数あるキャッシングの会社というのは申し込みの際の審査の条件として安定した収入がきちんとあるという事を第一に挙げています。もちろんそうした安定した収入があり、きちんと返済を出来るかどうかという返済能力を見られるため、働いておらず収入のない場合は借入が出来ないと思われがちです。パートやアルバイトなど少しでも安定した収入のある方や通常の借入の場合と違い、収入のない専業主婦の方がお金が必要になった時にどのようにして借りたらいいのか、自分でもお金を借りることが出来るのかどうか不安な点が多くあるかと思います。家事や育児などで忙しく中々外に出ることも出来ず借りたとしても返済に不安があるなど専業主婦の借入には多くの疑問や不安がつきものです。お金の借入に関しては、2010年に貸金業法が改正されたことで、総量規制というものがあり専業主婦の方の信販会社や消費者金融での借入が難しくなってしまいました。

この総量規制というのは原則として個人の収入額の総額の3分の1までしか借入ができないというものです。このことから専業主婦の場合はお金を借りることが出来ないと思われている方も多くいます。ですが、実はこの総量規制というものにも対象外のものがあります。それが銀行系のカードローンです。この銀行のカードローンというのは銀行が直接運営しているもので銀行法に従って経営を行っているので、貸金業法とは関係が無いため収入のない主婦の方でも安心して借入を行うということが出来るわけです。ですから、専業主婦であっても申し込みをすることができますし、審査が大丈夫であればお金を借りることが出来てしまいます。
もちろんこの銀行系のカードローンにも様々な商品や種類があり、金利や貸付金の上限、返済月額など様々なものがありますので、しっかりとそれらの条件を比較し検討した上で借入先を選ぶのが大切です。また、借りる金額の大きさでも申し込みの際に必要な書類が変わってくる場合があります。少額の借入であれば収入の証明が無くても借入を行うことが出来る場合がありますが、金額がある程度大きい物になると配偶者などの収入があるということを証明するために収入証明証が必要になる事があります。

専業主婦でお金を借りる際に家族にわからないようにお金を借りたいと考える方も多いですので、借りる金額でそういった書類が必要になるという事を頭に入れておくのが良いでしょう。少額の借入であればそうした収入証明書がいらないため例えば、旦那さん等に知られることなくお金を借りることが出来ます。また、返済の際に気になるのが利息ですが借入先によっては30日間は無利息で借入が出来るサービスや金額によっては180日まで無利息というサービスなどもありますので、そうした所もしっかりと検討し比較をしながら無理の無いよう計画的に借入を行うようにしましょう。

この利息というのも元金や金利、借入期間によって変わってきます。金利は借りる金額や借入期間等によっても様々ですので、少し面倒かもしれませんがこの金利の部分についてもしっかりと知識を持って見ることで安く借入をすることができます。

収入のない専業主婦の借入について

パートやアルバイトなどをしておらず専業主婦の方で収入がない場合、借入をしたいけれど収入のない自分が借入を出来るのかどうか悩む方は大勢いるかと思います。専業主婦の方が借入をしたいと思うポイントは、結婚式などの冠婚葬祭で急な出費がありどうしてもその月だけお金がまわらないといった場合や、習い事やお稽古など自分のスキルアップをしようと考え借入を考える場合などがあります。

ですが専業主婦の場合、自分個人だけでの収入が無いために借入が出来ないのではないかと思っている方が多くいます。

実際に、法律が変わり総量規制というものがあるために収入のない人は信販会社や消費者金融などからの借入をすることが出来なくなってしまいました。ですが、そうしたなかでも銀行が行っているカードローンは収入のない専業主婦の場合でも借入をする事ができます。ですので専業主婦の方がまず借入先を選ぶポイントとしては、銀行カードローンを利用するというところにあります。

信販会社などと違い銀行は銀行の運営方針に従って運営をしているために専業主婦でも借入が出来るというのがポイントです。借入の際にどういったところでお金を借りるかという借入先を選ぶ際のポイントですが、銀行カードローンと一口に言っても金利も様々ですし借りる金額によっても返済のプランや内容に様々な違いが出てきますのでそうした所をきちんとした知識を持って、ゆとりのある無理の無い返済のプランを考えるのも、借入先を選ぶ際の大切なポイントです。

借入が不安な場合

専業主婦の方がお金を借りようと考えた際に、よく不安に思われるのがきちんと返済ができるかどうかはもちろん、どれくらい借りることが出来るのかといった事や家族や旦那さんにお金を借りたということを知られずに借りたいという方も多くいます。

その理由には、お金のやりくりをしっかりとしているという風に家族から見られたいという思いもあるかと思います。では、借入をする際にお金を借りたということが家族に知られてしまうかどうかということですが、通常であれば借りた本人以外には知られることはありません。まず申し込みをした後に本人確認の電話がかかってきますが、この際の電話は会社名などをその場で言うことはないため、仮に自分以外の家族の方が電話に出たとしてもわからないようになっています。

次に気になるのが、契約書などが郵送されてくる際に知られてしまうのではないかということですが、会社によっては家族に内緒にするなどの項目を選ぶことができ会社名を伏せて郵送をしてくれる所もあります。また、審査に通れば電話での確認が必ずありますので、その際に自分で窓口に取りに行くというふうにすることも出来ます。

また明細書などが毎月送られてきますがこれもインターネット上での確認だけにするということも出来るので、そうした送付物から知られてしまうということを極力避ける事が出来ます。ですが、借入先や借りるお金の額等によっては家族の同意や旦那さんなどの収入の証明書が必要になる場合があります。ですので、専業主婦の方で家族に内緒で借入をしたいという場合はそうした証明書が必要でない所で借入をするというのも、借入先を選ぶ際のポイントになります。

総量規制について

専業主婦の方がお金を借りるということが出来ないのではないかと思われている原因の1つに総量規制というものがあります。これは個人の収入の金額を見て、その収入の金額のトータルのうち年収の3分の1しか借入をすることができないというものです。

ただし対象外のものもあり、たとえば個人であっても個人事業主であれば事業資金の借入をするといったような場合はこの総量規制の対象外にあたります。ただし、個人の場合で対象外になるものもありその中には不動産の購入や、自動車を購入した際の自動車担保の貸し付けなどがそれにあたります。ですが、専業主婦の方でこういった理由でお金を借りるというケースはほとんどありませんし、多くの場合が急な出費のためにお金が必要になって借りるというケースがほとんどですので消費者金融や信販会社などのカードローンを利用するということは出来なくなってしまいました。

ですが、そうした専業主婦で個人での収入がなくても銀行カードローンであればこの総量規制の対象外となるため借入を行うことが出来ます。というのも、この総量規制というものは貸金業法についてのもので、信販会社などがこの貸金業法にのっとって運営を行っているのとは違い、銀行は銀行独自の運営を行っているためにこの総量規制の対象外となります。

ですので、収入のない専業主婦の方が借入先を選ぶ際には総量規制の対象外となる銀行のカードローンを利用するというのがポイントです。もちろん、金利や上限の貸付金など借入先によって様々ですので、借入先を選ぶ際にはそういった所も見ながら借入先を選ぶようにしましょう。