お金を借りる場合は、消費者金融、銀行系金融業者、銀行とありますが、中には銀行で借りたい!という方もいると思います。

ではそんな銀行限定でお金を借りたいという場合、どのようにすれば上手く融資が受けられるのか?
銀行の融資を受ける、金融商品を利用するにはまず基本として「20歳以上60歳未満の方」に限られています。

更に「収入」もしっかりと安定継続されている事も必要です。

また銀行の金融商品には必ず保証会社の保証を受ける事が必要になりますから保証が受けられないという方は、お金を借りることはできません。

これらの条件を満たすことにより銀行からお金を借りる、もしくはローンを組む事が出来ますが、例えば属性に問題ありという場合だと、やはり銀行の金融商品に伴う審査は厳しいので審査においても否決となる事も考えられます。
ただお金を必要な方の中には、おカネを借りた経験が無いという方もおられると思いますが、そんな方の借入はやはり銀行ローンがお勧めです。

それというのも、お金を借入出来る場所というのは、消費者金融、銀行系金融会社、クレジット会社、銀行等とありますが、その中でも金利が低い金融商品を実現しているのがこの銀行の金融商品なので、初めてお金を借りるという場合は、何も知らず借りる事も多いので極力負担が少なく借入が可能な銀行の金融商品の利用が適していると思います。
いずれにしても銀行でお金を借りる、ローンを組むことは20歳以上で60歳未満の方ならどなたでも借入可能ですが、やはりお金を貸す以上は銀行側も「返済能力の有無」「信用度」をみますので、その場合仕事をしていて収入が安定していなければいけません。

また属性が悪い場合もやはり信用度が低くなってしまいますので、過去に延滞や事故歴が無い方が銀行のローン商品を利用できてお金も借りる事が出来ると思いますので、延滞経験等がある方は銀行での借入は検討すべきでしょう。
個人向けのローンで人気があるのは、やはり低金利の金融商品を提供している銀行のローンですから、お金の要り用という際には、まずは銀行のローンを検討してみることが一番です。

審査が不安な方はお試し審査

お金を借入する場合、どなたでも申込みの際少し不安になると思います。
「本当に借りられるのかしら‥」「バイトの収入だけでお金は借りられるの‥?」等と不安になる方もいますし、利用件数が既に3件以上あるという方なら尚更融資されるか不安も大きくなると思います。

そんな時に大いに役立つのが「お試し審査」で、これを利用する事によりお金を借りたい人が本当に借りられるかの目安を知る事が出来ます。
またお試し審査をする事により、いざ申込みする際にも入力が簡単になりますので、本当にお金の必要な時にはお試し審査を利用すべきと思います。

大体、お試し審査をする事により限度額の目安も知る事ができるので、そうした部分でもお金を借りたい方には、お試し審査利用がお勧めです。
そもそもこのお試し審査は、お金を借りたい方のためのもので、急いでお金を借りたい時や自宅に居ながら自分は本当にお金が借りられるかを知りたいという方のための簡易的な審査なので、こうしたものを目安に申込みすると不安も和らげるかと思います。

やはり初めてお金を借りる方や既に何件もの借入をしている方は審査に非常に不安になるものなので、こうした簡単な審査を利用して事前に目安を確認する事も必要だと思います。
尚且つ属性に不安があるが、どうしても今回だけ急ぎでお金を借りたいと言う人は、こうした審査を利用する事により無駄に申込みを行う必要もなくなりますし、お金が必要だからと言ってむやみにあちこち申し込めば「申込みブラック」になり、借りられるものも借りられなくなってしまいますから、むやみな行動に出て失敗をするよりもこうした簡易的なチェックで審査の目安がわかるものは大いに利用すべきです。

また利用する事により本当に申込みしていいものか?という目安にもなるので、お金が要り用の際には、まずお試し審査というものを利用し自分チェックをしてみる事が大切だと思います。
ただしお試し審査は、あくまで「お試し」のものですから、それで「融資が可能」と結果が出てもいざ本当に申し込んだら「×」という事もありますので、確実な結果ではないという事はきちんと踏まえてご利用ください。

審査が甘いってどういう事なの?

