共働きのご夫婦が増えつつある時代、フルタイムやパート、アルバイトなど仕事を持っている主婦の方は珍しくありません。こう言った仕事をしている主婦の方は、専業主婦の方に比べると比較的、借入れ先の選択肢も広がるだけでなく借入れもしやすいと言えます。

フルタイムで仕事をしている主婦の方が低金利でお金を借りる場合、やはり金融機関でローンを申し込む方法が一番だと言えます。また、給料の支払い口座に指定している銀行で借入れを申し込むと金利が優遇さる場合もあるため、銀行の借入れ条件などを確認して、自分に合った借入れ先を選択することも大切です。

また、パートやアルバイトをしている主婦の方の場合、消費者金融で借入れをする条件として「本人に安定した収入がある事」「配偶者に安定した収入がある事」が挙げられます。銀行系の消費者金融業者と呼ばれるプロミスやレイクなどはパートやアルバイトの方でも借入れが可能です。

また、地方銀行や信用金庫と言った近くにある地域に密着した金融機関などでもフリーローンやカードローンを提供している場合があるので、各金融機関のホームページなどをチェックしてみると良いでしょう。借入する際の注意点として、一度に複数の借入れも申し込みをするのは避けた方が無難です。

また、勤続年数が短い方や過去に借入れ経験があり返済が滞った事のある方は借り入れを断られる場合もありますので注意が必要です。借入希望額にもよりますが、金利や限度額は本人の返済能力によって左右されることが多いため、希望金額が高い場合、借入れ名義を配偶者の方にするなど十分に検討してから申し込みをするようにしましょう。

主婦がお金を借りるなら低金利のキャッシング!

家計を預かる主婦にとって「お金」に関する悩みと言うのは尽きることのないものではないでしょうか。毎月どうにかやりくりしていても絶対にマイナスだったり、一向に貯金が増えていかないなど、その家庭によってお金の悩みもさまざまかと思います。例えば、子供がいる家庭では保育園や幼稚園に通わせたり、進学などの教育資金の悩みも多いのではないでしょうか。

また、親と同居の場合には二世帯住宅やバリアフリーにリフォームしたり、親の老後資金なども必要になってきます。そして、突然の冠婚葬祭や家族サービスで家族旅行など、本当に色々な面でお金がかかることが多すぎますよね。どんなに頑張ってやりくりしていても突然の出費はどうすることも出来ません。ある程度の貯金もあってご主人の収入で間に合っている家庭や共働きで稼ぎもそこそこあり家計に余裕のある家庭は別ですが、全国的に不景気な世の中、多くの家庭では赤字になっていることの方が多い訳です。このような時に手軽にお金を借りることの出来るカードローンが1枚あれば便利だと思いませんか。

急な出費にも対応できますし、もしもの時にあると便利なのが低金利で借りられる「カードローン」です。もちろん、借り過ぎには注意が必要ですが、きちんと計画を立てて利用する分には問題はありません。ですが、過去にお金を借り過ぎて支払いが滞った経験をお持ちの方もいるでしょう。カードに頼ってしまい気が付くと大きな借金になっていたと言うような事になり兼ねないために十分に注意しなくてはいけません。

あると便利なカードローンですが、「主婦なのに本当にお金が借りられるの?」「カードを作ることが出来るのか」「低金利ってどのくらい?」などと言う疑問をお持ちの方も多いと思いますが、答えは主婦の方でもキャッシングやカードローンでお金を借りることは可能です。もちろん審査がありますし、どこの会社でもお金を借りられるとは限りませんが、主婦でもお金を貸してくれる銀行やキャッシングも増えてきています。

パートやアルバイトなど仕事を持っている主婦の場合、毎月収入があるわけですから審査の上でお金を借りる事は可能です。専業主婦の場合、総量規制と言う法律の改定があり専業主婦はお金が借りづらいのが実情です。ですが、この総量規制と言う法律は銀行が発行しているカードローンは対象外となりますので、銀行カードローンと言われるものであれば専業主婦であってもお金を借りることが出来るのです。

