事業設立などの時のように、高額のお金を借り入れる場合はいろいろな条件などに当てはまらないと、貸す側も信用がないと審査が通らないことが多いです。しかし、一般の消費者の場合だと、比較的簡単に融資をしてくれるケースが多いです。その融資のひとつに、カードローンがあります。

カードローンとは、カードを利用した割と額の小さい融資のことです。カードを利用するので、カードローンなどと呼ばれます。カードは基本的に銀行のキャッシュカードだったり、その他金融機関の発行するもので、最近ではクレジットカードなんかでも対応するものもあります。メリットとしては、比較的すぐに融資が受けられる事です。

キャッシュディスペンサーや提携している銀行、ATMからお金を借り入れするのが一般的ですが、最近では口座に直接振り込んでくれるサービスをしているとところもあり、これはネットローンですとかネットキャッシングなどといいます。

ネットを利用したものだと、実際に店舗に足を運ぶことなく融資を受けられるので、人目を気にしがちな女性には嬉しいですよね。低金利で借り入れが出来る金融機関もあり、最近ははじめの数日は無利息で借り入れできるようなところもあります。

ただし、すぐに借り入れをスタートする事ができてしまうので、これも逆にデメリットにもなりかねません。簡単さ故に、気がつくと返済ばかりで大変な事にもなりかねません。ご利用は計画的に、とはまさにこのことです。きちんと自分の家計簿をイメージしてから、借り入れをするようにしましょう。

カードローンの種類

ひとことにカードローンといっても、様々なものがあります。それは、どのような会社が扱っているものなのか、というところで種類分けされます。それぞれ、特徴があるので、それらを把握した上でどのカードローンにするかを選びましょう。

まず、ひとつに銀行系のカードーンです。こちらはよく耳にするカードローンかもしれません。銀行に行けば、アナウンスやポスターなどで目につきますね。銀行でのカードローンは、低金利のものが多いです。ただし、これは割と高額の借り入れの場合です。小額ですと、わりと高めに付くことがあるので、気をつけなければいけません。貸し出しの制限も設けられていないので、必要なだけ融資を受けることが出来ます。ただし、銀行のカードローンの場合は、審査がなかなか難しいです。やはり、返済能力はあるかどうか、といったところでの信用があるのかが大事なポイントとなるようです。最近では、すぐに融資の受けられるカードローンもあるようですが、銀行は比較的審査が厳しいといえるでしょう。

流通系のカードローンというのは、主に百貨店などで発行されているクレジットカードについているカードローンの事です。百貨店のクレジットカードは比較的、審査が早いので、すぐに!というときには便利になるでしょう。

信販系のカードローンは信販会社のクレジットカードについてくるカードローンです。こちらも日常に使用しているクレジットカードで融資を受ける事ができます。やはり、銀行のものと比べると審査が早いがメリットです。それに、女性ならクレジットカードを1枚くらいは所持しているかと思います。

このクレジットカードに付帯するカードローンは、比較的借りる前段階の手間が省けますが金利が高めなところが注意点です。

それから、消費者金融系のカードローンです。よく電車の広告で見かけたり、テレビCMで見かけたりするのが、こちらです。お金を貸し借りの業者なので、カードローンを組む、というとかなり抵抗感がありますし、敷居も何となく高い気もしますが、意外にそうでもありません。女性の場合、家庭をもつとなかなか定職に就けない人は多いと思います。定職がない、アルバイトなどの人でも借り入れができることもあります。一定期間、無利息などといううたい文句のところもあるので、いろいろな会社を比べるとよいでしょう。

金利の基礎知識

では次に、金利について考えてみましょう。

金利とは、お金を借りる際に付加される金額の事です。簡単にいってみれば、お金を借りるための手数料、とでもいえばイメージが付くでしょうか。では、どうしてお金を借りるのには金利が付くのでしょうか。それは、貸す側に立ってみると容易に分かると思います。お金を貸すことに対する、リスク料といったらいいでしょうか。お金を貸す側も、もしかしたら貸した分だけ戻ってこないかもしれないというリスクを抱えてお金を貸している訳です。ですので、そのリスクに対する値段がつけられる訳です。

また、この金利のパーセンテージは幅があります。金利3%のものもあれば、20%近いものもありますよね。これは、融資を受ける金額だったり、借りる期間、または融資を受ける人の返済能力に大きく左右されます。結局利率というものは、融資を受ける人間の信用に値します。融資にも様々あり、企業が受ける融資から、私たち一般の消費者向けの融資など、いろいろなレベルでの融資が存在します。

大企業の場合、高額のお金を回しているので、基本的に融資に対する信用も高く、利子もそこまで高いものにはなりません。逆に一般消費者の場合は、年収などで大体の経済レベルが分かってしまいます。そうすると借りる額にもよると思いますが、信用の面からは企業に比べると弱い部分があるので、高めの金利が付いてしまうことが多いです。

最近ではいろいろな一般消費者向けの融資の商品が増えてきて、低金利のものも出回るようになってきました。低金利のカードローンといえば、銀行系のものが多いようです。ただし、審査が厳しいので、必ずしも低い金利で融資できるかと言ったらそうではありません。職業や年収によって、審査が下りないケースもあるので、女性の方は一度カードローンの会社に相談してみるとよいでしょう。

逆に、消費者金融系のカードローンは金利が高めですが、融資を受けやすいというメリットがあります。即日で融資を受けられたり、数日間は金利が無料なんていうところもあるので、ひとつのメリットとして覚えておきましょう。

融資の基礎知識

皆さんは、お金を借りたことがあるでしょうか?はじめにもお話ししたように、お金を借りる、ということはなぜか罪悪感を伴いますよね。お財布を忘れたり、小銭が足りないときに、人からお金を借りたりすることは日常によくあることだと思います。では、それがもう少し高い金額の場合、みなさんはどうしているでしょうか。

家族や親族が一番借りやすい存在かも知れません。ただ、いろいろな理由で親にはお金を借りづらかったりする事もあるかと思います。特に女性は何かと出費の多いものです。交際費はもちろん、それに伴う出費はなかなか少なくはありませんよね。それも急に必要になることもあるかと思います。

そのようなとき、お金を貸す事を商売としている機関や業者があります。いわゆる、銀行などの金融機関ですね。そういった、お金を借りたりするところから、お金を借り入れる事を融資、といいます。特に、私たち一般の消費者に対する借り入れは、ローンと呼ばれます。一度は耳にした頃があると思います。

銀行などの金融機関は、私たち消費者や会社に対して、お金を貸すことで利息という金利を取って収入を得ています。要するに、ただでは貸しません、手数料を頂きます、ということですね。そもそもが、誰でも貸せるという訳でもありません。貸す方もお金が返ってこないと大損になってしまうだけなので、お金を返す能力がある人にのみ、貸します。そして借りたお金を返していく、ようは返済していく訳ですが、返し方にはそれぞれあります。金利を含めて返済していきますが、その金利の額もそれぞれです。

ここでは、私たち消費者特に女性でも比較的利用しやすい、低金利のカードローンを詳しく見ていきたいと思います。