他社借入という言葉には実はいろいろな意味があります。または言葉の違いだけで、意味が同じ言葉もあります。言葉の違いだけで実は意味が同じなのは、前の内容で説明しました通りになります。他社借入はいい、悪いというのではなく、他社借入をした場合にはどんなことがあるのか、その事実を把握することが必要です。

そして、その事実を把握したら、そのことから目をそらさずにシッカリと向き合うことが大切です。そこで、他社借入をすることにより、どんなことが起きるのかを1つ1つ説明をしていきます。

逆にこのことさえシッカリと把握していれば、他社借入をすることがなくなる、つまりお金の使い方について気をつけることができるのです。先ほどは他社借入と多重債務には大きな違いはない、どちらも同じ意味であることを説明しました。そして、他社借入というのは、1つの借入先があり、他からも借入をすることになるわけです。つまり、複数のところから借入をしていることになります。では、その他社借入の数に限度はあるのでしょうか?

これに関しては法律で借入の数の限度は決められていないため、この数以上は借りられない、ということはありません。しかし、他社借入の数が多くなりますと、ローンやキャッシングをするために他社借入をした場合、その申し込みをした会社で審査を行います。そこで、他社借入の数が多い場合には、その時点で審査されない、つまり審査から落とされる可能性が高くなるのです。

他社借入がある場合に住宅ローンは組めるの?

他社借入と多重債務というのは違いがないことを説明しました。そして、まだ説明をしていない、他社借入には、いろんな意味が含まれることについては、一体どのようなことになるのでしょうか?他社借入というのは、大きな意味で捉えれば複数のローン会社などからお金を借りていることになるのです。そこで、お金の借入に関しても、いろんな用語があります。それはキャッシングとローンになります。

もし、あなたがすでに他社借入をしていましたら、どちらをしているでしょうか?実は、このキャッシングとローンという言葉に関しても、違いはまったくないのです。他社借入と多重債務と同様に、言葉の違いだけで意味はまったく同じになるのです。そのため、キャッシングだからいい、ローンは悪いということではない、つまり他社借入や多重債務をしていることには変わりはないのです。では、他社借入をしている場合、マイホームを建てるときに住宅ローンを使おうとしましたら、住宅ローンをすることはできるのでしょうか?

これは、住宅ローンをするローン会社や銀行の審査基準によって大きく変わってきます。そのため、他社借入をしている状態で住宅ローンができるかどうかは、何とも言えないのが実情です。ただ、やはり他社借入をしているかどうかも、住宅ローンをするための審査対象になるのは間違いありません。また、住宅ローンは多額のお金を貸し出しますので、他社借入が多ければ多いほど不利になるのは間違いありません。

他社借入がある場合にクレジットカードは作れるの?

他社借入に関しては、言葉で書きますと1つの借入先以外のところから、借入をしていることになります。意味としてはただ、それだけになります。ところが、その他社借入の裏にあることとしては、いろいろとあるのです。例えば、住宅ローンをするときなどにも、他社借入の数によっては、住宅ローンの審査にも大きく影響することを説明しました。そして、影響するのはそれだけではありません。

影響から派生して負担も増えることになるのです。他社借入をたくさんすればするほど、借入をしたローン会社などに返済する回数が1か月に他社借入をしている分増え、そして返済する金額も増えてしまうのです。そのことから、他社借入をするときには気をつけることが重要なのです。他社借入をしているときに、もしかしたらクレジットカードを作りたい、と思う人もいるかもしれませんね。では、他社借入をしているときには、クレジットカードを作ることはできるのでしょうか?

これも住宅ローンと同じように、複数借入をしているときには、クレジットカードを作るときのも影響することがあります。つまり、他社借入をしているときには、お金を借りる、そしてクレジットカードのように信用取引をする場合には、他社借入の状況も含めて審査の対象になるのです。

このような書き方をすると酷な感じがするかもしれませんが、お金の使い方で、ローン会社やクレジットカード会社は人を判断している、つまり審査をしているというわけです。

他社借入と多重債務の違いは

これから他社借入がある場合に関して気をつけること、または注意することなどを説明していきます。これを読んでいるあなたはきっと2通りの方がいると思います。1通り目は、まだ他社借入をしたことがない方で、これから他社借入をするとどうなるのか、どんな危険性などがあるのかを知りたいという方です。そして2通り目は、すでに他社借入をしている方になります。

どちらの場合に該当しましても、他社借入をする場合には、いろんな気をつけることはたくさんあります。そこで、これから事例や例え話などを入れながら説明をしていきます。そこで最初は他社借入と多重債務の違いになります。これにはどのような違いがあるのでしょうか?

まず、この言葉を聞いて、あなたはどちらの方が印象はいい、または逆に印象は悪い、と感じられたでしょうか?おそらくは、多重債務という言葉にはあまりいい印象はない、悪いと思われた方が多いのではないでしょうか?よく、多重債務をしたために、いろんなことをニュースやその他で聞いたことがあると思います。

では、結局のところどう違うのでしょうか?実は、違いはまったくなく、他社借入も多重債務も言葉の違いだけで、意味はまったく同じなのです。つまり、他社借入だからいい、多重債務だから悪い、ということはないのです。他社借入をしているということは、多重債務をしていることになるわけです。だからこそ、他社借入をする場合、またはすでにしている場合には気をつけることが必要になるのです。

今後他社借入をしいない様にする為には

他社借入をしたら、そのした数だけ返済の負担が大きくなってしまいます。その負担だけではなく影響に関しても前に説明したとおりになります。そして、他社借入をして少しでも負担を減らしたい、と思っていましたら、おまとめローンなどをする方法があります。

しかし、これに頼ってばかりになってしまいますと、またそれに甘んじて他社借入を繰り返してしまう恐れや可能性があるのです。そうなりますと、さらに負担が増えてしまい、本当に返済ができなくなることが起きてしまいます。そこで、重要なこと、つまり今後他社借入をしないようにするためには、どのようにすればいいのでしょうか?

やはり、これに関しては、もうこれ以上他社借入をしない、と強い意志が必要です。そもそも、なぜ他社借入をするようになったのか、つまりお金を借入しなくてはいけない状況はどうして作ってしまったのか、ということをもう1度見直す必要があるのです。そうしますと、そのお金の使い道に関しては、自分の欲しいものを買うためにお金を借入した、遊ぶためになど、ムダにお金を使っていることが多いのです。

実際に他社借入をあなたがしている場合、そのような心当たりはないでしょうか?つまり、そのようなムダに使うお金を減らして、節約することがとても大切になります。これはどんなに収入がある人でも、その収入に応じてたくさん使えば、収入に関係なくお金に苦労することになるのです。そのため、ムダなことにお金を使わないことが、他社借入をしないコツです。