誰でも、急にまとまったお金が必要になることはあると思います。貯蓄などをしっかりしていれば、貯蓄を取り崩せばよいのですが、日々の生活を送るだけでも、精一杯という人も多いと思います。給料やボーナスが上がる傾向にあれば良いのですが、中小企業の従業員の方などは、給料が上がるどころか削減されるケースやボーナスの支給がないという状況の人も多いはずです。

お金に困った時の調達方法としては、親や親せきからお金を借りることや、友人に貸してもらう方法などもありますが、お金に窮していることを知られたくないと思う人もいると思いますし、周囲の人たちに心配をかけたくないと言う人も多いと思います。そんな際に、ご自身の責任でお金を調達する方法が、キャッシングの利用です。

キャッシング会社は銀行をはじめ、銀行系や消費者金融系の会社などさまざまです。金利が最も安いのは銀行からの借入です。現在の金利は利息制限法で18%(少額は20%高額は15%)と上限金利が決められていますが、銀行の場合は14%台の金利でお金を借りることもできるのです。銀行は審査など何かとお金を借りるまでに時間がかかると思われがちですが、今では、銀行のキャッシング(カードローン)も即日審査・即日融資のサービスを提供している銀行も多く存在します。ですから、キャッシングを利用する際には、信頼のおける銀行に申込みをされるとよろしいです。

キャッシングを利用できる条件は、まずは、安定した収入があることを求められます。収入がなければ返済してもらうこともできないのですから、キャッシング会社にとっては、とても重要な要素になるのです。そして、安定した収入を得るためには、勤務先がしっかりしていることと、その会社に少なくとも3ヶ月以上は勤務していなければなりません。もし、勤続年数が少ない場合には、転職をよくする人だと理解されて、安定した収入があるとは見なされないのです。

そして、キャッシングの申込み時に、他社からの借入れがないことも条件になります。他社からの借入れがある場合には、返済が難しいと判断されてしまいます。まずは自己申告をするのですが、虚偽の申告をしましても、信用情報機関と言う個人の金融取引などの情報を管理している組織がありますので、すぐにばれてしまいます。そして虚偽の申告をすれば、当然信用できない人という烙印が押されてしまいますので、正直に申告する必要があります。

また、信用情報機関では過去のキャッシングの利用状況や返済状況なども把握することができますので、万が一、過去に借金の踏み倒しをしようとした方や、返済遅延を度重なり起こしていたような方は利用することができないと思います。金融事故を起こさないように、キャッシングを利用する際には、計画的に返済できるシミュレーションをして、むやみにお金を借りないことが重要です。そして、キャッシングはパートやアルバイトをしている主婦の方や学生でも利用できますので、どうしてもお金が必要になった場合には、申込みをされると良いと思います。

安定した収入があること

キャッシングの融資の条件を満たすには、しっかり返済をする必要があります。そのために、毎月安定した収入が必要になります。ですから、融資の際に重要視されるのが収入です。キャッシング会社としては、しっかり金利分も含めて返済をしてもらわなければ、経営が成り立たないのですから当然のことです。収入により融資の利用限度額の条件は異なりますが、毎月の収入があれば、融資をしてもらうことが可能なのです。

現在の金利は利息制限法で18%が上限とされています。キャッシング会社には、銀行や銀行系、消費者金融系などがありますが、銀行の場合は融資時の上限金利が14%台と安くなっており、消費者金融系では、18%が適用されることになります。少しの金利差でも総返済額を考慮しますと、かなりの返済額の差が生じますので、できれば融資の条件が厳しくない金利の安い銀行から借入れると、毎月の返済額も少なく済むことになります。

いずれにしても毎月の安定した収入がなければ、返済することができませんので、アルバイトでも良いので収入を得ることが必要なのです。雇用形態としては、当然正社員の方が望ましいのですが、パートやアルバイトでもしっかりした収入があれば、融資を受けることはできるのです。

キャッシングを利用することは借金をするということですので、簡単に借入れるのではなく、本当に借入れをしなければならないのか?ご自身の貯蓄などでなんとかならないのか?などを考えるとともに、どうしてもお金を借りなければならない場合には、金利などの条件を把握して、計画的に利用するようにしましょう。