銀行でお金を借りるという事はそれなりにハードルの高い審査を通過しなければならないというイメージがありましたが、決してそんな事はなく、専業主婦といった収入のない方にも積極的に融資を行っているので銀行でお金を借りるという事自体身近なものとなっていますので、安心して利用する事が出来るかと思います。

また銀行はメリットが多く、一番のメリットといえば総量規制の対象外にあたるという事でしょう。総量規制とは年収の3分の1以上の借入は出来ないという内容となっていますが、これは賃金業者に適用されます。賃金業者というのは消費者金融や街金といった業者を指し、銀行は賃金業者扱いとなっていませんので総量規制の対象外となっているのです。

銀行からお金を借りるというだけで安心感がありますし、銀行は消費者金融と比較しても金利が低く最大融資額も高く設定されているので条件が非常に良いので利用するのであれば極力銀行のカードローンを利用したいですね。

銀行のカードローンの審査に通過出来ない方の特徴を挙げていきますと、何度も延滞を続けたり短期間に様々な借入業者に申し込みをしてしまうと申し込みブラックといったものに入れられ審査に通過する事が出来なくなってしまいます。また、過去に自己破産や債務整理等の事故がある方も一定期間が経過しないと申し込みをする事が出来ませんの注意が必要です。

借入経験も無く、定期的な収入があるのであれば基本的には審査に通過する可能性が比較的高いものとなっていますので、そのような方は安心して申し込みをしてみましょう。何よりお金を借りるという事は銀行といえど借金ですので必ず返済計画をたてて利用するようにしましょう。

銀行カードローンに申込む際のポイント

銀行カードローンを申し込む際には、基本的には窓口で申し込みます。

必要な書類を持参し、手続きをすればすぐに審査が受けられその審査に受かれば借り入れができるようになるのですが、申し込みをする際に必要とする書類は、身分証明書なのですが借り入れる金額によっては収入証明書が必要になります。

5万~50万円までの借り入れの際には、身分証明書だけで大丈夫なのですが、多くの銀行では50万円以上の借り入れをする時には収入証明書が必要となります。

しかし、これも銀行によって金額が異なっていて、50万円のところもあれば100万円という所もあります。

なので、自分が希望する借り入れ額を事前に銀行に伝えて、何を持っていくといいのか聞いておくといいようです。

そして、窓口で申し込みをする以外にもいろいろな申し込み方があります。それは電話申し込みや、パソコン、携帯、スマートフォンからの申し込み、さらにはCDでの申し込みということになるのですが、CD申し込み以外はわざわざ窓口に行かなくても家にいながら申し込みができるということで非常に人気になっています。

また、申し込みをしてすぐに借り入れがしたいという時にはCDでの申し込みをすると一番早く借り入れができます。

銀行カードローンを申し込んで、審査を通過しカードローンを利用するカードが送られて来るまでいくらか時間がかかるのですが、CDであると申し込みと同時に審査が行われ最短審査で3秒というようなところもあるために、すぐに審査通過をしてその日のうちにカードができて借り入れができるというようになっています。

なので、申し込みをしてすぐにお金の借り入れがしたいという時には、窓口や電話パソコンから申し込むのではなくてCDで申し込みをするといいようです。

これもどういう申込み方がいいのかというのは好きに選べるので、自分の用途の合わせて好きなように選ぶと良いようです。

銀行カードローンの返済について

最近は、カードローンを利用するにしても利便性が高いので、どのような方法でも申込みが行え返済方法も色々とあります。

むかしは、銀行融資と言えば、非常に面倒なものでした。

例えば、銀行にわざわざ行く必要があるとか、提出書類が多い等、色々とローンの利用に伴い面倒でしたし審査も非常に遅いものでした。

ですが、最近は都市銀行をはじめ地方銀行もその他融資機関も非常に利便性も高く利用に際しても簡単手軽になっています。

返済方法にしても銀行のカードローンの返済は方法が色々とあります。

なお且つカードローンの返済方法には、カードローンを提供する銀行のATMによる返済も可能ですが、郵便局からの返済やコンビ二ATMの返済も出来ます。

更に振込による返済も可能ですし、利用者の銀行口座から毎月引き落としにより返済するという事も出来ます。

返済方法によっては、振込手数料が利用者側の負担となる方法もありますが、口座振替返済等による返済方法を選んでおけば、勝手に支払い日には引落されるので、忘れっぽい方等には、こうした銀行振替による返済方法もお勧めです。

カードローンは、消費者金融業者のローンもあるので、即日中に利用したいという場合は、消費者金融業者のローンを選ぶ場合も結構多いです。

しかし、銀行のローンも今や非常に便利になって、返済方法も紹介するように色々な方法があるのでカードローンを利用したいと考える場合は、金利も低く条件の良い銀行のローンがお勧めです。

銀行のカードローンは、やはり他融資業者と比較してもとても条件がいいです。

金利を見比べても負担なく利用出来るローンが多いですし、カードローンの利用を検討される場合は、銀行ローンがよいのですが、銀行でもカードローン商品は他融資商品よりも金利は高く、同じ民間の融資機関でも「金利は極端な場合8.0%近く違う場合もある」ので、ローン利用に際してはまずは返済の部分を考えるべく、各銀行のローンに伴う金利を比較し、借入方法や返済方法の利便性の高さも探りながら融資商品は選ばれる事がお勧めです。