ審査が最初からやり直しなどの事にもなりますから、銀行の融資を借入する場合は申込み内容に嘘をつかない事と、内容を間違えないようにする事が大切です。

仮に申込みの内容と契約内容が異なれば審査がやり直される事はもちろんの事、早い審査も遅くなりますし、結果自体が遅れてしまいます。
しかも、急ぎで当日融資が実現すると申し込んだはいいが、内容を間違えたせいで当日融資可能な融資も即日中に利用できなくなってしまいます。

そのため、まず基本となる申込みで内容を間違えない事が銀行の借入審査では重要です。
仮に、保証会社がある融資商品の場合なら、銀行審査と保証会社の審査も受けることになりますから、どちらも最初からやり直しになれば当然その分時間がかかりますので、銀行の融資で借入する場合は、申込みに誤りが無いか何度かチェックした上での申込みが大切です。
また、銀行のカードローンは、比較的審査が柔軟といえどもやはり銀行融資となるため年収や職業などの部分が審査には重要なので、バイトや主婦の利用はOKといっても年収がある方が審査も通りやすい事は確かです。
更に、借入状況等もやはり重要なポイントとなるため、銀行の融資を利用する場合は、ご自身の借入状況もよく踏まえた上で検討しなければいけません。

しかも金利が低いとはいえ、融資額により金利も異なりますからその部分も借入審査においては重要な部分だと思います。

いずれにしても銀行の融資を借入する際には、申込み内容をごまかさない事と、間違えの無いようにする事がいちばん重要になってくると思われます。