お金を借りる方法の1つ目として、銀行系ローンを利用するという方法について触れてみます。銀行系ローンと聞いただけで、どこか自分とは縁が遠いと感じてしまうかもしれませんが、ここで偏見を持ってしまうのは、あまりにももったいないのです。
確かに審査については、非常に厳正に行ってはいますが、銀行ローンを利用すると、非常にたくさんのメリットがあることに気づくのです。一体どういうメリットがあるのでしょうか。

まず、融資の際の金利が安いことです。金融会社によって金利は変わってきますが、年率で5パーセント程度の会社もあるのです。低金利であるから、返済の時の負担も、そこまで多くなくて済むのです。そして、融資可能額は、比較的高めに設定されています。

お金が必要な方の中には、どうしても高額の融資を求めてくる方も居るのですが、そのような方にとっては、非常に有難く感じます。融資可能額は、最高で500万円程度まで可能な場合もあります。

もちろん、それだけの融資を受ける以上は、それなりの審査を受けることにはなりますが、利用勝手としては非常に良いのです。また、銀行系カードローンは、大手都市銀行が母体になっていますから、それだけ社会的な信頼があります。銀行と聞いただけで、真面目で誠実という印象があるのです。

しかも、融資の際には、全国の銀行のATMのみならず、コンビニのATMも利用することができるのです。そのため、駅前に銀行がなくても、心配することはありません。

消費者金融でお金を借りる

お金を借りると言うと、最も連想されやすいのが、消費者金融でお金を借りるという方法です。消費者金融の顧客は、老若男女幅広く存在するため、本当に様々なバックグラウンドを持った方々が利用しています。では、消費者金融でお金を借りることについて、具体的に見てみましょう。

まず、消費者金融でお金を借りると言うと、誤解をする人が多いのです。消費者金融のイメージとしては、どうしても「怖い」とか「暗い」と言った印象ばかりあります。しかし、今ではそういう悪いイメージは全くありません。実際に消費者金融の店舗に足を運んでみると、非常に親切で礼儀正しい対応に驚くことでしょう。なので、もし消費者金融に対して悪いイメージを持っているなら、そのイメージを払拭するためにも、実際に足を運んでみることをおすすめします。

消費者金融でお金を借りる際には、インターネットで申し込む、電話で申し込む、無人契約機で申し込む、店頭の窓口で申し込むといった方法があります。人と話すのが億劫な方であれば、インターネットの申し込みがおすすめだし、インターネットが得意ではないが、店舗に足を運ぶのが面倒な方は、電話で申し込むという方法があります。

もしくは、窓口でお金のことについて相談したいなら、店頭に直接足を運ぶという方法があります。どの方法が良いかは、その人のニーズによって変わってきますが、多様なニーズに応えているのが消費者金融だと言えるでしょう。即日キャッシングが可能な業者もあるので、急にお金が必要になった場合もおすすめです。

クレジットカードでお金を借りる

お金を借りる方法としてよくあるのが、クレジットカードを使うという方法です。通常クレジットカードと言うと、ショッピングのための手段という風に考えられますが、クレジットカードで行うことができるのは、ショッピングだけではないのです。ショッピング以外にも、キャッシングという手段があるのです。では、クレジットカードを使ったキャッシングについてお話します。
クレジットカードのキャッシングですが、これを利用するためには、条件を満たす必要があります。

それは、クレジットカードの審査に通ることです。クレジットカードの審査では、勤務先での勤続年数、年収など、様々な項目がチェックされますが、クレジットカード会社の定める条件にのっとって審査がされます。審査の結果、融資を受けるに相応しいと判断されたら、クレジットカードを使うことができます。そこで初めてクレジットカードでキャッシングという手段を使えます。

クレジットカードの利用枠ですが、基本的にはショッピングの枠とキャッシングの枠という風に、項目ごとに枠が決まっています。クレジットカードの種類と審査結果によって、いくらまで融資を受けることができるのか変わってきますが、たいていの場合は、キャッシングに利用できるのは、20万円とか30万円とか、それぐらいの金額に設定されていることが多いです。学生専用のクレジットカードの場合は、10万円付近で設定されている傾向が高いです。

学生がお金を借りる

お金を借りるのは、社会人しかできないというイメージがあるかもしれませんが、実際はそうではありません。短大生や大学生、大学院生や専門学校生でも、お金を借りる資格はあるのです。高校を卒業した後の学生生活は、交友範囲が非常に広くなるのに比例して、費やすお金の量も多くなるのです。場合によっては、アルバイト代だけでまなかうことが厳しいこともあります。

では、学生がお金を借りることについて見てみましょう。

学生がお金を借りる際には、ある条件を満たす必要があります。それは、ある一定の安定した収入源があることです。この収入源ですが、あくまでも返済に差し支えのない程度の金額で問題ありません。

そうなると、学生がよく行っているアルバイトでも、たいていの場合は十分基準を満たすことができます。学生で正社員では採用されないですから、「正社員じゃないとダメなのでは」と悲観する必要はありません。

学生がお金を借りる際の手段は複数あります。例えば、首都圏に住んでいる学生さんであれば、学生ローンのお店に行って申し込みをすることができます。学生ローンに申し込みをする際は、首都圏に住んでいなくても、行うことができます。学生ローンに電話やインターネットで申し込むことができるからです。また、学生ローンでなくても、学生向けのクレジットカードでも、キャッシング枠で融資を受けることができます。学生だからと言って卑下しないで、気になったら一度申し込んでみると良いでしょう。

無利息キャンペーンでお金を借りる

消費者金融によくあるキャンペーンで、無利息キャンペーンというのがあります。この無利息キャンペーンを上手く利用すれば、お金を借りる際の負担が小さくなりますから、非常にありがたく感じます。では、無利息キャンペーンを利用することについてお話します。

この無利息キャンペーンですが、いつも行っているとは限りません。

消費者金融によっては、いつものように無利息キャンペーンを行っていることもありますが、期間限定であることもあります。そのため、無利息キャンペーンがいつまで行われているのかについて、怠らずに確認しておく必要があります。また、単に無利息キャンペーンの期間のみを確認するだけでは、不十分です。それはなぜでしょうか。

無利息キャンペーンは、所定の条件を満たして初めて適用されるというのが、通常のパターンだからです。

例えばですが、「初回の融資でいくら以上の枠が出た方」とか「初回のご利用でいくら以上利用した方」とか、利用可能枠や利用金額によって、キャンペーン対象者かどうかが決まることが多いのです。

また、金融会社によっては、年齢によって制限をつけていることもあります。この場合は、「キャンペーンに申し込んだ地点で何歳以下」などという風に定められています。年齢で制限を設ける場合は、とりわけ若者をターゲットにすることが多いです。若い方たちの中で、収入が少ないが利用したいという方を、最優先しようという金融会社の意図が隠れているのです。