便利で、融資までの時間もスピーディーなカードローン。でも意外な盲点があります。融資枠が多いからと借りすぎてしまうことです。借りすぎてしまい、後で返済に困り果て、挙句破産や債務整理といったことになっては元も子もないですね。

自分の履歴にも、マイナスが残ってしまいます。気をつけましょう。また融資枠が増えました、といった通知にはご用心。甘い言葉でカードローン会社は顧客にお金を借りさせようとするのです。それに甘んじてのってしまって、後で返済に時間がかかり後悔した、なんてことのないようにしたいものです。前述の借りすぎにつながってしまいますから。銀行がバックボーンについているからとはいえ借金は借金です。

ちょっとくらい遅れてもいいや、なんて考えも捨てたほうがいいでしょう。借りたものはきっちり期日を守り最後まで返す。これが大事なのです。よくルーズな方で借りっぱなしで放置した結果、裁判沙汰になってしまったという話を聞きます。そうなってからでは遅いのです。破産や債務整理は、手続きまでに時間がかかる上に、弁護士を通せば費用もそれなりにかかります。

そうならないためにも、高額融資が魅力だからといって借りすぎには注意しましょう。後で苦しむのはあなた自身です。便利でスピーディーに融資をしてくれるカードローン。銀行もバックについているから安心とはいえ、こういったところに盲点があるのだということも知っておいたほうがいいでしょう。後悔しないためにも計画性をもって借りましょう。

銀行ローンの登場

皆さんは銀行ローンをご存知ですか?その名の通り大手地方問わず、銀行が独自に貸付を行っているのです。急な出費のときなど助かるでしょう。特に今話題のフリーローンなら使途自由で貸付金額も決まっていますので、その限度内なら自由に借りることが出来ますし、返済は毎月リボルビング払い。定額引き落としなので借りやすいといえます。

目的が決まっている、例えばマイカー資金や住宅資金などの場合は、その目的に応じたローン商品も存在します。

こちらも低金利で長い期間かけての返済が可能なので、計画性をもって借りれば心強い商品といえましょう。

また、結婚が近いのであればブライダルローンという商品もあります。このように銀行ローンもいろいろな目的に合わせた商品を出しております。

借りるのはあなたなのですから、その使途に応じたローンを組めばいいでしょう。ただ保証会社の審査に若干時間がかかってしまったり、急に銀行が提携する保証会社の保証が受けられなくなる、などといったデメリットも少なくないのです。かといってすぐに全額返済してくださいといったことはありませんので、そのときがきたらまずは担当の方とよく話し合ってみましょう。きっとあなたにとって最適な返済方法を見つけてくれるはずです。

銀行ローンは銀行独自のローンです。銀行も商品を利用してもらいたいのは当たり前、あの手この手で顧客獲得に向けており施策を投じているのです。もし出費のことで悩んだら、銀行に相談するのもいいかもしれません。

消費者金融とカードローンはどう違うのか

消費者金融という言葉、最近あまり聞かなくなりました。その数も2010年の貸金法を境にどんどん減っています。どうしてでしょうか?まず挙げられるのは総量規制の問題です。2010年の貸金法の改正で、キャッシングが収入の3分の1を超える場合は貸付できないというようになりました。それで小さな消費者金融会社はどんどん撤退していきました。

今は大手でも4社くらいでしょうか?しかもCMなどを見てもどれだけ借りられますよ、とかそういったものはなくなり、イメージCMのようなものを使っている会社がほとんどです。かつてたくさん存在した無人契約機も大幅減少、窓口に至ってはさらに減少しているのが現状です。

どうしてこんなに速いペースで廃れてしまったのでしょうか?それは総量規制が大きく影響しているのです。

消費者金融は、高い金利を提示する代わりに高額融資をしていたのがメリットといえました。

それが出来ない今、貸し倒れともなりかねない会社が増えているのです。
顧客はほしいけど審査にかけたら総量規制の対象だったという融資希望者も少なくなく、限度枠の減額だったり最初から小口貸付しかしません、といったように変化しているのです。一方のカードローン(主に銀行系が多い)は、総量規制の対象にはなりませんので、大口の融資が可能なのです。そこが消費者金融との大きな違いといえましょう。消費者金融はそのうちなくなってしまうのではないでしょうか?

総量規制には注意しよう

カードローンにも消費者金融からの融資にも必ず対象になるのが、この総量規制です。一体どのようなものなのでしょうか?
総量規制とは原則として個人が対象であり、その総収入の3分の1を超えない範囲でしか貸付が出来ないことをいいます。

クレジットカードのキャッシング枠や、消費者金融などは総量規制の対象になるのです。一方のカードローンは、銀行がバックについていますので総量規制の対象にはならないのです。従って高額の融資が可能となり、今注目を集めているのです。

この総量規制のおかげで消費者金融は衰退したといえましょう。もちろん、友人や身内からの借金はこの対象にはまったく引っかかりません。

カードローンにしても消費者金融にしても、必ず信用情報機関をいうものを通して審査をします。そのときに、総量規制の対象となる年収などもチェックされているのです。そこで、例えば年収の3分の1を超える消費者金融への申込があったときは審査に問題ありとなって、限度額の引き下げが行われたりするのです。その点、銀行がバックのカードローンは年収などもチェックしますが、総量規制の対象にはなりません。

この点を考慮し、融資申し込みをする方が最近ではカードローンに注目しているのです。収入の3分の1を超えていても、借りられるカードローンは今や消費者金融に代わる新たな商品といえましょう。ですから、今の銀行はいろいろなカードローン会社を作って顧客獲得に向けて頑張っているのです。

総量規制は怖くない

総量規制が開始され消費者金融をはじめとする貸金業者からの借入は以前のように簡単ではなくなりました。

そのため、中には不満を感じる、困るという方も多いと思います。

当サイトでは、そうした総量規制により借入出来ない、不満に思う方のための総量規制対象外のカードローンをご紹介しています。
まず総量規制により借入できないとするのが、貸金業者となる消費者金融業者をはじめ、信販会社やクレジット会社です。

ただ、信販会社、クレジット会社によるショッピング利用は総量規制外になるので、キャッシング利用にのみ総量規制が適用されます。

いずれにしてもこれらの融資業者から、キャッシングをする場合総量規制に伴う貸付となるため、総量規制によりキャッシングを利用できないという方も出てきます。
しかし、総量規制の例外となる融資機関でカードローンを利用する事により、総量規制で借入出来ないという方も利用が可能です。

ただ、総量規制の例外となる融資業者のカードローンでも利用に際してはよく比較し検討する事が必要です。

カードローンといえども、実際は種類が多く金利も違います。

もちろん、融資商品に伴い上限貸付額も異なりますし、返済月額も違ってきます。
総量規制により、今まで簡単に借入出来たものが、出来なくなった今、急ぎで融資を受けたいという場合は非常に困る方もおられると思いますが、実際、それが条件のよい融資機関で借りられることにつながるので、好都合だと思います。

貸金業者の融資は、大体金利が20.0%以内といえども総量規制対象外の融資機関で借りるよりはるかに高い。

そのため、借入できても結果負担になる事も実は多いのです。

総量規制により借入出来ないという事は、今まで簡単に借入出来た方にとっては、痛手になるとも考えられますが、逆に考えると総量規制対象外のローンの方が借りるにあたる条件もよいので、総量規制は実は借入の必要性がある方にとっても好都合だという事なのです。