一時、テレビでも取り上げられた言葉なので忙しい主婦の人でも総量規制という言葉は聞いたことがあるかもしれませんね。けれど、総量規制の内容をちゃんと知っていますか?

総量規制とは年収の3分の1までしか借入れができないことを言います。貸した側が回収不可能にならないため、借りた側が返済不可能になるのを防ぐための制度です。じゃあ、家や車のローンはどうなるの?と主婦なら当然、気になるところですよね。また、主婦にはお金を借りるなって事なの?と思われる人もいるかもしれません。

家や車など担保になるものがある場合は総量規制の対象外になります。借りたお金を返せなくなった時にお金の代わりになるものがあれば総量規制の対象にはならないということです。また、急に入院してしまった場合なども例外としてお金を借りることができます。また、借り換えも例外となります。とは言っても家計をやりくりしている主婦には厳しい話ですよね。

総量規制の対象となるのはあくまでも担保もなく、使い道も決まっていないものだけになります。ですから、たとえ年収の3分の1以下だったとしても1か月に5万円以上借りる場合、残高が10万円以上あると信用情報機関に残高照会されます。きちんと返済できているかを調べられるわけです。また、まとまった金額を借りようとすれば収入を証明できるものが必要になる場合もあります。もう主婦にはお金を借りるなと言われたみたいな気がしますよね。

このように貸金業者から簡単にお金を借りられることはできなくなりました。ではテレビなどで宣伝しているカードローンは何なの?人気があるっていうじゃない!と思いますよね。主婦に人気の秘密は銀行のカードローンというところにあったのです。

カードローンの系列とは

カードローンといっても系列によって違いがあります。どこの系列に申し込むかによって審査の結果が変わってくる可能性もありますし、利率が違ったりします。系列によっての特徴を抑えることで自分にあったカードローン会社に申し込むことができます。

1つ目は銀行系のカードローンです。銀行が扱うカードローンになります。特徴としては銀行法によって貸金する場合は総量規制の対象外になるので、収入のない専業主婦の人にでも申し込みができる点です。銀行が母体だけに審査が厳しいという点がありますが、利率が低いという点も特徴としてあげられます。

2つ目は信販系のカードローンです。クレジットカードを扱う会社が行っているカードローンです。特徴としては各会社間で利率の開きがある点です。金額によって利率が変わる場合もあるようですから、信販系のカードローンを申し込む時は注意が必要です。

3つ目はIT系のカードローンです。IT系のカードローンは店舗がないのが特徴です。申込みなどもインターネット上で行われるのでインターネットは苦手という人には向かないかもしれません。けれど、インターネットで手続きが行えるので人目を気にしたり時間の制約がないという利点もあります。

4つ目は消費者金融系です。消費者金融系の特徴は審査基準が低いことや融資までの時間がかからないことが挙げられます。銀行系のカードローンは断られても消費者金融系なら審査が大丈夫ということもあります。
自分の都合や好みに合わせてどこに申し込むか決めると良いでしょう。

専業主婦でも借りられる?

主婦といってもけっこうお金はかかりますよね。むしろ独身時代より出費に悩まされていませんか?子供のお稽古や塾や友人の付き合い、または冠婚葬祭などの急な出費に悩まされている主婦の人は多いと思います。

今月はピンチ!なんて月もあるのではないでしょうか?そんな時にカードローンがあると心強いですよね。でも、総量規制なんて制度があったりしたら専業主婦にはカードローンを利用するのは無理だと思うでしょう。残念ながら収入がない専業主婦がカードローンを利用するのは難しいです。けれど、銀行系のカードローンならば利用することが可能です。

銀行系のカードローンは総量規制の対象になりません。これは総量規制が消費者金融や信販会社を対象とした法律だからです。銀行で発行するカードローンは銀行法という法律に基づいたものなので、総量規制の対象外になるわけです。ですから、専業主婦の人でも銀行系のカードローンなら申込みができます。

ただ、会社によっては旦那さんの収入証明が必要なところもありますし、借りられる金額も50万円ほどという所などもあるので、事前に調べる必要があります。

ただ、銀行系のカードローンは審査が厳しいという点もあります。急にお金が必要になって申込みはしたけれど審査が通らなかったという事も考えられますので、キャンペーンをやっている時に申し込んでみるのもいいかもしれません。いずれにしても専業主婦だと収入がありませんので、返せる範囲での計画的な利用が求められます。

内緒で借りられる?

夫婦の間に隠し事はないほうがいいのは誰でも思うでしょう。ましてやお金の事となれば尚更です。けれど、主婦だってお金が必要な時はありますし、家計のやりくりが間に合わないことだってあるでしょう。理由は様々ですが、旦那さんなどに内緒でお金を借りたいと思う人も少なくないと思います。

働いている主婦の人は自分の収入があるので、あまり問題なくどこの会社のカードローンでも借りることができると思います。専業主婦の人がお金を借りようと思うと旦那さんの同意書や収入証明書を出すよう言われます。これは消費者金融系の会社は一様に申し合わせているようです。総量規制の制限もあるので当然ですが、専業主婦の人がお金を借りるには銀行系のカードローンに頼るしかありません。

銀行系のカードローンといってもメガバンクで発行しているものが多いので安心ですし、銀行に自分名義の口座があればその口座から返済できます。申込みも請求書もネットで手続きができるところもあるので、内緒でカードローンの申し込みができ、お金を借りることができます。

三菱東京UFJ銀行はテレビ窓口へ行くとカードをすぐに発行してくれるそうですし、みずほ銀行はネットで申込みができますし、キャッシュカードがあればローンカードとしても利用できるので便利です。イオン銀行でもカードローンの取り扱いがあるので、買い物の時に利用することもでき大変身近です。

自分の都合やライフスタイルに合わせた選択をすることで内緒でお金を借りることもできるでしょう。