銀行のカードローンは、融資限度額も大きく使い道自由な融資商品となります。

例えば、最短即日利用可能な最高融資限度額500万円のカードローンもありますが、最高融資限度額が何と800万円の非常に大口のローンもあります。

又、こうした限度額の大きなカードローンは、消費者金融業者ではなく今や銀行でも利用は即日です。

ただし、カードローンは、銀行により利用出来る条件や特徴が異なるので、利用を検討の場合はよく比較し検討する事が大切です。

例えば、非常に融資限度額の大きなカードローンを提供する銀行の場合は、金利が「4.0%~14.5%」でこのカードローンを取り扱っており、審査も非常に早く最短で30分程度。

もちろんカード発行も非常に早く即日で利用が実現するものとなります。

ただし、銀行の提供するカードローンは、保証会社が存在し、その保証会社の保証を受けられる事により利用出来るので、20歳~65歳までの方で安定した収入のある方ならどなたでも利用できますが、保証会社の審査により結果が「×」という事もあります。

つまり、カードローンの審査は、銀行もちろん融資出来る相手か否か審査を行いますが、銀行の審査に可決した場合でも保証会社が保証できないと判断する場合融資は実現しないものなのです。

銀行のカードローンは、融資限度額も非常に大きく、利用に際しては総量規制も関係なく利用出来るので、審査が通りいざ利用出来るとなれば消費者金融業者のカードローンよりも条件のよい融資となりますが、まずはこの銀行による審査と保証会社により審査に可決しなくてはいけないという事なのです。

銀行のカードローンは、非常に審査も早くなり、以前の銀行融資とは全く異なります。

もちろん、他融資商品でなお且つ住宅ローン等となれば審査はそうたやすくできるものではありませんが、カードローンはどの銀行でも利用が申し込んだ当日に実現します。

ただし、審査は先に紹介するように保証会社の保証を受ける事が必要なため、若干消費者金融業者の審査よりは厳しい傾向である事は確かと考えるべきでしょう。

審査時間について

銀行の融資は、元々非常に時間のかかるものでした。

公的融資機関や労金のように、元々は銀行の融資も審査が慎重で、時間のかかるものでした。

しかし、銀行の融資の中には審査の早いローンもあります。

それが、銀行の取り扱うカードローンである目的、使い道自由なカードローンです。

銀行のカードローンは、各行により審査時間も異なりますが、早い場合なら消費者金融業者並みのおよそ30分程度で審査が完了します。

もちろん、申込み者の住まわれている地域や職業、属性等により、その所要時間は異なりますが、銀行のカードローンの場合は、申込みに際しても簡単にネットで今なら出来ますし、それに伴い審査も非常にスピーディーになっています。

当然、銀行によっては、審査に時間をかけるところもあり、最短で数日という銀行もありあます。

しかし、カードローンの場合は、非常に審査が早く、急ぎでのローン利用の際にも役立つ融資となります。

銀行のローンでも今ではとても早い傾向ですが、銀行の種類によりそれは異なるので、早いローン利用を検討している場合は、都市銀行のカードローン等が早い審査を実現出来ると思います。

都市銀行の提供するカードローンは、早い場合で審査も大手消費者金融並みの30分程度で完了するという銀行もあります。

そのため、カードローンを利用したいけど早い銀行がイイという場合は、都市銀行に絞り申込みを行えば早い審査が実現すると思います。

地方銀行でもネット銀行や普通銀行でも大体カードローンは扱っていますが、やはり銀行融資という事から審査は若干かかる場合もあります。

ですが、都市銀行の場合は、テレビ窓口等を設けている銀行もあるので、そうした銀行を利用しテレビ窓口を利用すれば1時間足らずでカードが手に入るケースもあるので、急ぐ場合の銀行ローン選びは都市銀行がお勧めです。

同じ銀行でも地方銀行の場合は、若干審査に時間がかかるので、先に紹介するように審査時間でローンを選ぶ場合は、都市銀行がお勧めですが、申込み者の属性により審査にかかる時間は若干ズレる事もあります。

