あなたは現在、お金とはどのような付き合いをしているのでしょうか?いい関係を保っている方もいるかもしれません。しかし、お金に対して借りを作ってしまっている人もいるかもしれませんね。でも、これを読んでいる方は、お金との付き合いに関して、いい関係よりも悪い関係に傾き始めている、またはすでにそのようになっている方かもしれませんね。

それで今後お金との付き合い方に関してどうしたいのかも含めて、いろいろと悩まれている方が多いと思います。人はどうしてもラクをしたいところがどうしてもあります。

お金の借入に関して気をつけることをしていたとしても、ふと思いついたら、ローンやキャッシングができるサイトを見ている方もいるかもしれませんね。そして、ローンやキャッシングのテレビCMやサイトを見て、ご利用は計画的に、と分かっていながらも他社からまた借入をしようかな、もしかしたらすでに他社借入をしている方もいるかもしれませんね。

いずれの場合にしましても、どちらも気をつけることはたくさんあります。

では、実際に他社借入がある場合にはどんなリスクやデメリットが待っているのか、あなたはご存知でしょうか?それを知らずに他社借入を何度もしてしまうと、今は大丈夫だとしても後になって、あのとき何であんなに他社借入をしたんだ、と後悔しないためにもこのサイトの内容を読んでいただくことをオススメします。そして、他社借入がある場合に気をつけることはどのようなことかを知る必要があるのです。

また、他社借入がある場合に気をつけることは、ローンやキャッシングだけでしょうか?実はそのようなことはありません。今は昔と違ってカードの時代になっています。そして現金を持ち歩かずカードで買い物もできるようになっています。そこで、あなたはクレジットカードを持っているかもしれませんね。

そして、もしかしたらクレジットカードを何枚も持っている方もいるのではないでしょうか?特にクレジットカードも使いながら他社借入をしようとしている、また実際にしている場合にも注意がとても必要になるのです。

クレジットカードと他社借入は一見関係のないように思いますが、実は大いに関係があるのです。それに関してどのようなことかについてもこのサイトで紹介をしていきます。そして、すでに他社借入をしている方であれば、その返済の負担に苦労されている方もきっといるかもしれませんね。

では、これ以上他社借入をした場合の負担を減らすためにどのようなことができるのか、に関しても紹介をしていきます。お金との関係は1度崩れてしまう、また悪い関係になってしまいますと、取り返しのつかない状態になってしまいます。

これ以上、お金との関係を悪くしないためにも、今後どのような付き合い方をすればいいかも含め、このサイトで説明をしていきます。そして、お金といい関係を保ち、そして仕事や生活においてもお金のことについて心配することがなくなればと思います。

他社借入の負担になることとは?

あなたにとって他社借入ができる、ということは、それはメリットになるのでしょうか?それとも逆にデメリットになるのでしょうか?もちろん、あなたは心の中では他社借入をしたくない、そのデメリットを感じているのではないかと思います。

しかし、人間は快楽やその場しのぎが好きな動物でもあるのです。その他社借入のデメリットは分かっていながらも、お金が借りられるというメリット、つまり快楽やその場しのぎに走ってしまうものです。しかし、快楽やその場しのぎばかり走ってしまいますと、どこかでその代償を支払うことになってしまうのです。では、他社借入をしたことによる負担というのは、どのようなものになるのでしょうか?

やはり1番の大きな負担というのは返済する金額が増える、ということです。仮に1つのローン会社から10万円借りたとします。その借入先を含めて5つ同じ金額を借入したら、50万円になります。それを返済しないといけなくなるわけです。当然、お金を借入する、ということは、お金がない、または足りないから借入をしているわけですよね。そのため、返済の負担が大きくなるわけです。

でも、月々分割で払っているから大丈夫、と思われたかもしれません。しかし、他社借入が増えれば増えるほど、1か月に返済する日が借入先の分、増えることになるのです。今回の場合ですと1か月に5回の返済が増えることになるわけです。また、1つの返済額が小さくても、5つとなれば負担はかなり増えます。

滞納するとどうなる?

ここまで読んでいただいて、他社借入のことに関してどのように思ったでしょうか?もう少し究極の質問をしますと、他社借入をしている場合、それはメリットとデメリットのどちらになるのでしょうか?もう、これは今までの内容をお読みいただければ答えは出ているのではないでしょうか?答えは、他社借入をすればするほどデメリットになる、つまりいいことは1つもない、ということになるわけです。

そのデメリットというのは、直接的に影響することといったら、1か月に支払う回数と返済額が増える、ということになります。そして、間接的に影響することといったら、住宅ローンやクレジットカードの審査に影響する、ということになります。

つまり、他社借入をすればするほど、自分を不利な状況に追い込んでいることになるのです。では、他社借入をしているときに、万が一返済ができなくなって滞納などをした場合、一体どのようになるのでしょうか?

まず、当然のことになりますが、他社借入をしたところから督促の連絡が入ります。そして、その時点になると、複数の借入先にも滞納をしていることになるため、複数のところから督促の連絡が入ってしまうことになります。

またあわせて、その時点で滞納をしているところからのお金の借入はできなくなってしまいます。そして、今後他社からお金を借入しようとするとき、クレジットカードを作るときにもしばらくの間は、審査が通らないということにもなるのです。

複数社からの借入の返済負担を軽くするには

ここまで読んでいただいて、あなたがまだ他社借入をしたことがなかったら、他社借入の怖さに関して理解していただけたかもしれませんね。そして、実際に他社借入をされている方に関しても、安易に他社借入をしてはいけない、と理解していただければ本望だと思っています。

しかし、人はそのときは気をつけよう、今度こそは注意しよう、と思っていましても忘れた頃に同じようなことをしてしまうものです。そのため、ここに書かれていることをシッカリと読んでいただいて、他社借入をしようと思ったら、このサイトに書かれていることを思い出してくださいね。または何度も読み返していただくことをオススメします。

では、すでに他社借入をしていて、月の支払い回数と負担額が多くて困っていましたら、どうすればその返済を軽くすることができるのか、と思われているかもしれませんね。では、そのようなときにはどうすればいいのでしょうか?

これは、おまとめローンというのを使うことをオススメします。これは、他社借入をして複数のローンやキャッシングをしていましたら、それを1つのローン会社にまとめて支払いの回数を1回にして、支払いの負担をラクにする方法です。

ただし、これに関してもローンの審査が必要になりますので、できるかどうかはローン会社によります。また、これは注意が必要ですが、返済額の負担が減ったからといって、さらなる他社借入をしないようにすることがとても大切になります。