お金を借りようと思ったときに、「キャッシング」と「ローン」の二種類の呼び名があることに気づいたかと思いますが、この二つにはどのような違いがあるのかと思ったかたもいるかと思います。

結論から言うと、この二つの違いと区別に明確なものはないようなのですが、返済方法などに若干の違いがあるようです。
まず、キャシングについてはキャッシング機能付カードでATMなどから現金を借りることです。キャッシングは主に小額から借りることができます。そして、支払い方法は原則一括なのですが、最近は分割払いも可能な業者も多くなりました。そのため、次に説明するローンとは区別が難しくなってきています。
ローンについては、ローン機能のついたカードにてATMや直接窓口、決まった銀行口座で借りることができます。限度額であれば何度でも利用ができ、その返済方法は多くが分割で支払うというものです。

一見、ローンというと使途が明確な住宅ローンやマイカーローンなどが連想されるので使い道が決まってないと利用できないのかと思ってしまいますが、そのような明確なローンもあれば、キャッシング同様に使途が自由なローンもあるのです。
キャッシングとローンの大きな違いは無いようなのですが、ひとつだけやや違いが見られる箇所があります。それが「金利」といわれています。
一般的にローンの場合は分割で長期にわたるため金利は低めの設定のようです。しかし、キャッシングは小額で一括払いが前提の部分もあるため金利は高め設定となっているようなのです。金融業者にもよるかと思いますが、どちらが良いかは個々の支払い方法などによるかと思います。無理のない返済をするには比較しながら検討すると良いかと思います。

銀行系のカードローンの特徴

最近は、大手銀行によるカードローンや銀行が母体の消費者金融会社によるカードローンの商品をよく見かけるようになりました。
銀行系での特徴を挙げるとしたら、まず一番の違いは信頼度の高さではないかと思います。また、銀行ということで安定感もあり、資本金も多いため安心して利用をすることができます。消費者金融の名前より、銀行の名前でお金を借りるほうが後ろめたさが少ないという方も多いかと思います。

また、他の業者に比べて金利が低いという部分も大きな特徴です。銀行系の場合、大口の融資や分割による返済のために金利を低めに設定しているのですが、大口になった場合、金利が少しでも違うとのちの総支払額に大きな差がでます。同じような返済方法をするのであれば、やはり金利は低いところを利用したいものです。

そして、先に述べたように限度額が銀行系の場合は高めに設定されている場合が多いかと思います。実際の審査により、表示通りの金額にはならない場合もあるかと思いますが、他の業者に比べ、高めの限度額で案内をされていることが多いかと思います。そして、総量規制の対象とならないため現収入がネックになる可能性が低くなります。

しかし、このように有利と思われる内容のものばかりですがやはり魅力的な分、他に比べて審査は厳しい傾向があるといわれています。また、審査までにやや時間を要することもあるため、特徴を理解したうえで利用の検討をすることが望ましいです。

消費者金融系のカードローンの特徴

消費者金融系のカードローンですが、テレビでもおなじみの大手の業者などがあり名前は聞いたことがある方も多いかと思います。
この消費者金融系業者の特徴のひとつには、申し込みから審査が通るまでの時間が他の業者に比べてとてもスムーズであるという点です。また、審査基準ですが、他に比べると審査自体は厳しくなくすぐに利用がしやすいという点もあります。

今主流のインターネットからの申し込みでも、早くて30分ほどで審査が終了するという場合もあります。急いでいる方には、スピーディーな対応はとても便利かと思われます。

また、利用先のATMですが、昔と比べてかなり様々な場所でカードが利用できるようになり、コンビニや一部銀行のATMも増えてきました。そのため、気軽に利用ができるようなり、利用の際の人目なども気にすることも軽減されたように思われます。

しかし、便利で良い分金利の設定は銀行系や信販系に比べると一番高い設定となっていること多いようです。そのため、借りる金額が大きいほど金利の負担も増えて返済が厳しくなることが予想されるため、利用の際は計画的性を持つことが重要です。

また、消費者金融系は総量規制の対象となります。そのため、収入により借り入れに制限がかかるため収入の無い主婦の場合は利用が難しい場合があります。また、そのように制限があるため大きな額を利用したいと思っても、収入がよほど多いという状況でなければ希望通りにはいかないということが多いです。

キャッシングの基礎知識

キャッシングは、個人向けの小口融資として消費者金融や銀行などがサービスする融資商品の一つとなります。一昔では、キャッシングを提供するのは消費者金融と決まっていましたが、金融規制緩和が敷かれてからは海外からのキャッシングサービスに加え、銀行や流通業界、IT業界からも新たに一般個人向けの小口融資業務に参入することになり、キャッシング業界の競争が激しくなっています。

消費者金融がサービスするキャッシングや銀行などのカードローンは、無担保・無保証人で利用することができるようになっているため、特に動不動産などの資産がない人においても、お金を借りることができます。また、銀行の住宅ローンや教育ローン、事業者向けの事業資金融資などの融資は、融資使途が決められていますので、多目的にお金を使いたい場合には利用することができません。

これに対して、キャッシングやカードローンは、融資の使途を定めていませんので、借りたお金の使い道は利用者の都合で使うことができます。ただ、消費者金融がサービスするキャッシングと、銀行などがサービスするカードローンの内容はほとんど差はありませんが、消費者金融がサービスかるキャッシングやカードローンには、法的な規制を受けることになります。キャッシングは、最近、高額融資の傾向にありますが、少額の融資を短期間の借入で負担なく便利に利用することで、キャッシング本来の使い方が活きてくるものとなります。