銀行カードローンの選び方

銀行のカードローンは、消費者金融業者のカードローンに比べ条件のよいカードローンです。

そのため、消費者金融業者と銀行のローンを比較すれば当然銀行ローンの方が、審査が厳しい。

金利も当然、銀行のカードローンの方が低くて利用に際する負担も低い。

金利差は多い場合で10.0%ぐらいは違うので、やはり銀行のローンが利用メリットがある。

では、この条件のいい銀行のカードローンを利用するにはどうすればいいか。

銀行のカードローンは主に保証会社がおります。

そのため、審査は銀行の審査と保証会社の審査という事になります。

なので、中々審査通過も難しいように思えますが、銀行のカードローンは、年収や職業に関係なく利用できます。

つまり、年収が多少低いと思われる方もバイトや派遣という方も利用できます。

しかし、審査通過の確立を高めるのは、申込みをするタイミングと銀行の傾向をみる事。

申込みのタイミングとは、やはり「キャンペーン時期」等が顧客を集める時期なのでその時期に申込みをするといつも以上に審査通過率を高めます。

また狙うのは大手というのがポイントでもあり、キャッシング事業に注力しているところがやはり狙い目で審査通過率を高めます。

つまりここまでの審査通過率を高めるポイントは、とにかく融資商品となるカードローン商品に注力している銀行で、その銀行がキャンペーン等を行っている時期が一番狙い目という事になります。

このポイントを抑えて銀行を選ぶ事により、何も考えずにやみくもに銀行のカードローンへ申込むより、確実に審査通過率を高める事が出来ます。

ただし、過去に借入に伴う延滞をした事がある等の場合で、支払履歴に残るような利用の仕方をしている場合は、銀行のローン利用は厳しいと考えなくてはいけません。

銀行のカードローンに伴う審査に通過するポイントは、タイミングや各銀行の特徴をよく知り、ターゲットを絞る事が大切です。

それにより、30%が50%、50%がそれ以上の確率になる可能性も高くなります。

銀行カードローンの限度額

銀行のカードローンは、非常に条件もよく申込みが成功すれば、様々なシーンに役立てられる融資商品だと思います。

最近は、どの銀行もカードローンに伴う審査は非常に早い。

しかも申込み条件も非常に緩く、年収や職業に関係なく利用できますし、総量規制が気になる方も申込む事が出来ますし、もちろん利用も可能です。

ただ、銀行はその数も多く、現在日本には130行の銀行がある事から、どこの銀行で借入するかにより融資に伴う内容は全く違います。

都市銀行、地方銀行、普通銀行、ネット銀行、携帯銀行等。

銀行といえどもその種類は豊富で、各行共にカードローンは取り扱っているので利用の際には自分にあったローンを利用しなければ損をします。

例えばネット銀行の取り扱うカードローンの最高限度額は700万円。

しかも金利が非常に低く「3.0%~10.0%」と都市銀行が提供する銀行よりも低金利で融資を提供しています。

大体、都市銀行の取り扱うカードローンは、限度額こそ非常に大きく800万円というローンもありますが、大抵金利は15.0%前後となるので、それと比較しても同じ銀行であるネット銀行の方が条件よく、負担なく利用出来るローンです。

限度額は、あくまで限度額で、カードローンを利用する場合、ローンに申込んだからと言ってそれが実現出来る事はありません。

もちろん、収入証明書類を提出し、なお且つ審査に通ることにより最高限度額で利用出来る方も実際おられます。

しかしながら、それあくまで一握りの存在なので、通常は最高限度額の大きなカードローンでも利用限度額はほとんど50万円以内で設定されます。

なので、カードローンをどこで借りるか?という選択をする場合は、やはり計画的な利用につながるように金利の低さで選ばれる事がお勧めです。

限度額でローンを選ぶ場合は、当然都市銀行等のローンが非常に大きいものですが、実際その最高限度額を借りられる人が本当に要るのか否かわかりませんので、やはりカードローンを利用する場合は、より条件のいい銀行でのローン利用がお勧めです。