借金に男性女性の区別はないということがいえると思うのですが、カードローンなどを提供している銀行や消費者金融会社などの金融会社では女性専用ローンという金融商品を出しているところが多くなってきました。女性専用ですから、男性が利用することはもちろんできません。なぜ女性だけのための専用ローンなのでしょうか。これは多くの人にとっては謎が多い部分であるといえるかもしれません。

それでも考えてみると昔から、借金というと男性の専売特許のようなイメージがあります。「飲む打つ買う」という言葉は男性が使う言葉であってこの言葉は女性には適用されません。

というのもお金を借りるというのもある程度の信用がないとできないということでは、女性の社会進出がまだ現在ほど一般的ではなかった時代であれば、女性がローンを組むなどということはなかなか現実的な問題ではなかったといえるのです。もちろん昔からローンなどの金融商品はありましたし、それは女性でももちろん組むことができる、あるいは申し込むことができる金融商品であることは間違いありませんでした。

しかし、安定した収入がないとローンを組むことができないことを考えるとなかなかそれに合致する女性が昔はいなかったということが現実であったといえるでしょう。

しかし、現在は全く違います。現在は男性以上に女性が頑張っている時代です。しかし、いざ借金となると女性では気がひける人が多いのもまた事実であるといえるのです。現在は女性が頑張っている時代です。男性以上に一人で生きていく女性が増えているのも女性の社会進出を物語っているといえるでしょう。ただし、それが少子化傾向に一層の拍車をかけているのも事実だという人もいますし、このあたりはまた根本的で深い問題が隠されているような気がします。

いずれにしても女性の社会進出に合わせて今まで男性が主に利用していた分野にどんどん女性が進出しているのもまた事実なのです。その一つの例として女性専用ローンがあげられているというわけなのです。

もっとも女性専用だからといって、男性よりも金利が低いということはないようです。これは性別で差別をしないように法律で定められていますので、女性のほうが男性よりも金利が低い状態で借りることができるということになれば全国の男性債務者も黙っていないのではないでしょうか。
そのようなことから女性専用ローンだからといって金利が低くなるということはありません。それでは女性専用ローンのメリットはどういうところにあるのかといことになると思いますが、まずは女性専用というローンであるということ、そして金融会社側のスタッフが全て女性であるという安心感、これが一番大きいことだと思います。

とかく借金というと暗いイメージがつきまとうものです。また、女性は借金の存在を男性には知られたくないと思っています。それらを考えると女性専用ローンの存在意義もおのずと確定してくるといえるのではないでしょうか。

主婦でも借りれるローン

主婦といっても、パートやアルバイトをして家計を支えている人も立派な主婦といえます。この場合は収入があるということですから、女性専用のカードローンなどに融資の申し込みをすることができます。

消費者金融会社で融資を受ける場合は総量規制の対象となることが多く、パートやアルバイトということであれば総じて年収が限られてきますので、おのずと融資を受ける金額も制限が加えられます。この総量規制というのは年収の3分の1まで融資を受けることができるというシステムなのです。

これは個人向け貸付けに対して有効ということなのですが、私たちが個人で融資を受ける際にはいずれの場合でもこの総量規制の対象となることになります。主婦の場合であれば、多くの場合で年間の収入を103万円以内としている人が多いことでしょう。

そうなると総量規制である年収の3分の1を考えると、融資を受ける最高の金額で30数万円ということになります。これが主婦が借りることのできる最大の金額ということになるのですが、これはあくまでも消費者金融会社などで借りる場合であって、銀行などでお金を借りる場合、銀行は総量規制の対象外ということになっていますから、年収の3分の1を超えても融資が可能ということになっています。

こうなってくると、総量規制というものは消費者金融会社いじめの何物でもないような気がしますが、現状はそうなっているので多くのお金を借りたい場合は銀行に相談した方がいいということになりますね。

女性専用のブライダルローン

女性がお金を必要とする場面はどのようなときでしょうか。女性は一般的に男性と比べて堅実である場合が多いと思います。男性の中には趣味が高じて趣味に対して借金を重ねる人も多いのですが、その傾向は女性にはあまり見られません。

それでも好きなことにはお金を惜しまない傾向があるのは女性でも同じということがいえるでしょう。特に多いのがエステサロンや整形などでお金が必要になることです。特に整形などは多額なお金が必要となります。女性の場合顔にコンプレックスを感じている人が多く、それがお金で解決するのであれば、いくらお金を積んでも痛くないという人が出てくるのも理解できます。

ですから、女性専用のカードローンを使う場合の用途として、このような整形に関するものがとても多くなってきているのです。そして最近では、エステサロンに多額のお金を必要とする場合も多くあるようです。

また、結婚資金でお金を借りるという人は少ないのですが、それに関連する費用としてブライダルエステでお金を借りる女性が多いのも特徴といえるでしょう。人生の晴れ舞台といえる結婚式も、最近では地味婚といわれるくらい費用を絞るようになってきました。

その一方で自分を磨く部分に関しては天井知らずとまではいいませんが、それなりにお金をかけるのもいとわない風潮が女性にはあります。それが結婚という人生の晴れ舞台の中で、いかにきれい見せようかというところでブライダルエステの出費となり、その費用を女性専用のカードローンで調達しようということになるのですね。

女性専用のローン審査

他の項でも書いたように女性専用カードローンは一般のカードローンと内容については何ら変わるものではありません。ですから、女性だからといって審査や融資が大丈夫ということはありません。一部の人の中には、女性専用のカードローンの審査は何とかなるという誤ったイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、それは幻想にすぎませんからすぐに考えを改めたほうがいいでしょう。本来審査というものは信用調査機関が行うものです。現在は昔と違って消費者金融会社が審査をするのではないのです。ですから、審査ではあくまでも男女の性別で差が出るということはありません。

あくまでも機械的に処理をされますので、性別でどちらが有利に働くということはないのです。一部の女性専用カードローンを紹介するサイトでは、女性が借りやすいカードローンという文言で、借りやすいのであれば審査も大丈夫であろうという誤った認識を持つことがあります。

これはどうしても文章的なあやというものがありますので、捉え方にもよるのですが、女性だからといって審査が大丈夫ということは絶対にありませんので、それは根底にしっかりと持っていたほうがいいでしょう。

それよりも融資を受けることで、その先にある返済計画をしっかりと考えたほうがいいのは当然のことだといえます。男性からしてみれば、女性専用というところで男性に比べて何が有利なんだろうと考える人が多いのもわかるような気がしますね。