即日振込と聞いて、詳しくはわからない方がいらっしゃるかと思います。ここでは、即日振込についての基礎知識について説明していきます。

即日振込みとは、キャッシングやカードローンなど、金融業者が取り扱うサービスを利用して、申込をしたその日の内にお金を振込してもらうことです。ここで間違えやすいのが、即日振込と謳っているので、いつ申込をしても即日振込が可能だと思ってしまうことです。実際に即日振込扱いになるには条件があります。条件というのは、申込した金融業者の営業時間内であること、振込可能時間内であることが条件です。

これは、勘違いしやすいので覚えておきましょう。その他に、申込先の金融業者選びも重要になってきます。即日振込を取り扱っている金融業者は大きく分けて3種類存在します。銀行が運営母体になっている「銀行系」、消費者金融業者が運営している「消費者金融系」、信販会社が運営している「信販系」に分けられます。

「銀行系」の特徴は、金利が低く設定されており、融資額の上限が高い事が挙げられます。「消費者金融系」の特徴は、金利が高く設定されていますが、対応が早い事が挙げられます。「信販系」の特徴は、「銀行系」と「消費者金融系」の中間に位置しており、クレジットカードを使って利用をする事が挙げられます。

即日振込を取り扱っている金融業者は様々あります。自分のライフスタイルにあった金融業者選びをするのも重要になってきますので、比較してみるのがいいと思います。

即日振込みの申込方法について

即日振込を希望して、申込を考えた場合に、どういった方法で申し込むのかわからない方もいらっしゃると思います。ここでは、申込方法や申込の流れについて説明していきます。

申込を行う方法は、大きく分けて3種類あります。まずひとつは、金融業者の店舗へ直接行って申込を行う方法です。これは、近所に店舗がない場合には、移動する手間がかかってしまいますが、対面での申込なので、わからないことがあればその場で説明してもらえるので、初めての方でも安心でしょう。

続いて、電話連絡での申込方法です。これは、電話でのやりとりになりますので、移動する手間がかからないですし、説明も受けやすいと思いますので、近所に店舗がない場合などに利用するのがいいでしょう。最後に、インターネットを使用して申込を行う方法です。これは、自宅や外出先でも、パソコンや携帯電話(スマートフォン)を使って、金融業者のホームページ上から申込を行います。ホームページもわかりやすくデザインされていますので、パソコンの知識がなくても簡単に申込ができるでしょう。なにより、どこにいても何時でも申込ができるのが特徴です。

申込の流れは、申込を行うと個人情報を提示することになります。店頭ならば、申込用紙に記入することになりますし、インターネットなら申込フォーム内に記入欄があります。個人情報の記入が終わりましたら、金融業者による審査があります。

店頭に行った場合は、審査時間は金融業者によっては様々ですが、インターネット申込ですと、1時間弱程度で審査が終わります。審査が終わり、審査結果に問題がなければ、契約手続きを始めます。契約手続きが終了すれば、融資を受ける事ができるようになります。後は、月々、金融業者が定める返済方法により返済していくことになります。
以上が申込方法と大まかな申込の流れになります。事前に知っておけば、申込もスムーズに行うことができますので、できるだけ覚えておきましょう。

即日振込みのメリットについて

即日振込みを利用する際には、メリット・デメリットが存在します。ここでは、即日振込みを利用する際の、メリットについて説明していきます。

即日振込みとは、借りたお金をその日の内に、自分の口座へ振込をしてもらうことですので、直接店舗に出向かなくても、パソコンやスマートフォンから、インターネットを通じて申込ができます。これは、便利ですね。仕事などで時間がとれない方でも、近所に店舗がない方でも、自宅や外出先から、インターネットを通じて申込が出来るため、とても利用しやすいでしょう。

その日の内に、振込が完了するので、急な出費等でお金が必要な時は、心強い味方になってくれるでしょう。受付は基本的に24時間対応ですが、即日振込を利用したい場合には、午後2時までに申込を行ったほうがいいでしょう。保証人も必要なく、返済する際にも、店舗に行くこともなく、銀行振込やATMからの返済ができます。

コンビニなどに設置してある、ATMからも返済可能ですので、返済するのも楽です。返済方法についてですが、クレジットカードなどについている、キャッシング機能を使うと、翌月一括払いになる事が多いですが、即日振込を扱っている金融機関は、基本的にリボルビング方式の支払いを導入していますので、支払いの負担が軽減できるでしょう。

様々なメリットが存在しますが、あくまでお金を借りる事に変わりはありません。利用する際には、計画的に利用しましょう。

即日振込みのデメリットについて

とても便利な即日振込みですが、メリットがある分、デメリットも存在します。ここでは、そんなデメリットについて説明していきます。

即日振込みのデメリットですが、申込をしたその日に振込を行うのが、即日振込のメリットなのですが、勘違いしやすい点がひとつあります。24時間受付対応、即日振込可能と謳ってはいますが、ここで気をつけるのが、24時間受付対応の部分です。

24時間受付対応となっていますので、24時間何時でも即日振込みが可能だと勘違いしてしまうのです。振込を行う為に、銀行口座を指定する人が大半だと思います。振込をする際には、銀行ごとが定める振込可能時間があると思います。一般的には、午後2時までに受付を済ませれば、当日中に振込が可能になるそうです。

金融機関にもよりますが、混雑時などは、午前中に受付ないと、当日振込にならない事もあるので、注意が必要です。それに加え、土日祝日は休みの金融機関が多いため、即日振込を利用できない可能性がありますので、金融機関に確認してみましょう。もうひとつのデメリットとして、金利が高く設定されている事が挙げられます。

即日振込ということで、急な出費などでお金が必要になった場合に、すぐ資金が借りられる為、金利が高めに設定されていると思います。金利が高いということは、返済する金額も増えてしまいますので、利用する際には、金利を確認することも大事になってきます。

金利が高いデメリットは、近年、緩和されてきているそうですので、利用しやすくなってきました。無理のない返済計画を立てて、失敗しないように利用しましょう。

即日振込みについての注意点

即日振込を利用される方は、急な出費に対応する為、給料日前で財布が厳しい為、と色々な事情があるでしょう。ここでは、利用する際の注意点について説明していきます。

即日振込みを利用する時は、どんな時でしょうか。急な出費などでお金が急遽必要になった時だと思います。時間のある方であれば直接店舗に行って申込をすればいいのですが、店舗に行く時間が無い方の為に、インターネットを利用して申込ができるサービスが存在します。

基本的な受付時間は、24時間受付対応となっていますので、24時間、何時に申し込んでも受付ができるようになっています。ここで、間違いやすいのが受付の時間が24時間対応なだけであって、24時間振込対応ではないことです。

金融機関によって、振込可能時間が定まっていると思いますが、一般的な金融機関の即日振込可能時間は、午後2時までに振込手続きをされた方となっています。ですので、即日振込を利用する際には、午後2時より前の時間に、申込手続き、契約を済ませておく必要があります。

お急ぎの方であれば、午前中に申込を済ませておくのがいいでしょう。もうひとつ注意する点は、申込をする際の、記入項目の誤字脱字などがないかです。申込をする際には、記入する項目がいくつかあるのですが、その項目の記入をミスすると、契約ができなくなる可能性があります。ですので、住所や名前など間違えがないか、よく確認することが重要です。

即日振込を希望の方は、振込可能時間に注意して利用しましょう