皆さんは、急にお金が足りなくなったら、どのような行動に移りますか?
もちろん、普段から蓄えがあれば「備えあれば憂いなし…」いつでも心強い「貯金」や「貯蓄」に支えられる事でしょう…。

しかし、急に家族の事や病気の問題、ケガや事故、様々なトラブルに巻き込まれ、想定外のお金が必要になったとき、あなたはどのように対応するでしょうか?
冷静に、必要な事を淡々と行動に移せるでしょうか…?

もちろん、事故や病気に備えて「保険」に入っている方も多いはずです。
それでも、保険料が適用されるまではどのように過ごすのでしょうか?

入院費用、入院の準備金、手術費用….様々なことを立て替えておく必要があります。
最近の病院ではクレジットカードを利用する事も出来ますし、金銭的に厳しい場合は「後払い」をお願いする事は出来ます。
それでも、急にお金が必要になったとき、何か支えとなる「資金が無い」状態では、更に心細い気持になってしまうでしょう…。

こんな時、親に頼る、兄弟・親戚に頼る事は出来ます。
もちろん、気のおけない友達にだって…。
しかし、お金の貸し借りは「人間関係の崩壊」で最も大きな要因となります。
出来る限り、自力で対処した方が「精神的にラク」という事もあるのです。

あなたも今まで築いてきた、大切な人間関係が「お金で駄目になる」のは、避けたいですよね…?
このような事を踏まえて、上手にカードローンを利用するのは一つの優れたアイデアです。

お金を借りることを極端に嫌がる人が居ますが、知り合いに借りるよりは、ずっと気が楽なはずです。
ビジネスライクに、カードローン会社や銀行からお金を借り、きちんと毎月返済をしていけば、何ら問題は無いのです。
是非、前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

ショッピングやレジャーで、ムダな浪費をしている訳ではありません。
人生でピンチになった際、是非、冷静に対応出来る様に「カードローン」との関係を、しっかし考えなおしてみましょう…。

どうしても返せない時はどうする?

毎月、コツコツと返済して行く事は、それぞれの個人の「信頼度アップ」に繋がります。
また、このように真面目に返済を続けていれば、そのうち「利用限度額も増枠」される事でしょう…。

しかし、急に「返済が厳しい状態」に陥った場合、あなたは一体どうしますか…?
お金を借りるにあたって、絶対に延滞や滞納だけは、避けたい所です。
また、これ以上借金を増やさずに、きちんと返す方法を「深呼吸」をして、冷静に考えてみましょう…。

よく(インターネット上の)質問サイトで「明日までに30万円ないと、すべてが駄目になります…」という質問(?)や相談を寄せている人がいます。
しかし、相談するのは「相談サイト」では、何の問題解決にもなりません。

あなたが先ずすべき事は、まず借りているカードローン会社の、コールセンターに電話する事です。
そして一体いつなら「返済出来るのか?」そして、幾らなら返済出来るのかを、しっかり相手に伝える事が大切です。

最もいけないのは、何も言わずにそのまま放置する事です。
「いい加減な人間だ、返す気が全くない」と判断された場合、最悪カードの利用がストップしてしまいます。

また、法的な手段で訴えられるなど、問題がどんどん大きくなっていくのです…。
お金がピンチになった場合は、冷静になってきちんと対応するようにしてください。
それが、お金を借りた側の「最低限のルールとマナー」です。
大人として、成人としてふさわしい行動をするようにしましょう…。

さて、次に最近話題の「過払い金請求」や「法律相談」などに相談した場合はどうなるのでしょうか?
確かに、返済出来ない過払い金を取り戻すことや、債務整理、特定調停などを起こす事は可能です。
そして、毎月の返済負担額を一気にカットする事も可能でしょう…。

しかし、そのような行動を起こした場合、カードは5年?10年間、一切作る事が出来ません。
そのような点を踏まえて、慎重に相談する様にしましょう…。

誰にも知られるにお金を借りれるのか

さて、あなたはお金を借りる際「家族に相談」しますか?
または、周りの知り合いに「お金を借りようと思って…」と相談するでしょうか?

恐らく、殆どの人が「ノー」と答える筈です。
何故なら、多くの人が「お金を借りる事に対して、罪悪感を抱く」傾向にあるからです…。

このような事を踏まえて、各金融機関や銀行、消費者金融系カードローン会社、信販会社は、貸し付けの際に、細心の注意を払って「借入が分からないよう」に努めています。

この為、職場への電話による「在籍確認の際も」決して「アコムの〇〇です」と名乗ったり「アイフルの△△です」と身元を明かすような事は行いません。
(反対に、そんな業者があったら嫌ですよね…)
担当者の名前だけを名乗り、友人や知り合いのように装って(演技をして)電話を掛ける事が殆どです。
このため、周囲や職場の人たちに「借入」を知られる心配はありません…。

また、多くのカードローン会社が「申し込みは家族に相談済み」かどうか、必ずチェックする様に気にしています…。
実際、奥さんや配偶者、パートナーに内緒で借入をする人がほどんどだからです。

このような流れを汲んで、実際にカードの発行や契約書類を郵送しなくなった業者もあります。
また、職場への在籍確認を行わないようなカードローン会社も存在するのです…。

こうした「顧客のプライバシーに配慮した」カードローンは、今後益々増えて行くことでしょう。
実際に、このようなサービスの導入によって、大幅に会員数を増やしたカードローンが存在するからです。
皆さんも、面倒な手続きが無いカードローンや、プライバシーに配慮したサービスを受けたいと思いますよね?

様々なカードローンで、新しい取り組みがどんどんスタートしています。
皆さんの希望に一番近い、そんなカードローンを選ぶ様にしましょう。