私達が今の社会の中で不自由なく生活を送る為に、お金は必要不可欠なものでもあります。住む場所を確保し、食べ物や衣服を買い、水道や電気、ガスなどの、生活環境を維持していく為に、毎月決まった収入が必要になるでしょう。

また、生きて行く為の必要最低限の事だけでなく、例えば、自分が資格を得る為の資金や、子供に教育を受けさせる為の教育費、冠婚葬祭における人との関わりの中で必要になるお金など、様々な場面で、経済的な負担は関係してきます。今の暮らしをより良いものにする為に、より収入を得る為の方法を検討する場合もあるでしょう。ですが、経済計画を立て、行動に移す上では、予定通りに進まない事柄が出て来る時もあります。

毎月の収入は決まっていても、仕事の視野を広げる為にまとまった資金が必要になったり、子供の進学にかかる費用も一度にまとまったお金が必要になったりする事があるほか、急に冠婚葬祭のお知らせが入って来る時もあるでしょう。近年では、仕事に就く事の難しさについて挙げられる事柄もあり、安定した収入、満足できる収入を得る、というのも簡単にはいかない部分があります。

このような現状の中で、毎月の決まった収入の中から、もしもの時に備えて貯金をしていても、十分に対応できない、という場合もあるのではないでしょうか。起業をする、というような大がかりな作業の場合には、必要資金もある程度高額になりますので、誰かのサポートを受ける、という手段をイメージしやすい事もあるかと思いますが、金額の大きさに関わらず、毎日の生活の中でサポートの必要性を感じる時もあるでしょう。

経済的なサポートでは、このような身近な自分の生活に注目して探してみる事もできます。テレビのコマーシャルなどでも目にする時がありますが、お金を借りる、という事は、個人の生活を成り立たせる上で役立つ場面もあるでしょう。ただ、誰でも好きなように借りられるという訳ではなく、条件もあります。また、トラブルに関する内容も挙げられる事がありますので、具体的に行動に移す際には、注意事項をしっかりと認識する事も大切なポイントになるでしょう。

このような環境の中で、専業主婦、という立場にいる人は、不便さを感じる時もあるのではないでしょうか。融資の条件においては、専業主婦にとって自由な条件ばかりとはいえない部分がありますね。専業主婦は社会に出て一般的に働くという作業はしていなくても、日々の家事に従事しながら、家族のサポートをしたり、家族の生活を維持したりと、家の中での大切な役割を担っています。

行動に対しての具体的な金銭として収入を得ていなくても、ほかの仕事と比べた差を一概に挙げる事は難しいのではないでしょうか。社会環境の中では、融資のように、社会的な制限を感じる時もあるかと思いますが、専業主婦が融資を受けられる方法もありますので、まずは、視野を広げて、いろいろな情報を集めてみましょう。自分に合った融資を受けられる所を探す事も大切です。ここでは専業主婦の方のための融資情報をご紹介していきたいと思います。

専業主婦がお金を借りれるのは銀行カードローンだけ!

専業主婦が融資を受けれるのは銀行のカードローンのみです。何故かというと銀行カードローンは総量規制の対象外なので年収が無くても表面上で借りれる事となっています。もちろん結婚しておらず無職で…という方には総量規制対象外といっても審査に通過する事はかなり難しくなるかと思います。

わたしは専業主婦で旦那がきちんと収入を得ていたので何とか銀行のカードローンの審査に通過する事が出来、融資を受ける事が出来ました。きちんと旦那にも伝えてカードを手にしているので後ろめたさもありませんが、もし旦那にバレずにお金を借りたいといった方にはオススメの借入方法があります。

まず収入証明書が不要の銀行カードローンを選ぶという点がポイントとなっています。そして収入証明書が不要と謳っている銀行でも、収入証明書の提出を求めてくるところもあるようなので、配偶者の収入証明書を用意しておきましょう。3ヶ月分の給料明細を持っていけば確実かと思われます。

そして無事に審査に通過する事が出来たらカードが後日郵送されるのですが、極力カードは窓口で受け取るようにする方法をオススメします。実家にカードが届いてそれを旦那が受け取ってバレてしまったというケースは多くありますので、極力窓口で受け取る事。

窓口で受け取るという事は全国的な銀行がオススメですので、私がオススメしているのは三菱東京UFJ銀行のバンクイックというカードローンをオススメしています。ここならWEBから申し込みが出来ますし、窓口でカードを受け取る事も可能ですので、こっそり借りたい専業主婦の方にはとってもオススメです。

専業主婦が融資を受ける際の難しい部分

専業主婦の融資情報、というカテゴリのように、誰にでも当てはまる融資情報ではなく、専業主婦に限定された情報の項目があるのはなぜなのか、と感じる時もあるかもしれませんね。

それは、融資を受ける側の立場として、専業主婦の場合には、少し困難な面が見える事が挙げられるでしょう。例えば、パートやアルバイトをしながら主婦をしている人や、夫婦共働きでお互いにそれぞれ仕事を持ちながら生活をしている人、など、既婚女性にも様々な生活のスタイルがあり、専業主婦のように、家事や育児等の家の中の仕事を主に行っている主婦だからと言って、優劣を挙げる事はできませんが、社会的な立場としては区別されてしまう場合もあります。

融資を受ける際にも、専業主婦である事によって、困難になってしまう場合がありますが、まずは、これらの内容から把握しておくのも良いでしょう。

まず挙げられるのが、社会に出て働く事で得られる個人的な収入がない、という事です。これは、融資を受ける為のよく挙げられる条件とも関係がありますが、総量規制と呼ばれる内容についても見てみましょう。総量規制については、個人的に借りる事のできるお金の額が年収の3分の1の額までに制限される制度、となっていますが、収入がない事と関係し、専業主婦にとって融資が難しくなるポイントでもあります。

ですが、専業主婦という立場にいるから、全く融資が受けられないという訳ではありません。融資を受けられる所は多いとは言えない部分もありますが、これらの弱点も理解しながら、自分に合う条件の所を探してみましょう。

専業主婦の融資とは?

専業主婦の融資情報、という言葉を見た時に、なんだか難しそう、と感じてしまう人もいるのではないでしょうか。見慣れない言葉や聞き慣れない言葉を目にしただけで、難しそう、自分にできるのだろうか、と感じてしまう時もあるかと思います。ですが、このような慣れない言葉も、意味を調べて自分なりにイメージしてみると、苦手意識もだんだんとなくなってくるでしょう。まずは、融資という言葉の意味から概要を見てみるのも良いですね。

資金を融通すると書いて融資、言葉の意味もそのままですが、より簡単な意味を探ってみると、必要なお金をやりくりする、都合をつける、というような言い方もできるでしょう。使い方では、融資を受ける、というように表現する事があります。また、関連のある言葉として、ローン、というキーワードがあります。ローンの方がなじみがあると感じる人もいるかもしれませんね。

ローンは、英語では、loanと表しますが、お金を貸す事、貸付金、などの意味があります。日常生活の中で検討する際には、お金を借りる事の方をイメージする事もあるでしょう。キーワードだけを見てみると、このように、双方の立場でイメージする内容が違ってくる場合もありますが、融資を受ける際には、お金を借りる事だけでなく、お金を返す事も合わせて考えていく必要があります。

具体的な流れの中では、信用との関係について挙げる事もできますが、借金をする、という概念についても考えてみましょう。これらの内容も踏まえながら、専業主婦の融資情報を探していきましょう。