融資を利用する場合には、金額に関係なく収入証明書類が必要になるものもありますが、各融資機関が決めた融資額に満たない場合は収入証明なく融資を利用出来るローンもあります。

カードローンは、比較的利用に際し収入証明書類が必要ありませんが、利用する額によって身分証明書類と収入証明書類が必要になります。

又、融資機関や融資業者によって、カードローンに収入証明が必要な利用限度額が違いますので、収入証明の必要の無い融資を利用する場合は、各融資機関、融資業者のカードローンの特徴をよく確認し、利用される事が大切です。

カードローンは、現在様々な融資機関で取り扱われています。

消費者金融業者、銀行、信金と融資機関、融資業者それぞれがカードローンを扱っています。

一般に消費者金融業者のカードローンは、50万円以内の融資を希望する場合、収入証明の必要はありませんが、50万円以上の融資を希望すると身分証明書類以外にも収入証明書類が必要になります。

又、銀行等が取り扱うカードローンは、各融資機関によって収入証明が必要になる利用額が違います。
例えば、50万円以上のローン利用で収入証明証類と本人確認書類が必要な融資機関もありますが、100万円のローン利用まで収入証明の提出する必要なく利用出来るローンもあります。

更に200万円までのローン利用まで収入証明が必要の無いカードローンもありますから、融資機関のカードローンを利用する場合は、収入証明の必要になる金額が各銀行によって違います。
ただし、一般に大手銀行の場合は、利用限度額を大きく希望する場合のみに収入証明が必要になるローンが多いです。

又同じ銀行でも地方銀行の場合は、カードローンを扱っているものの収入証明書類の必要金額は他融資機関や大手銀行とは違いますので、カードローンを利用の際には、そうした必要書類に関しても事前に確認し利用しなくてはいけません。

現在、カードローンは信用金庫などでも扱っていて同じカードローンでもやはり信金が扱うカードローンも収入証明が必要になる条件が他融資機関とは違います。

なので、カードローンを利用するといっても必要書類の条件等が融資機関や融資業者によって違い「50万円までのローン利用なら収入証明なく利用できます」というローンもあれば、「100万円までの利用なら収入証明が要らない」というローンもあり、なお且つ「利用200万円まで収入証明が要らない」とうものもあるので、利用する側が収入証明書類の有無なども確認し、利用しやすいカードローンを選ぶ事が出来ます。
そもそもローンを利用に伴い、みなさんが収入証明書類の提出をわずらわしいと思っているので、カードローンを利用する場合は、自分の希望する額により収入証明が要らない融資機関のカードローンを利用すれば煩わしさもなく簡単スムーズにローンが利用出来ると思います。

いずれにしても現在カードローンを利用に伴う収入証明書類の提出は利用額によって異なります。

中堅消費者金融業者のカードローン

消費者金融業者にも大手、中堅と存在しますが、審査が非常に心配という方の場合はカードローン利用にも中堅業者を利用される事が多いでしょうか?

ただ、中堅の消費者金融業者は、希望する金額に関係なく契約者本人を示す書類と収入証明書類の提出が必要になるので、利用の際にはそうした部分もよく認識し利用は検討する事が大切です。

しかも中堅業者が扱うローンは、金利も他融資業者より高めです。
最低金利、最高金利共に中堅業者のカードローンは高めに設定されるので、カードローン利用に伴い中堅業者を利用するのは、やはり十分に検討した上での利用が必要です。
又中堅業者のカードローンを利用する場合は、本人確認書類と収入証明書類以外にも書類が必要になる事も多く、場合によっては住民票の原本やその業者が必要と判断する別の書類も必要になる事もあるので、中堅業者のカードローン利用には、利用に伴う必要書類が大変多い事が考えられます。

なので、中堅業者のカードローンは、柔軟性はあるとはいっても面倒な手続きが多いと認識した上での利用が必要です。

■中堅業者のカードローンに必要な書類は?

中堅の消費者金融業者といっても各融資業者によって必要になる書類は違います。

住民票が必要になる業者もあれば、住民票の原本が必要になる場合もあります。
又給与明細が直近2カ月分も必要になる業者もありますし、給与明細や源泉徴収票が必要になる業者もいます。
又、その上さらに別な書類が必要になり、印鑑証明書類も必要になる業者もあるので、中堅業者のカードローンを利用するには、書類集めも大変で手続きも大変です。

しかも最短即日でカードローンを紹介していますが、場合によっては2日~1週間程度かかる業者もいるので、カードローンを利用する場合に中堅業者を利用するのはあまりお勧めできません。
ただ、そうした色々な書類を集めることにより、過去に融資トラブルがあっても融資する場合もあるので、審査に自信の無い方がどうしてもローンの利用を検討する場合は、適しているともいえますが、利用に伴う負担は大きいかと思われますので、利用する場合は負担の面をよく考えて検討される事が大切です。

消費者金融業者のカードローンは収入証明書が必要?