主婦の借り入れの場合、限度額が10~30万円に限られるカードローンが多いのも特徴です。ここでは、主婦の方がお金を借りる場合の借り入れの際の注意点や便利なサービス、兼業主婦や専業主婦の方でも利用できる低金利カードローンなどを紹介していきたいと思います。毎月のやりくりで困っている方、これから大きな出費を控えている方など参考にしていただければと思います。ですが、いくら低金利だからと言ってもお金を借りる場合は、計画性を持って返済して行ける範囲で利用することが大切ですよ。

専業主婦の借り入れ

仕事をしていない専業主婦の方でも借入れすることは可能です。ですが、条件があり配偶者の方に一定の収入がある場合に限ると言う条件が挙げられます。

借入れを申し込むと必ず配偶者の信用情報が照会されることになりますので、低所得の方や業務形態、配偶者の方がすでに借入れをしていて延滞が発覚した場合や総量規制の限度額を超えている場合などは、配偶者の方が仕事をしていて一定の収入があったとしても借入れが難しくなることもあります。

また、借入れが出来た場合でも手続きの際に配偶者の収入証明や配偶者との関係を証明出来るような書類が必要となりますので、事実婚と呼ばれる夫婦以外の方では借入れも難しくなるわけです。そして、配偶者の方の同意書も必要になり、誰にも知られずに借入したいと言う場合の借り入れは難しいと言えます。

また「誰にも知られずにお金を借りられます」と言うようなキャッチコピーで営業している貸金業者は違法営業の可能性が高いので注意する必要があります。最近では金融機関で専業主婦の方でもお金が借りられると言うカードローンもあり、このようなカードローンは、配偶者の方の収入だけで借入れの申し込みをすると言うもので、一般的なフリーローンやカードローンに比べると上限借入額が低くなる場合がありますが、同意書なども必要ありませんので配偶者の方に知られたくないと言う場合には有効なお金を借りる方法でもあります。

代表的な金融機関では、三菱東京UFJ銀行の「マイカードプラス」やみずほ銀行の「カードローン」などがあります。

銀行で借りれる?

最近では銀行がサービスを提供している低金利でお金を借りられるカードローンが増えてきています。パートやアルバイトはもちろん、主婦の方でも低金利でお金を借りられるものもあり、主婦の方にとっては強い味方となるカードローンではないでしょうか。

ここではいくつかの金融機関が提供しているカードローンを紹介したいと思います。まず、テレビのCMでも良く見かけることのある「三菱東京UFJ銀行」の「バンクイック」は、窓口に行けば即日カードを発行してもらえるだけでなく、その場でお金を借りる事も可能です。融資枠の金額次第では金利が4.6%~と言う低金利なところも魅力のひとつです。

バンクイック以外にも「マイカードプラス」「メインバンクプラス」と言ったカードローンもあり、金利は14.6%と少し割高にはなりますが、主婦でも申し込み出来ると言う点では嬉しいサービスと言えるのではないでしょうか。次に「楽天銀行」が提供するカードローンは、金利の低さが人気のカードローンです。

時期によっては金利半額キャンペーンなどを行っており、お金を借りたいと考えている方は借入れ時期をキャンペーンに合わせて行うとお得になるわけです。また、楽天銀行ならではの嬉しいサービスとして「楽天ポイント」の還元があります。主婦の方でもネット通販で楽天を利用する方は多いと思いますので、会員の方にとってはとてもメリットになりますよね。

そして、最後に「ゆうちょ銀行」が提供する「したく」は、初回300万円から申し込み可能で、もしもの時に備えて一枚発行しておくと便利なカードと言えます。また、カードローンの他にも目的別のフリーローン「夢航路」も比較的低金利の設定なので借入れの際、何か目的のある場合にはお勧めです。