このサイトをご覧になる前に、皆様、総量規制への不安や疑問を書いてご覧になってください。金融庁や金融会社が教育的なサイトを作っておりますので、そちらもご覧ください。大変わかりやすくて、良いサイトがそろっております。
それを踏まえて総量規制とはいかなるものかを、ご解説いたしましょう。

2010年に改正貸金業が施行され、それまでは無制限に近かった貸金業者よりの融資が、年収の3分の1以上受けられなくなりました。一定額の融資を受けるときには、収入の証明が必要なのです。また、あまり知られていませんが、月収の3分の1年単位にすると年収の3分の1以上の返済を設定する融資も受けられなくなりました。

ここで、注意喚起をさせていただきますと、改正貸金業法が取り締まるのは、貸金業者であって、皆様ではございません。3分の1以上融資を受けていても逮捕されたりすることはないのでご安心ください。また、すべての業者が駄目という事ではなく「貸金業」のみが「今回は」対象です。

何故「今回は」にしたかと申しますが、政府が本当は規制をしたかった対象が他にもあるのですが業界の反発を受けて「お目こぼし」になったものが幾つかございます。それが、どうなるかは、今後の政治の在り方次第なのです。また、闇金融や詐欺も金融難民となった方々を狙っておりますので、美味い話を持ちかけられても、きっぱりお断りになってくださいませ。使い古した言葉で恐縮ですが、世の中そんなに甘くないのですよ。

総量規制でお金が借りられない?

2010年に改正貸金業法が施行されて、今まで融資を受けていた人は、混乱に陥りました。私もパニックという程ではなかったのですが、クレジットカードの利用可能額が、収入の3分の1以上を超えているので「まさか全額一気に返済させられるのではないか」と不安になり、いろいろ調べてみました。

そこで分かったのは、クレジットカードの場合はショッピング枠は対象外であることと、現在借りているお金を法令の施行時以前に遡って、支払う必要はないという事でした。また幾つも例外があるということを知りました。
でも現実に、借りることが法令上できても借りられないという事例が幾つか生じたのです。私が体験したのはクレジットカードの利率の上昇です。

キャッシングの利益が少ない分ショッピング枠に反映せざるを得なくなったと考えられるそうです。また銀行なども、少し貸し渋りがあったようですね。銀行は、金融機関の中でも資金力がある方ですが、無尽蔵に融資できるお金があるわけではありません。カードローンの審査はキャッシングに比べて、基準が厳しいので、今まで自転車操業をしていた人が、簡単に融資を受けられるわけがありません。

他の住宅ローンなども少し以前より借りづらくなったという話もありますので要注意ですね。融資を受ける際にはきちんと下準備をなさった方が良いですよ。年収の4分の1が無理なく返せる目安だそうです。また担保がある方が融資を受けやすくなるそうです。対策をきちんと練って対応しましょう。

改正賃金業法の内容

総量規制ばかりが目立ってしまいましたが、改正貸金業法にはあとふたつ、大事な要素がございます。

1つは、グレーゾーン金利の撤廃。以前は出資法と利息制限法の間に、上限金利の差がございました。出資法は29.2パーセント以下の融資は合法としていたのに対して、利息制限法は、20パーセントを上限(融資額に反比例して、利率が変わります)としていたので、合法か、法の範疇を超えているかの判断が難しかったのです。

多くの金融業者が、みなし弁済と言って利用者側が自らその10パーセント近い差のある、利息を差し出したというロジックで、高利の融資を行っていたのです。そこで、出資法も改正し、改正貸金業法では15~20パーセント以上の、利率は違法という判断が下るようになったのです。対応しきれなくなった業者の検挙が相次いでいたのです。

そして、貸金業側に利用者の支払い能力を精査して、融資を行うようにという監視を強化すること。専門の資格保有者の常駐が求められたりしました。

実は改正貸金業法の施行は段階的な物でして、完全施行は2010年の4月でしたが、それ以前にも規制の強化が行われていたのです。消費者金融のCMも今は、便利さよりも収入と借入額のバランスをとるようにという表現が主体となったものが多くなりました。遅きに失した感もありますが金融リテラシー教育も始まっています。

改正貸金業法は、確かにお金を借りる方には邪魔な法律かもしれません。しかし、その前に何があったかを知ることが、総量規制対象外の融資の使い方を間違えない、良い手立てだと私は思いますが皆様は如何ですか。

なぜ総量規制があるのか?

キャッシングの利用者を震撼させた総量規制ですが、この改正が行われたのには理由があるのです。主に関わるのはサラ金。このいい方は正確ではなく今は業界の申し入れによって、消費者金融となっています。

総量規制が始まる前には、ノルマ至上主義の業者が多くて、審査を殆どせずに、じゃぶじゃぶ融資を行って、すごい勢いで取り立てていたのです。そして生まれたのは、5社以上の借り入れがあるもしくは多額の融資を受けている、多重債務者です。それを減らすための抑止力となることを期待されたのが総量規制なのです。

金融会社だけが悪いわけではなく、新しい制度について行けなかった政府や、お金のことを考えずに融資を受けた私達消費者も、責任があるのです。
結果は、政府が想定していた多重債務者の数の「統計上」の減少と政府が想定していたか分からない闇金融や他の非合法な融資の増加というところでしょうか。結果的に満足できる人をあまり産まなかったという悲しい事実があります。
総量規制とかけて町内会の慰安旅行の時の街とときます。その心は。あちこちお留守だらけ。

子供のいる家の障子と総量規制とかけます、その心は。あっという間に風穴が開く。なんて冗談が言えるほど、後手に回ってしまった感の
あるのが総量規制でして人権保護団体から強いバッシングを受けています。もっともその風穴があるから、何とか必要な融資を受けられるのです。これ以上規制が強くならないように自覚を持って金融サービスを利用したいものですね。