意外と知られていない事実なのですが主婦の方もローンカードを作る事は出来ます。
よく「働いてないとローンカードが作れないのではないか?」と質問されることがありますが、もちろんパート収入等の収入があるほうが良いに決まっています。しかし結論から言いますとローンカードを作る事は可能です。

では「安定収入」が申込み条件の一つになっている貸金業者が多い中、どのようにしたら働いていない専業主婦が申し込めるのでしょう。かつて消費者金融業者などは働いていない主婦に対してもローンカードを発行していた事はあまり知られていない事実なのです。

ですがこれにはちょっとしたトリックがあり、「夫の給料を妻の収入とみなし専業主婦でも融資する」という配偶者勤務融資のシステム。ですがこの配偶者勤務での申し込みは総量規制の対象となっているため、現在消費者金融や信販会社では行われなくなりました。

ところがこの総量規制に抵触する配偶者勤務の制限を潜り抜けたのが、制度上貸金業者の扱いにならない銀行。保証会社である消費者金融がその主婦に融資するノウハウを銀行系カードローンで生かすことで配偶者勤務の申込みが可能となりました。

しかし貸金業者は「顧客に融資する」のが本業ですから、貸さないと利益が出ません。一方、銀行は所轄官庁の厳しい目が光る中、預金者の預金を源泉に融資するわけですから、その審査基準は貸金業者に比べ高くなかなか審査は通りにくいのが実情です。

主婦がなぜ申込が出来るのか?

お金を借りるなら低金利のカードローンがいいのは、みなさんそうでしょう。日本の一般家庭の家計事情になるのですが、夫の給料というのは一般的に妻が管理している家が日本では多いのではないでしょうか。これはその家庭の事情により異なるかもしれませんが、一般的に「家計の財布の紐」を握っているのは配偶者である妻が多いようです。

言い換えるなら、家の財産管理を行っているのが妻である以上、妻は夫の給料を完全に支配することができます。意外と知られていない事実なのですが、夫名義の給与振込みのキャッシュカードを持っている妻は日本では意外と多いのです。

こういった事情から、夫の稼いできた給料は妻にとって安定した収入となり、妻は毎月その決められた収入の中で家計をやりくりする。しかし時には現金が足りなくなる事もある為、そんな主婦に対して融資することで家計を助ける事ができます。

また夫の給料という返済財源もあるのでシステム上は問題ありません。あとは妻がローンカードを作ることを夫や家族が知っているかどうかが問題。もし妻がパート勤務等で多少の収入があればその収入と、夫の収入を合算した上で妻の収入とし申込みすることが可能ですが、それによって審査に受かりやすくなるかどうかは保証できません。

というのも審査というのは収入に限らず、申し込んできた顧客の情報を総合的に判断した上で融資額を決めるので、一概に希望額の融資ができるとは言い切れないのです。

この審査していく上での総合的な判断のことを「与信判断」といいますが、かつてのローン会社や信販会社はこの与信判断が比較的低かったのですが、銀行はその判断基準が高いのが特徴。

たしかに銀行は預金者の預金をローンの資金として融資するわけですから、貸し倒れになればそれこそ一大事です。ですから、銀行系ローンの与信判断は消費者金融や信販会社に比べ非常に慎重になる場合が多いのです。

専業主婦でも申し込める?

このように制度上「夫の給料を安定した収入とみなすことで融資が可能」である為、申込みまでは専業主婦だって可能です。ですが、20歳に満たない主婦は申し込む事は出来ません。

20歳に満たない場合、法律上規制されている行為無能力者に該当し、契約行為全てが無効にされてしまう為、もし年齢制限で引っかかってしまうようであれば、申込みは20歳になるまで待つようにしましょう。ではパート収入もない専業主婦は申し込むことは可能かどうかについてですが、これも「申し込む事は可能」です。

間違えて欲しくないのはローンカードを作れるのではなく、あくまで「申し込むのが可能」というだけで過剰な期待は禁物です。あとは夫がしっかり働いてくれて、安定した収入があれば問題はありません。しかし配偶者勤務であったとしても融資可能額は総量規制の範囲内。つまり年収の3分の1以内に抑えられます。

ですから、申し込む際に希望額と実際の融資可能額は比例しない事もあることを忘れないでください。
あくまで年収の3分の1の範囲内が総量規制のルールとなっている為、ルールに厳格な銀行がそのルールを破るわけにはいかないのです。

厳しい話ですが場合によっては希望に添えない場合もあります。それは申し込んできた内容の総合的な判断の結果です。融資可能額がわかったとき、希望に満たない額だった時は、その銀行のローンカードで決めるかどうかをじっくり考えてから決めることが重要です。主婦の方は低金利のカードローンを選びましょう。

パート収入あるけど申し込める?

