キャッシングを利用して融資を受けるためには、勤務地と勤続年数が長いことが要求されます。勤務地については、しっかり法人として経営をしている会社や公務員の方であれば、特に重要視されることはありません。(ただし、利用限度額などは異なりますが・・)要はしっかりと勤めていれば融資の条件を満たすのです。

しかし勤続年数については、少なくとも3ヶ月程度勤務していないような場合には融資を受けられない場合もあります。勤続年数が少ないということは、転職をよくしていると理解されてしまい、安定した収入が続かないと理解されてしまうのです。審査の際で融資を受けられるためには、勤務地と在籍確認をするために、会社へ連絡が入ることがあります。

特にご自身が電話に出る必要はなく、他の人が電話に出ても、在籍していることが確認できれば、それで良いのです。会社に電話がかかってくるのを躊躇する方も多いと思いますが、会社名で連絡が入るのではなく、個人名などでかかってくるので、心配する必要はありません。しっかり、毎月、融資をしてもらったお金を返済するには、職業についていなければできないのですから、収入をしっかり見られるとともに、勤続年数などをしっかり把握するのです。

キャッシングの会社によっては、融資をする際の条件として、収入証明書を必要とする場合もありますが、勤務地と勤続年数がわかれば、おおよその収入は把握できますので、収入証明書は不要な場合が多いです。必要になる書類は、本人確認ができる免許証やパスポート、健康保険証があればよろしいです。

他社からの借入がないこと

キャッシングの申込み時に、他のキャッシング業者からの借入がありますと、審査に通らない場合があります。当然、審査に通すということは、多重債務者を増やしてしまうことになります。利用者は、どんどん借金が増えてしまい、返済することが難しくなってしまうのです。

ですから、新たなキャッシングの申込みをする場合には、他のキャッシングを完済していることが重要です。また総量規制といい、銀行などを除き、年収の3分の1以上は借りることができない規制もあります。利用限度額が年収の3分の1以上ありますと、実際に借り入れている金額ではなく、総量規制でキャッシングの利用は却下されてしまうのです。

銀行ならば受付をしてくれるので、申込みをしようとしましても、すでに年収の3分の1もの借金を背負っているような人に融資をするようなことはないと思った方が良いです。複数のキャッシング業者からお金を借入れている状態を、多重債務と呼びますが、多重債務者の人は、毎月の返済が難しいので、借金の返済のために、他のキャッシングを利用して、そのキャッシング会社の利用限度額まで使い果たしてしまい、また、新たな会社に申し込むという悪循環に陥り、最終的には返済ができなくなり、自己破産手続きなどをしなければならなくなってしまいます。

ですから、1社でキャッシングを利用し、利用限度額は高く設定せず、万が一、利用限度額まで利用してしまいましたら、返済をしっかりすることに徹することが大切です。

過去に金融事故を起こしていないこと

キャッシングを利用して融資を受ける条件として、キャッシングの業者は、信用情報機関という個人の金融取引情報などを管理している組織に、過去の金融取引などについて、照会をします。

万が一、過去に借金の踏み倒しをしようとした方や、度重なる返済遅延などを起こしている場合には、返済能力がないと理解されてしまいますので、融資を受けることは難しいです。借金の返済については、厳格に管理がなされており、うっかり返済遅延などを起こしても、金融事故として登録される場合もあるのです。

公共料金などについては、数か月滞納しても、すぐに利用停止などということはありませんが、融資された借金の返済については、返済が遅れた分についての返済遅延の特別料金が課せられますし、上記の信用情報機関に登録されてしまうのです。

当然、いずれ必要になると思われる住宅ローンや教育ローン、マイカーローンを利用する際に金融事故がありますと、融資を受ける条件として、悪影響を及ぼすこともありますので、キャッシングの返済は間違いなく毎月の一定期日に返済をしなければなりません。個人の金融情報については、銀行はもちろん、キャッシングなどを提供しているノンバンクなどが、信用情報機関の情報を照会することができます。

当然、今融資を受けているキャッシングの借入額や返済状況なども調べることができますので、融資の申込みをする際には、虚偽のない申告をしなければなりません。虚偽の申告をしてしまいますと、信頼できない人と捉えられてしまいます。

毎月しっかり返済をすること

キャッシングで融資を受けることは借金です。従って、しっかり返済しなければなりません。返済の条件としては、毎月一定の日に銀行振り込みや銀行からの自動引き落としなどの方法がありますが、金利分と元本分をあわせて、返済をする形になります

。リボルビング払いという方式で、借入残高に金利を課して、毎月の返済額が決まるのです。従って、毎月の返済は融資された元本を先に返済するわけではないので、融資金額の金利分を返済しながら元本を減らしていくという形になります。キャッシング会社にとっては、しっかり返済をしてもらわなければ、経営が成り立ちませんので、もし、あらかじめ決まった返済条件などを無視した返済遅延などがありますと、特別な遅延利息が適用されることになりますし、前項でも説明しました信用情報機関に金融事故として登録をされてしまいます。

もし、融資金額の条件を満たせない金融事故を起こしてしまいますと、以降のキャッシングの申込みはもちろん、住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどの融資も受けられなくなります。毎月しっかり返済しなくてはなりませんので利用限度額まで利用してしまいますと、なかなか毎月の返済が厳しくなり、返済をするために、他のキャッシング会社などに融資の申込みをしてしまうというような悪循環に陥り、最終的には返済ができなくなり、自己破産に陥ることも多々あるのです。

ですから、利用の際には、返済条件を加味して、しっかりシミュレーションをした上で、無理のない返済計画をたてて、しっかり返済をすることが重要なのです。