皆さんの中には、カードローンを申し込む際に「審査が甘いカードローン」というキャッチコピーを目にした事があるかも知れません。
「審査が甘い」とは、実際どのような事を指しているのでしょうか?
今回は、カードローン「審査の甘・辛」について説明したいと思います。

まず、率直に言ってカードローン各社の間では「甘い審査」と「辛い(厳しい)」審査が存在します。
例えば、銀行が貸し付けを行うカードローンは全体的に「審査が厳しい」です。

ハードルが高いと言われている理由として、勤務体系や仕事の職種、勤務年数、住まいの形態、年齢など、様々な点を細かく数値化し、ある一定のボーダーラインを超えないと貸し付けが実施されません。
有利な職業として、役人や公務員、弁護士や医師などが上げられます。
その他にも有名企業に務める正社員の方は、最初から審査が有利になる事でしょう。

このような「辛め」の審査と反対のスタンスを保っているのが「ノンバンク系消費者金融」です。
カードローン会社として頻繁にCMでも宣伝を打っているので、皆さんも耳にする事が多いはずです。
アコムやアイフル、プロミスやモビットなど、最近では大手銀行が母体となって運営しているので安心感も(以前に比べて)アップしています。

使いやすいカードローンとなっているので、多くの会員が利用するようになりました。
このようなノンバンク系のカードローンは、審査が柔軟に行われるのでハードルは低めです。
アルバイトの方やパートの方、主婦の方でも貸し付けが行われます。
そして、非常にスピーディーに審査と融資が実施されるので、早い場合申し込んだ即日に貸し付けが行われるといった特徴を持っています。

審査が甘いカードローンは、やはりノンバンクの消費者金融がオススメでしょう。
しかし決して無審査のカードローン会社は存在しません。
甘い話に騙されないよう、十分注意して下さい…。

総量規制ってどういうこと?

頻繁に耳にする、または目にする「総量規制」とは一体どのようなものでしょうか?
今回は、総量規制について詳しく見ていくことにしましょう。

まず、総量規制がはじまった切っ掛けについてお話しします。
2010年に法改正が行われるまで、カードローンの世界はある意味「無秩序」な状態が続いていました。
グレーゾーンの金利で貸し付けが行われており、酷い場合28.0%?30.0%という年利のカードローンも見られました。
このような高金利のカードローンをアルバイトやパート、主婦や学生といった「返済能力の少ない」人たちにも積極的に貸し付けていたのです…。
その結果、数多くの人たちが「多重債務の地獄」に苦しむようになったのです。

多重債務に陥った人たちは、返済の状況を解消しよう、延命しようと次々と別のカードローンに手を出し始めました。
この結果、返済をするために借金を重ねるといった…雪だるま式債務超過の状態に陥ってしまったのです…。

実際毎月繰り返される、膨大な額の請求に対して返済が出来ず、厳しいカードローン会社の取り立てによって多くの人が苦しむ事になりました…。
このような状況を何とかしようと始まったのが「総量規制」なのです。

総量規制によって、ノンバンク系の消費者金融は会員に対して「年収の1/3以上の貸し付けや違法な金利の貸し付けを禁止」されるようになったのです。
このことで、多くの金融機関やカードローンがローン商品を見直すようになりました。
そして、各会員の利用可能限度限度額を減らしたり、新しいサービスに変更するようになったのです。

実際、こうした法改正によって多くの悪徳金融業者が姿を消しました。
そして、現在は淘汰されたカードローン会社が生き残りを掛け、大手銀行と手を組んで健全な貸し付けと融資を行うように変わったのです。
またノンバンク系でも、殆どが大手銀行の傘下に入ってサービスを行っています。