主婦の方なら出来るだけ低金利のカードローンが良いですよね。ちなみに、もしパート収入があればその収入を安定した収入とみなすことで、「本人の所得」として安定収入とみなすことは可能です。

しかし一般的にパート収入と夫の収入を比較した時、夫の収入のほうが高くなる傾向にあるため、この場合は本人勤務より夫の収入とパート収入を合算した配偶者勤務として申し込むことができます。主婦パートとなると扶養控除の関係で年収に制限がかけられている場合が多く、一般的な主婦はその扶養の範囲内でパート勤めをされているのではないでしょうか。

ですが収入は収入。それも年収として加味されますし、当然妻の勤務先への在籍確認も行われます。ですが、やはりローンの申込みをする上で最大の難関になるのがこの在籍確認というプロセス。この在籍確認は配偶者勤務であった場合でも夫の勤め先へ電話を入れた上で確認を取るわけですが、中には夫がローンの申込みを知らない場合もあり、そうなると在籍確認は困難を極めます。

在籍確認とは本人が不在でも電話に出た担当者から、本人または夫の勤務の実態が確認できればパスできるので、必ずしも夫と直接対話することはないのが一般的ですが、仮に夫に内緒で妻が申し込んだ場合、万が一失敗しようものならそれがきっかけで夫婦関係に傷を付けかねない為、確認を取るほうも慎重になります。

しかしそこは確認をとる側も十分にセーフティネットを張っており、失敗しないような配慮は取ってもらえます。では、その在籍確認の方法とはどのようなものになるのか次の項目で説明したいと思います。

すでに数社から借入がある場合

主婦の方で低金利のカードローンを探しているという方もいるでしょう。

もしこれから銀行系カードローンを申し込もうとした時、お財布には既に数社のローンカードが入っており、その全てで現在もお世話になっているとしたら、「申し込めるかしら?」と少し躊躇されるかもしれません。まず、申し込む事は条件さえクリアしていれば申し込めますが、あとは審査次第ですのでこればかりはなんともいえません。

審査というフィルターを通したときに特に問題が無ければローンが実行されるでしょうし、少しでも危うい点があればお断りになります。ただ銀行系カードローンに共通していえるのが、「銀行系カードローンは審査が非常に厳しい」ということ。本人勤務の申込みでも、配偶者勤務での申込みでも既に借入れがある状態だとかなり難しくなります。

どういったところから借入れしていると審査に受からないのかという各論になると、いくつものケースがあるので一概には言えませんが、とにかく既に借入れが何社からあれば審査は厳しいものだと思っておいたほうが良さそうです。

銀行と信販会社や消費者金融との大きな違いは「貸し出すお金が銀行の預金である」ということで、審査の基準を上げているのはここに大きな理由があります。銀行としてはお客さんのお金を源泉に貸し出すわけですから、万が一ということも想定しなくてはなりません。

万が一貸し倒れになろうものならお客さんにも迷惑がかかる上、監督官庁からの行政処分があります。中には「そうならない為に保証会社というセーフティネットを張っているのではないか?」とおっしゃる方もおられますが、それとこれは別物で銀行から借りたお金はきっちり銀行へ返すのが筋であり、それを繰り返すことでお客様自身の信用を生む事に繋がります。

保証会社に代位弁済されることはお客さんにとっても不幸ですし、銀行もそんな不幸な結末を望んではいないのです。銀行からお金を借りることができるという事は、言い換えるならそれだけ高い信用を背景に借入れできている訳で、その信用に答えるような経済管理がお客さん側に課せられた責務なのです。