キャッシングやカードローンでの借入は、近年、とても気軽なものになりました。担保もいらず、保証人を立てる必要もありません。有名な女優やタレントが笑顔でCMし、借金に対する負のイメージは、ますます払拭されつつあるのではないでしょうか。

しかし、気軽に借入ができるからといって、色んな借入先から次々と借入をしてしまったのでは返済に苦しむことになります。
キャッシングに加えて、クレジットカードの分割が残っているなどという状況では目も当てられません。気軽に借入できるからといって、気軽に借入をしてはいけません。慎重に借入先を選び、慎重に借入をするべきなのです。

あまりに連続で色々なところに申し込んでしまうと、信用に傷が付く結果にもなりかねません。それでも複数の借入先から借入をしてしまったという場合には、おまとめローンというサービスが各借入先にあるかと思いますので、そちらを利用してみるのもひとつの方法です。

デザートを食べたり、服を着たりするのと同じ感覚で、色々な借入先を試してみようとすることはリスクが大きすぎます。
迷うからといって同時に複数の借入先に申し込むと、融資自体が不利になるということを覚えておきましょう。むやみやたらという悪い印象を植え付けかねませんし、急いでいて見境がないのだと思われるかも知れません。

自身の信用情報を守りながら自分にあった借入先をきちんと「選ぶ」ことのできる人が、消費者金融でお金を借りてもきちんと「返す」ことのできる人として、認められるのではないでしょうか。

借入先を選ぶ前に

たくさんの借入先が手招きをしている現状で、インターネット上にも多くの消費者金融の情報が錯綜しています。しかし、ここで、借入先を選ぶ行為にのみ没頭してはいけません。自分に合った借入先を選ぶことだけが目的化して、本来の目的を忘れてしまっているというパターンです。

借入先を選ぶということは「借金」をするということです。昨今、「借金」とは言わず「キャッシング」という言い方に慣れてしまって、借入は「借金」であるという事実が薄れてしまっているのではないでしょうか。借りてまで手に入れたお金をどのように使うことが本来の目的だったのでしょう。利息を払ってまで手に入れたお金で、自分は何を成し遂げようとしたのでしょうか。

その点をしっかり踏まえ、借入先を決めましょう。どこで借入をするのかを決めてしまえば、実際の融資までは場合によっては簡単かも知れません。即日に融資を実行してもらえる可能性は増え、審査の結果次第では、すぐに現金を手にすることができます。その手軽さ、気軽さゆえに、何度も何度も借入を繰り返してしまうという事態に陥ってしまうと最悪です。

特にインターネットが普及して、自宅にいながらにして申し込みができ、そして契約まで完了してしまうという時代です。煩わしい手続きに悩まされることも少ないでしょう。

どんなにいい借入先を選ぶことができたとしても、これから借金を返していかなければならないのは利用者自身なのです。
お金はうまく使えばよいパートナーとなりえます。きちんとした借入と返済の計画を立てた上で、借入先や借入先のサービスと賢く付き合っていきましょう。

ATM手数料は重要です

金利より、ATM手数料のほうが高くついてしまった、などということは笑い話にもなりません。お金が足りなくて借入をするのですから、余計なお金がかかってしまったのでは本末転倒です。
手数料がいくらかかるのか。これは借入先選びで重要なことですが、見落としがちなことでもあります。そもそも、手数料とはどこにかかるのでしょう。

銀行から預金を引き出す際、時間外にATMを利用し、所定の手数料を取られた経験はないでしょうか。銀行の営業時間外にコンビニ設置のATMなどを利用する際によくあることではないでしょうか。

キャッシングの場合も同じです。例えば自動契約機などと隣接されている自社専用のATMならば、手数料無料で出し入れできることが多いでしょう。しかし、提携ATMなどで出し入れする場合、出し入れの度に手数料が発生してしまうことがあります。
近くに提携ATMがあるから毎回そこで返せばいいと、手数料を把握しないで借入先を選んでしまった場合、予期せぬ手数料に毎回苦しめられる結果になります。

理想は、移動が苦にならない位置に、毎回手数料が無料のATMがある借入先を選ぶことでしょう。借入先各社のホームページを見ても、ここでの手数料はいくらだ、とか書いてありますが、大々的にアピールしているわけではないので見落としてしまうかも知れません。

借りる前に、返し方を考えなければならないことは先にお話しました。それに関連して、返すときにどれだけの手数料が発生するのか、しっかりと確認しておく必要があるのではないでしょうか。

審査の早さを確認しよう

金利と肩を並べて、消費者金融の借入先を選ぶ際のポイントとなるのが、審査のスピードです。審査が早いと、即日融資してもらえる可能性も高くなってきます。

お金を借りたいと思う人の多くは、いつでもいいから借りたいというのではなく、急ぎで、今、すぐにでも現金を手にしたいと考えている人がほとんどでしょう。

最近ではどこの消費者金融も審査のスピードを重要視しています。それは各借入先のホームページを見てみると、大きく「即日融資」を謳っていることが多いことからもわかります。利用者獲得のためには審査の早さが重要であると、当たり前ですがどこの借入先も理解しています。

アコムのホームページには、最短30分で審査の回答、初めてでも即日融資と書かれてあります。プロミスも同様に、最短30分、アイフルも同じです。
しかし、誰でも申し込んでから30分で現金を手にできると考えるのは尚早です。状況によるのです。本人確認の書類を求められたり、勤務先への電話で在籍を確認されることもあるでしょう。利用者の立場や状況によって、審査にかかる時間は前後してしまうことを念頭に置いて借入先選びを行いましょう。

ちなみに、新生銀行グループのノーローンでは、最短20分で結果をお知らせするとあります。上記に挙げた各借入先より10分早いのです。しかし、急いでいるからという利用だけで、ノーローンに申し込もうとするのは安易です。

これまで繰り返してきたように、審査のスピードは利用者の状況によります。最短30分のアコムが、最短20分のノーローンより結果的に審査の回答が早かったなどという可能性だって充分に考えられます。
各借入先の審査のスピードをホームページ上の表記だけで決めてしまってはいけません。