消費者金融業者のカードローンは、収入証明書類が基本いりません。

ただし、収入証明書類が必要になる事もあります。

消費者金融業者のカードローン、フリーローンを利用する場合は借り入れ金額が、50万円以上を希望する場合にのみ必要となります。
これは各融資業者共に同じで50万円以上の融資を希望する場合は、収入証明書類の準備が必要です。

また、他融資業者の借り入れがある場合は、その額によって希望する額が50万円に満たない場合でも収入証明書類の提出が必要になる場合もあります。

基本的に消費者金融業者のカードローンを利用する場合に収入証明書類が必要になる事が多く、銀行やその他融資機関よりも収入証明書類が必要になるのは消費者金融業者のカードローンです。

そのため、カードローンを利用に伴い面倒な書類の準備が無い方がイイという場合は、消費者金融業者のカードローンを利用するよりも銀行等が扱うカードローン利用がお勧めです。
消費者金融業者のカードローンは、50万円以内の利用のみ収入証明書類の提出が必要ありません。

■消費者金融業者のカードローンは必ず収入証明が必要!?

消費者金融業者のカードローンは、収入証明が必ず必要というわけではありません。

基本的にカードローンを少額で希望する場合は収入証明書類が要りませんが、申し込みされる方に借り入れがあり、その総額が多い場合には、希望する金額が少額でも収入証明書類が必要になります。

そのため、平均にカードローンを利用するに伴い収入証明書類の必要になるローンというのが、消費者金融業者のカードローンになるため、わずらわしい書類提出が無くカードローンを利用するなら消費者金融業者のカードローンは適しません。

また、審査が早く柔軟だとはいっても最近は総量規制の問題もあるので、比較的簡単に借り入れできるカードローンと言えば、消費者金融業者のカードローンではなく銀行等を含めた融資機関の方が借り入れしやすいカードローンを扱っていると思います。

しかも他融資機関の方が、金利も多い場合で8.0%程度低くなるため利用負担も少ないですから、カードローンを利用する場合は負担の面も十分に考えて選択する事が大切です。

銀行のカードローンは必ず収入証明書が必要?

銀行のカードローンは、収入証明の提出なく利用可能です。

もちろん、銀行といえども大手銀行、都市銀行、地方銀行などと色々あるので、その融資機関により書類の必要性は事なりますし、書類提出が必要になる利用額も違います。
そのため、銀行のカードローンを利用する場合は、各融資機関の「申し込みに必要な書類」の欄を確認し事前に書類を用意しなくてはいけません。

ただ、銀行のカードローンで、大手銀行の場合は特に希望する金額が大きくなる時にだけ収入証明が必要になります。
例えば、限度額100万円以上を希望する場合のみ収入証明書類が必要な場合や限度額200万円以上を希望する場合に収入証明書類が必要になる等のように利用する金額が大きくなる場合だけ、収入証明が必要になるローンが多いので「借入金額は100万円ぐらいで収入証明の提出なくカードローンを利用したい‥」という場合は、大手銀行が扱うカードローンの利用が最適ですし、お勧めできます。

■銀行のカードローンの収入証明は何が有効?

銀行のカードローンは、希望する借り入れする額により収入証明の必要性が事なります。

そのためA銀行は100万円の限度額で収入証明が必要だけど、B銀行なら収入証明が200万円以上の利用まで必要ない等と違います。
なので、銀行のカードローンは、自分の希望する額によって収入証明の有無が異なるので、わずらわしい書類提出が嫌だという場合は、自分がローン利用に必要な希望額と各融資機関の必要書類の欄をよく確認し、どこで借りるかを検討すればわずらわしい書類提出なくカードローンは利用できます。

平均に銀行のカードローンは収入証明書類なく利用出来るローンと言えるわけですが、金額が大きくなれば収入証明書類が必要になる事は仕方ありません。
銀行が収入証明として認めるのは、源泉徴収票や給与明細、確定申告書などなので、これらの書類はいずれの書類を利用の場合でも新しいものが有効なので、直近のものを用意しましょう。

カードローンは、利用額が低ければ収入証明書類なく借入出来ますが、銀行の場合は100万円~200万円の融資で収入証明書類の提出が必要になる傾向です。