お金を借りる時に、どちらが入りやすいかというと、消費者金融より銀行という人が多くいると聞きます。ローンとかで詰まったら、銀行でまとめて借りて、その返済に充てて、あとから銀行で借りたお金を返済していくということを聞いたことがあると思います。

銀行でお金を借りることは、会社を設立するときとか、家を買う時だと考えている人もいるかもしれません。
でも、会社を作らなくても、家を買わなくても、銀行のカードローンは気軽に契約して、お金を借りることができます。新生銀行のカードローンとなったレイクも例外には及びません。

消費者金融のブランドだった「レイク」が銀行のカードローンに変わったことで、気軽にそして、総量規制というものを気にすることなく、まとまったお金を借りることができるようになりました。消費者金融でいう総量規制がある場合は、借入しているお金の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという、上限規制があるため、もうちょっとお金が必要という時は、消費者金融でお金を借入することができませんので銀行から借りる必要があります。

そのときにレイクを使うと、借入も返済も便利になっているので、ちょっと困ったら、ある程度借りて、借入を1つにまとめておいて、徐々にその借入を返済していくということも可能になります。

もちろん、消費者金融と同じような利用目的でも利用はできますが、利用するときは自分の収入にあった使い方を考えていってほしいものです。

銀行なのに銀行の取引が出来ないところがある?

銀行の取引といいますと、預金、引き出し、振込、振替などがあると思います。しかし、レイクのATMでは銀行ではあるにもかかわらず、先ほどあげた取引はできませんし、新生銀行のカードを使っての取引ができないというのが、特徴であります。

銀行系なのになぜと思う方もいると思いますし、もともと消費者金融の借入と返済でしか使われなかったから仕方がないと思う方もいると思います。利用者としては、いずれかはカードローンの利用だけでなく、通常の銀行取引もできるようにして欲しいという願望が出てきます。

もちろん、提携しているセブンイレブンのATMや新生銀行のATMでは銀行の取引はできます。そして、レイクのカードローンの取引も行えます。
レイクのATMには「新生銀行本店○○支店」などと記載されていますので、つい銀行の取引も出来ると思ってしまう人も少なくないと思います。

それなのに、銀行の取引がレイクのATMではできないというのは困ると思いますが、銀行のカードローンを新生銀行に口座がなくても簡単に申し込みや取引ができるということにおいては、かなり便利になったということが言えるでしょう。

そのカードローンに特化したレイクのATMではありますが、街の外れなどに行くと結構点在しているので、本当に便利な銀行系のカードローンだなと感じます。ほかの銀行系カードローンについては、まだまだカードローン専用のATMなどが単独で存在するというのは少ないような気がしますので、レイクのカードローンを利用を考えてもいいと思います。

銀行であっても変わらない?

銀行であっても、消費者金融と変わらない部分はあります。レイクの場合、消費者金融のブランドから銀行のブランドに変わったわけですが、変わったとしても変わらない部分はあります。

まず、審査については、融資するためにどれだけの収入があって、どれだけの資産、借入金があるかを調べます。そして、ちゃんと返済しているなどの実績、しっかりとした収入があることで、融資を受けることができるようになるというところは変わりません。総量規制の話にもありましたが、レイクは銀行カードローンであるため、貸金業法にある総量規制の対象外になり、融資可能額はそれなりに多めになります。

また、レイクは消費者金融の時代からの無人契約機やATMを流用しており、レイクのATMでは新生銀行のATMでできる取引を行うことができません。
これは借入をしている以上は当然のことになりますが、借りたお金は決まった日にちにコツコツ返済していくということは変わりがありません。
さらにお金を返済する場合は、レイクが銀行系カードローンであっても、利息が発生しますので、そのへんは申し込みをする際にどれだけの利息が発生していることを確認した上で、返済の時の元本分と利息分の金額の確認を行いましょう。

レイクのカードローンが銀行だからといって、審査が甘かったり、返済がちょっと遅れても問題なかったりということには全くありません。消費者金融と同様にしっかりと審査はされますし、決められた日にちに返済を行うことは信用を勝ち取る上で大切なのです。

レイクはどこでも申込できるの?

前述でも出てきましたが、レイクは消費者金融の店舗、無人契約機も新生銀行のものとして引継ぎしたため、街中にある無人契約機で簡単に銀行のカードローン「レイク」の申し込みができます。また、レイクの無人契約機については、消費者金融であるシンキが出している「ノーローン」の申し込みもできます。

つまり、銀行系カードローンである「レイク」は、銀行に付属していない無人契約機からの申し込みができて、パソコン、スマートフォン、携帯からも申し込みができます。つまり、どこへ行っても簡単に「レイク」の申し込みと利用が出来るというところが大きな強みになっています。

なお、無人契約機は前述したように「新生銀行本店レイク○○出張所」などといった取り扱いになっています。無人契約機も1つの出張所として扱われていますので、「レイク」という文字を見て、「消費者金融の無人契約機」ということは思わないで利用してください。

また、ほかのカードローンでもそうですが、自宅にいながら、パソコン、スマートフォン、携帯からインターネットを介して、申し込みができるようになっているので、一人暮らしなどで自宅から出て申し込みに行くのは面倒くさいと思ったら、ネットから申し込みするといいと思います。

さらにネットで調べたところ、カードローンであっても、携帯があればカードがなくても利用できるので、申し込みだけでなく、利用についても簡単になっているので、利用しようと思っている方は検討してみてください。

簡単で安心できるカードローンといえばレイク

レイクについて、いろいろと書いてきたわけですが、どこからでも申し込みや取引ができるということはかなり便利だと思いますし、カードローン専用のATMも多くあって、近くに銀行がなかったとしても、レイクのATMを使ったり、コンビニのATMを使ったりするだけで簡単にお金を取り出せて、返済もできるということは便利になったと思います。

また、レイクが消費者金融のカードローンから銀行のカードローンに変わったことで、銀行法により貸付が行えるようになり、貸金業法にある「総量規制」の対象外となりました。総量規制対象外になったことで、高額の借入が必要になった時でも、申し込みして借入することができるようになりました。
カンタンに利用ができて、銀行系だから安心ができるということで、レイクを使いやすくなったことはテレビCMにある通りだと思います。

もちろん、銀行系のカードローンの上限が消費者金融より多いということで、計画なく限界まで借入を行って、返済も遅れたり、返済できなかったりしていてはいけないと思います。

簡単で安心して利用できるようになったレイクですが、しっかりとお金の利用計画を立てて、お金を借入れたり、自分の生活が苦しくない返済計画を立てて返済を実行したりして、信用を作っていくことが大切で、レイクのカードローンもうまく使って、賢くお金を使っていくようにすることを利用者に期待したいと思っています。
レイクが簡単で安心ということは裏返すと、自分がレイクでお金を借りることに対する責任をしっかり持つことが大事であると思いました。