カードローンは、カードを発行してもらうことでお金を融資してもらえることから、このような名前がつけられています。
発行してもらう際は、本人であることの確認と個人信用情報などにより審査を受け、通ることが必要です。
担保が不要なので最も身近なお金の借り方ではありますが、厳しくはないものの審査に通らないこともあります。

近年ではカードローンユーザーの幅が広がっていますので、専業主婦や学生でも持っているほどです。
基本的には、安定した収入を確保できる方なら申し込むことができます。
審査の時間も、年々短くなってきている状況です。

返済は分割で行うことができ、借入限度額内であれば何回でもまた借りることが可能です。
カードローンの借入限度額がどのように決められているのかというと、個人信用情報や他の借入れの有無、年収などを元にしています。
総量規制と呼ばれる制度により、利用限度額が定められているのです。
カードローンの中には10万円の借入限度額もありますので、興味がある方はそのくらいから申し込んでみるのもいいかもしれません。

ローンは、フリーローンと目的ローンという種類に分類されています。
フリーローンは用途が限られていないので、カードローンもこの一種です。
目的ローンは教育ローンや自動車ローンなどの種類があり、それぞれの名前についているものが資金使途の対象です。

例えば教育ローンでしたら、教育資金にしか使用が認められていませんが、カードローンでしたら趣味に使おうが生活費にあてようが自由です。
教育費を借りたいときに、教育ローンでもカードローンでもいいかというと、金利に違いがありますので気をつけてください。
金利が高いローンほど返済金額が割高になりますが、目的に制限のないフリーローンよりも目的ローンの方が低金利なのでお得です。

資金が必要なときは、目的に応じてローンを賢く使い分けた方がいいでしょう。
用途が一定しておらず、返済してもまた借りたくなるかもしれないという場合は、カードローンにすれば限度額内で何回も借りることができます。

カードローン選びで迷ってる人は多いと思います。

カードローンの申し込み手順

カードローンに申し込みをするとき、現在はインターネットが普及したことなどにより、複数から選ぶことができます。
以前はというと、貸金業者や銀行などの店舗にまで足を運ぶ必要がありましたが、インターネットから気軽に申し込み手続きが行えるようになりましたし、スタッフさんがいない無人のATM機もあります。

カードローンの種類に関わらず、おおまかな申し込み手順は共通しています。
最初に行われるのは、信用情報の照会作業です。
貸金業者や銀行は指定信用情報機関において、カードローンに申し込みをした方のクレジットカードやローンの状況を確認できるようになっています。

個人信用情報の内容と、申し込みフォームに入力された中身から、本審査に入るかの判断が行われます。
延滞や、収入に合わない大きな金額の借入れなどが確認された場合などは、この時点での審査が通らない可能性が高まります。
本審査に進まないときには、電話やメールで結果が知らされます。

本審査と仮審査が分かれているタイプとそうでないタイプがあります。
審査が短いところは、申し込み当日中に審査が終わります。
スピード審査を実施しているところでは、30分というところがあるくらい迅速です。
借りたい金額が50万円を上回る場合など、収入証明書の提出を求められるケースがあります。
収入証明書を提出してから審査に入るので、早くても5営業日程度はかかるでしょう。

勤務先へ在籍確認が行われますが、カードローンの申し込みだと気付かれないように配慮されていますので、銀行名などを名乗ることはありません。
在籍確認がとれて正式に審査を通過すれば、カードが発行されます。
カードは郵送にて自宅に届けてくれますので、店舗に出向く必要もありません。

カードローンを扱っているところはいろいろあり、その中でもCMなどで有名なのが銀行です。
口座がないし、わざわざこのために作るのも面倒という方もいるでしょうが、口座がなくてもカードローンが発行できる銀行も増加していますので、興味がある方は確認してみてはいかがでしょうか。

カードローンの審査基準

カードローンを利用したい場合、審査に通過する必要があります。
申し込む資格は安定した収入があることと、満20歳以上65歳未満の年齢制限くらいですから、多くの方が審査を受けられるでしょう。

審査の基準は各カードローンの金融機関ごとに異なり、公開されていませんが、信用してお金を貸しても返済される個人を対象とするローンなので、個人信用情報がチェックされます。
個人信用情報という言葉は一般的にあまり聞き慣れませんが、その人が他の金融機関からお金を借りているか、借りている場合はどこからいくらか、毎月とどこおることなく返済されているかなどがわかるものです。

例えば、一流企業に勤めていて安定収入がある人であっても、大金を借りていて、残っている金額がその人の収入よりも大幅に上回っているときには、希望した限度額よりも少なくされたり、審査に通らないということが考えられます。
カードローンは、個人信用にて無担保でお金を貸すのですから、返済されない可能性がある方に融資をすることは難しいのでしょう。

カードローンの利用者の幅は広がっており、専業主婦や学生でも審査に通っています。
専業主婦の場合は、審査のときにご主人の情報の提出も求められるでしょう。
カードローンの種類によっては、アルバイトやパートの方も申し込み資格があります。
利用限度額が10万円というものは、無理のない範囲で利用しやすそうです。

金融機関に関係なく、審査項目に入れている事項があります。
職種、申し込み時の年齢、勤続年数、年収、勤務先の規模、居住形態、家族構成、居住年数などです。
審査では、これらの情報と利用している他のローンの状況が重要だと考えられます。
他にローンを利用していたらダメというわけではなく、返済を滞納していないかなどということが確認されています。

仮審査と本審査があり、このあたりまでは仮審査で判断されています。
チェック項目が多そうですが、近ごろはスピード審査が多くなり、即日に融資を受けられるカードローンも増えていますので、お急ぎのときはそういったところを選んでみてはいかがでしょうか。

スピーディーになった審査

カードローンを利用するときには、誰でも審査を受けることになります。
審査は昔から行われていますが、変わったのはかかる時間がスピーディになっていることです。

ローンを提供する各金融機関同士で、個人信用情報というもののやり取りを行うようになってから、審査が早くなりました。
申し込みをした方の、他のローンの利用状況を確認しやすくなったのです。

カードローンの審査は2段階あり、最初に仮審査、問題がなければ本審査に入ります。
仮審査の結果が出るまでは、早ければ30分ほどです。
申し込みが殺到しているときはもっとかかるでしょうが、30分という短さは個人信用情報が閲覧できるようになってからのことだそうです。

本審査では、本人確認書類や申し込みの書類、中には収入証明書類の提示が求められるケースもあります。
本審査に通った方は契約が交わされ、カードを作ってもらいます。
カードを発行するというと、数週間はかかりそうですが、こちらも大変スピーディになっており、即日で受け取れるカードローンもあるほどです。

収入証明書類の提示が必要になるケースとは、申し込みの際に出した限度額の希望が、50万円を上回ったときなどです。
収入証明書類が先方に届いてからとなりますから、即日は難しいので、数日待つことになります。

全ての人が提出を求められるのは本人確認書類で、健康保険証や運転免許証、パスポートなどです。
限度額次第で提出が必要になるものは、所得を証明するための書類です。
納税証明書や住民税決定通知書、源泉徴収票などです。
まとまった金額を考えている場合は、あらかじめ必要な書類を確認して用意しておくと、申し込みを行ってからスムーズに進められそうです。

カードローンというと、以前は仕事に就き安定収入がある方が対象でした。
近年では、専業主婦が利用できるカードローンも作られています。
その場合は、本人ではなくご主人の所得を証明する書類が求められたり、ご主人の同意書などが必要になるかもしれません。