有名タレントも多く広告し、街中での看板や、テレビCMでもよく見られるようになったキャッシング。お金を借りることは、恥ずかしいこと、またはマイノリティなどではなく、一般的なことと捉えてもよいかも知れません。

貸す側も、消費者金融を始め、銀行のカードローンやクレジットカードの会社など、数多くの競合他社が、利用者獲得のために躍起になっています。
無利息キャッシングなど、あらゆるサービスを充実させ、CMや街頭のティッシュ配りなどで呼びかけて、知名度を高めています。
メロディを口ずさめる消費者金融も多いのではないでしょうか。

そんな中、一体どこの消費者金融を選べばよいのか、利用者にとって最も悩むところです。競合他社を比較する材料とは何でしょうか。
好きなタレントがCMをしていること。ネームバリューがあると思えること。大手銀行の傘下にあって信頼できること。挙げれば枚挙にいとまがありません。

このような時代ですから、気になった消費者金融のホームページはまずご覧になることでしょう。笑顔のタレントがWeb上で笑いかけてくれ、大きな文字で、無利息がどうとか、返済シミュレーションがどうとか、目を引くデザインで書かれてあることでしょう。

よく読んでみると、金利が何パーセントであるとか、何時までの申し込みなら即日融資が可能であるとか、比較すると、さらによくわからなくなってくる人も多いのではないでしょうか。

同じようなサービスが並んでおり、どこを利用すれば一番よいのか、それは初めての利用者にはわからなくて当然です。

ホームページを巡っていると、「お金を借りる」という行為の前に、「どこで借りるのかを選ぶ」という行動をしなければならないことに気付くでしょう。しかし、気に病んではいけません。
数多くの消費者金融から選ばなければならない事実は変わりませんが、どう選べばよいのかにはいくつかポイントがあるのです。そのポイントをまとめれば、どの消費者金融が自分に最も合っているのかが見えてきます。

まず、先述もしましたが、金利についてです。わざわざ高い金利がつくところで借りたりしないでしょう。普通、なるべく低金利な消費者金融を選びます。中には、初回利用なら1ヶ月無利息で借りられるキャンペーンをしているところもあります。

第二に、審査が早いかどうかです。お金は誰にでもホイホイと貸してくれるものではありません。お金を貸して、きちんと返済する能力があるのかどうか、貸す方は見ています。その審査にあまりに時間がかかっては困りものです。

お金を借りたいと思っている人のほとんどは、すぐにでも借りたいと思っていることでしょう。できれば申し込んだその日に契約が完了し、即日、現金を手に入れられるならそれに越したことはありません。そのためには、審査のスピードが重要なのです。

借りたお金の「返済」は、いかなる場合も必ずしなければなりません。それを、より効率的な方法で行うためにも、自分に合った消費者金融選びは重要です。

あらゆる情報が錯綜しています。間違って違法な金貸しに当たってしまったのでは大変です。消費者金融の正しい選び方を身につけて、よりよい生活の助けとして、キャッシングをうまく利用しましょう。

キャッシングの審査はこんなところを見ている

その消費者金融や銀行で初めてお金を借りるという時に、必ず通ることになるのが審査というものです。審査に受からなければ、けしてお金を手にすることはできません。審査は貸す側が返済能力を見極めるために行うものだからです。

返済能力といっても、審査は年収ばかりをみて判断されるわけではありません。むしろ返済できる最低限の収入さえあればいいので、借りる金額によっては甘い判断をされることが多いです。

ですから収入が多い方がいいだろうと考えて、勝手に水増しするのはやめたほうが懸命です。虚偽の申請をしたとわかれば、信用できないとしてそれだけで審査に落ちることになります。当たり前ですが嘘をつくのはやめましょう。

審査で見るのは、どちらかというと本人が確固たる存在であるかということです。実家住まいや固定電話を持っている人の方が、有利だといわれるのはそのためですね。

それから収入の多さよりは、継続的に返済する能力があるのかどうかというところが見られるので、アルバイトでも正社員でも、長く勤めている人の方がよい印象を持ってもらえます。

消費者金融で借入先を選ぶ際のポイント

「キャッシング」という単語が一般的になってきました。検索すると多数の消費者金融や銀行のページがヒットします。お金を借りたいと思う人が大勢いて、お金を貸したいと思う企業がたくさんあるということです。需要と供給のバランスがとれていますが、利用者が困るのは、借りたいときに借入先を選ばなければならない点です。

テレビで消費者金融や銀行のキャッシングのCMを見ない日はありません。一度は聞いたことのあるような借入先がいくつもあって、頭を悩ませることでしょう。

借入先を選ぶ際のポイントについて説明します。どこで借りても同じだということはありません。おいしいラーメン屋と自分の口には合わないラーメン屋があるのと同じように、借入先も自分に合ったところを選ぶ必要があるのです。

まず挙げられるポイントとしては、金利が高いか低いかです。各社のホームページを訪問すると、金利何%~何%というような記述があるでしょう。初めて利用する方は、残念ながら最も高い金利が適用される場合が多いでしょう。

例えば金利4.5%~18.5%などと記載されているときは、18.5%が適用されると考えておいたほうが無難です。低い金利は、何度もキャッシングを利用して信用のある人や、高額を借入した人に適用されることが多いのです。

もう一点、審査のスピードについても、借入先を選ぶ際のポイントとして記しておきます。
クレジットカードを申し込んだことはあるでしょうか。必要事項を記入してそれを郵送し、カードが手元に届くまで1~2週間ほどかかってしまった経験はありませんか。

借入の場合は、お金を手に入れるために何週間もかかってしまったのでは困ります。会社によっては即日審査、即日カード発行という借入先もありますので、審査の早い借入先を選ぶようにしましょう。

金利で選ぶ

消費者金融でお金を借りる必要があるときは、なるべく低金利の借入先を選びましょう。どこも同じような金利で、大して変わらないと思うかも知れません。確かに0.1%の金利の差など、気にしなくてもよいのかも知れません。ただし、よく考えてみてください。

借入をする金額が大きくなればなるほど、その0.1%の差が重要になってきます。それに、借入をしたお金はあっという間に返してしまえるものでもないでしょう。返済期間が長くなってしまえばしまうほど、0.1%の差が重くのしかかってきてしまいます。

消費者金融大手のアコムは、4.7%~18.0%が実質年率となっています。プロミスでは6.3%~17.8%で、アイフルでは4.5%~18.0%となっています。

初めての利用者が金利だけで借りるなら、上限の一番低いプロミスを選ぶべきでしょう。しかし、長期間の利用を考えていて、信用を積み重ねていくつもりでいるなら、アイフルの4.5%という下限金利は魅力的でしょう。

年利に幅を持たせて記載してあるのは、多くの消費者金融のサイトで見られることです。そこで安易に最高金利が高いからダメだとか、最低金利が低いからここにしようと決めてしまってよいものではありません。
自分自身がどの金利を適用されるのかしっかり考えなければなりません。

各借入先のサイトには、返済シミュレーションなるものが設置されているかと思います。そこで各借入先を比較してみて、自分にはどの金利が適用されるのか、どこで借入をするのが一番よいことなのか、比較検討してみる必要があるのです。