結婚資金のためのローンは多くの銀行や信販会社などで提供されており、その中から一つを選ぶ事は容易ではありません。
一つの方法として結婚資金のためのローンを選ぶ際、どれを選んだら良いのかを特徴別に見る事が出来ます。

特徴別に見る例として目的ローンの場合、フリーローンと比較すると金利が低く設定されている事が多い理由からどの位の金利が付くのかで選ぶ事が出来ます。また金利で言うと、目的ローンの場合は変動金利と固定金利があり、利用したい結婚資金のためのローンはどれにあたるのか確認する事をお勧めします。

またゆうちょ銀行に見られるローンサービスは総合口座の定期預金などを担保にする事になっていますので、担保がある場合と無い場合では担保が無い場合の方が金利が高くなるので注意が必要です。

他の特徴として金利以外には申し込み時に来店の必要が要らない事も挙げられます。これは一部の銀行サービスに挙げられるものですが、インターネット上で仮審査を行い、その後正式な申込を郵送又は窓口にて行うと言うものなので、申し込みに必要な時間の短縮といったメリットもあるのです。

またインターネットを利用した申し込みの場合でもアドバイザーからのサポートは徹底しているので、疑問点などがあっても来店する事なく解決する事が出来ます。

他にも限度額の高さで選ぶ方法もあり、限度額が高いほどゆとりのある借入が出来るなどの特徴も挙げられます。

返済計画と返済方法

結婚資金のためのローンは審査に通過すれば借入が出来ます。結婚式などで使用する必要な費用の不足分等を借入れた後には返済が待っています。
結婚資金のためのローンは借入額によって月々の返済額が決められます。借入額にそれぞれの結婚資金のためのローンを提供している会社ごとの金利が加わり、その総返済額を返済していく形になります。

総返済額の返済計画は借り入れる前に必ずシュミレーションしておく必要があり、どの位の借入額なら無理なく返済が可能か、返済を滞る事なく行う為に気を付ける事はあるのかなどしっかりとした計画を立てる事が必要です。返済計画をシュミレーションしなかったり立てていないと実際に返済が始まった時に返済が続かなくなるなどの問題が生じやすくなります。また仕事が変わって収入が減った、病気や突然の怪我で仕事が出来なくなったなど、生活の変化があった場合にも対応が困難になります。

万が一そう言った状況になってしまった時の返済はどこから抽出するのかなど、具体的な出処も予め確認しておく必要があるでしょう。また返済計画も重要ですが、借入限度額も重要で限度額いっぱい借り入れる場合は本当に必要な借入額なのか再確認する事も大事です。

結婚資金のためのローンに限らず何かしらローンを組んだ場合は、月々の生活を見直して生活費のムダをなくし、加入している生命保険の保障を見直す事も場合によっては必要です。ローンを組んだ際の返済方法は様々ですが、一つの案としてボーナス返済を行わない事をお勧めします。これはボーナス自体何かあった時の為にとっておきたいものなので、ボーナス返済に頼っての返済はお勧めしない事とボーナスは必ず貰えるものと思い込んでいると将来が予測困難でどう変化しているか分からないものだからです。

特徴別で選ぶ

結婚資金のためのローンは多くの銀行や信販会社などで提供されており、その中から一つを選ぶ事は容易ではありません。
一つの方法として結婚資金のためのローンを選ぶ際、どれを選んだら良いのかを特徴別に見る事が出来ます。

特徴別に見る例として目的ローンの場合、フリーローンと比較すると金利が低く設定されている事が多い理由からどの位の金利が付くのかで選ぶ事が出来ます。また金利で言うと、目的ローンの場合は変動金利と固定金利があり、利用したい結婚資金のためのローンはどれにあたるのか確認する事をお勧めします。

またゆうちょ銀行に見られるローンサービスは総合口座の定期預金などを担保にする事になっていますので、担保がある場合と無い場合では担保が無い場合の方が金利が高くなるので注意が必要です。

他の特徴として金利以外には申し込み時に来店の必要が要らない事も挙げられます。これは一部の銀行サービスに挙げられるものですが、インターネット上で仮審査を行い、その後正式な申込を郵送又は窓口にて行うと言うものなので、申し込みに必要な時間の短縮といったメリットもあるのです。

またインターネットを利用した申し込みの場合でもアドバイザーからのサポートは徹底しているので、疑問点などがあっても来店する事なく解決する事が出来ます。

他にも限度額の高さで選ぶ方法もあり、限度額が高いほどゆとりのある借入が出来るなどの特徴も挙げられます。

金融機関について

結婚資金のためのローンサービスを提供している会社は銀行や信販会社などが挙げられますが、サービス自体に何か違いはあるのでしょうか。
まず銀行が提供している結婚資金のためのローンは一般的に銀行それぞれによって審査や貸付など内容が異なる事がほとんどです。異なる理由として銀行自体のサービスの違いが挙げられますが、ほとんどの銀行では目的ローンなのかフリーローンなのかによって金利の比率が変わってきます。

またゆうちょ銀行でも結婚資金のためのローンサービスを提供しており、総合口座を持っている人を対象に定期貯金などを担保にして貸付を行っています。ゆうちょ銀行の場合はフリーローンではなく、目的を明確にした目的ローンとして結婚資金や新生活で使用する為に限定したローンとなっています。銀行で提供する結婚資金のためのローンは利用する銀行に口座が開設されていれば、その口座に直接借入れたお金を振込んでもらえるサービスがあるので大変便利なサービスとなっています。

信販会社が提供している結婚資金のためのローンは銀行と比較すると一般的に金利が高いと言われています。それには審査に時間がかかるなどの手間が入っておりローンサービス自体には銀行とさほど変わらない内容になっています。

また銀行が提供する結婚資金のためのローンは全ての銀行でサービス提供がある訳ではないので、事前にサービスがあるかどうか利用したい銀行が提供しているローンサービスについて確認する必要があるでしょう。

注意点

結婚資金のためのローンは何度も利用する事のないものですが、利用する際の注意すべき事には何があるのでしょうか。
まず結婚資金のためのローンは借入を行って不足分を支払う形になる為、借入した分の返済を必ず行う必要があると言う事です。返済を忘れてしまう人はまずいないと思いますが、仕事が変わったり怪我や病気で仕事が出来なくなったなど状況に変化があって返済が滞る状態になる様であれば注意が必要です。

また借入時には返済計画をしっかり立て、借り過ぎのない様注意する事も大事です。自己破産する人の大半が借入返済の為に新たに他のローンを組み、その借入で返済を行う事が多く見受けられますが、これは多重債務を発生させてしまう大変危険な行為です。借入を行う場合のシュミレーションとして、ローンを利用する前に自己資金を必要経費の2~3割以上用意しておく必要があります。これは結婚資金全てをローン利用しようとしても、借入額にも限度額があり大変難しい事と言えるからです。

そういった事も踏まえて借入額は年収の2~3割程度になる返済額になる様に行っていく事が大事です。多重債務をする事はそれぞれの利息分がどんどん増えていき、その利息分だけで首が回らない状態にならない様、十分な注意が必要でしょう。

結婚資金のためのローンを利用する際は借入額に注意し返済計画を立て、予め幾らなら返済が可能かなど自分の限度額を知る事が重要です。無理な借入を行う事のない様、注意して利用する事をお勧めします。