「お金を借りる」「お金を借りたい‥」「今すぐお金が必要‥」

お金が必要と思う理由は様々ですが、お金が必要と思う事は誰にでも起こり得る事。

当サイトでは、そんな要り用の際の秘策をお伝えしています。
お金が急に必要になるという事は、誰にでも起こり得る事です。

例えば、今月は付き合いでお金がかかり「給料日までお金が持たない‥」なんて事もよくある話です。

ですが、お金は急に湧いてくるわけではないので、困ってしまいます。

そんな「借りたい!」と気に役立つ方法が、お金を借りるという事です。
現在では「お金を借りる」方法がいくらでもあり、それを提供する場も非常に幅広いですが、お金を借りると必ず「返済」がありますから、賢く上手にお金を借りるためには損をしない借り方をきちんとする事。

例えば、最近はお金を借りることでポイントがたまり、ポイントが色々なものと換えられるキャッシング、カードローン等もありますから「お金を借りる+景品と交換」というメリットがあり、お得なお金の借入につながります。

更にお金を借りるにしても、すぐに返せる予定がある場合は「無利息のキャッシング」を利用すると通常借入に伴い必要となる利息がかからずにキャッシングである借入ができるので、非常にお得です。
このようにお金を借りるためには、それに伴う融資商品は多いので、より賢い選択になるような必要もあり、お得な借入れにつながるように条件のいい融資商品を選ぶ事が大切です。

また、利用の仕方によってキャッシングの種類を変えることで、無利息でキャッシング出来たり、お得なサービスが受けられる事になるので、お金を借りる場合には、各融資機関、融資業者の融資をよく確認しじっくりと見比べ決める事が大切です。

同じカードローン、即日融資でも各融資機関によって条件やその融資の内容は全く異なるため、利用の際には例え急ぎの要り用であってもよく比較し検討する事が、賢いお金の借入につながります。

お金をどこで借りるか?

お金を借りようと考えたら、まずはどこで借りるかを考える事。

例えば、簡単に親や兄弟(姉妹)から借りるという事も出来ます。
ただ、この場合、近隣に住んでいる、もしくは一緒に住んでいないと中々借りづらいところもあると思いますし、心配かけたくないというなら借りる事はできません。

しかし、やはり親や兄弟に借りる場合は、利息がつきませんから、その点がメリットとなりますので、お金が必要と思った時には、身内の人から借りる事も視野に入れ検討してみる事が大切です。

無理して利息のかかるお金を借りるより、お金が必要で頼れる方が要る場合は、そちらを優先に考えてみる事も大切です。
また、お金が必要という場合に友人から借りるという方法もありますが、知り合いにお金を借りる場合は、きちんと返せるあてが無い限り借りる事はお勧めできませんし、何らかのトラブルが発生しないとも言えないので、やはりお金が必要という場合でも、知り合いに借りるという方法はあまりお勧めできません。
なので、お金が必要という場合で、なおかつご自身に安定した収入を得ている場合は、気兼ねなく利用出来る融資機関を利用する事が一番てっとり早いと思います。

もちろん、融資機関や融資業者の場合は、借入するに伴い審査がありますし、当然、審査をクリアしなければ借入も実現しませんので、審査等が気になるところですが、身内や知り合いにお金を借りる場合、どうしても返済に伴い甘えも出てくるのが一般でルーズな対応になる事も考えられますから、お金が必要という場合には、きちんと計画的な利用の出来る融資機関のローン等を利用する借入がお勧めです。
ただし、融資機関のローンもしくは即日キャッシングには、それに伴う融資商品が実に多いですし、同じように思えてしまうので、適当に人気だからと選択も失敗しがちです。

なので、お金が必要という場合に融資機関や融資業者を利用する場合は、必ず同じカードローンでも各融資機関の商品をよく確認した上で「どこで借りるか?」をじっくりと決める事が大切です。

金利を学ぶ

まず金利とは、そもそも借入に対するレンタル料と考えれば簡単ですね。

金利の他にも利息や年利、利率、利子等もよく聞く言葉ですが、利息と金利、利子は、同じもの。

ただ、年間にかかる利息は年利と言われています。
要は、10万円に対して15000円の利息がかかるものであれば、この借入に伴う金利は15.0%という事になります。

ですが、利息は、そもそも各融資機関、融資業者によって異なるもので、同じ10万円の借入でもA金融機関は10.0%の利息、B金融機関は15.0%の利息となりますので、借入する場合は、賢く借入するためにも金利の違いをよく確認し選ばなくてはいけません。

また、融資機関によって設定される金利は異なるものですが、各融資商品によりどれだけの機関に対し、金利が発生するのかは違いますから、借入をする場合は、この部分もよく確認し利用しなくてはいけません。

場合によっては、低金利とうたっていながら、実はその金利は日利となる1日にかかる利息だった‥なんて事もありますので、このような悪徳業者から借入してしまわないように、お金が必要な場合には、金利をよく確認し借入先は検討していきましょう。
金利は、そもそも融資機関や融資業者の利益となるもので、金利が高い程、貸付に対する利益が多くなるので、業者側は金利が高い方が得ですが、借りる側は金利が返済の負担となるため、お金を借入したいと考えた時には、金利をよく確認し借入をする事が非常に大切です。

又、金利とは、確かに融資機関の利益になるものですが、最近は無担保、無保証人で借入出来る融資商品が多いため、貸す側のリスクも伴う事から、そうした無担保、無保証人の融資はとくに利息が通常のローンよりも高めに設定されています。

一時的な生活費のためにキャッシングを利用しました(体験談)

ある月に体調を崩して出勤できない日が月の半分を占めてしまい
翌月の給料がいつもの半分になってしまい、食費をはじめ支払いなどが足りなくなりました。
貯金もない上に、自分自身がプライド高いため旦那さんにお金が足りないことを言えなくて
どうしようかと悩んでいました。

そこで、生活費が足らなくてお金を借りて工面したということをどこかのブログで
見たことがあって、私も今回だけお金を借りてみようと思いました。
たくさんあるキャッシング会社の中から、簡単に手続きができること・金利が低め・
返済方法が面倒じゃないところを選びました。

また、指定の銀行口座を持っていると、ネット手続きが簡単になるということで、
モビットで借りることを選びました。
申し込みは、ウェブから申し込めてすぐに簡易審査が行われました。

その後で必要事項を入力して、ユーザーIDが発行されるので必要書類を提出して申し込みが完了しました。
申し込みの際に、提携ATMからの引き出しを選択すると早く借り入れをすることが出来るので便利でした。
次の月の給料はそこそこいただけたので、すぐに返済分を取り分けて返すことが出来ましたが
一時的に困ったときに借り入れが出来るので、お守り代わりに登録をしてもいいなと思いました。